OBIC7

記事更新日: 2018/09/25

執筆: 編集部

運営コメント

オービックは1968年の創業以来、自社開発・直接販売体制を続けてきた実績があり、万全なサポート体制が整っています。導入方法をクラウド型とオンプレミス型の2種類から選べ、使用中には中身を使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。

1. 情報基盤の統一化

会計情報を基幹として、財務・人事・給与などの業務系システムと連動してデータを一元管理

2. 業務統合と効率化

OBIC7が長年蓄積してきた豊富な業種・業務向けソリューションを連携

3. クラウド導入が可能

全てのシステムにクラウドの導入が可能

良い点

運用方法は、オンプレミス型とクラウド型から選べることができ、豊富な各業務のシステムやカスタマイズが自由、などが特徴です。

悪い点

万が一OBIC7側に不具合が生じた場合、クラウド版だと使えなくなる可能性があります。

費用対効果:

費用は「高い」との声もありますが、累計導入社数No.1で効果は信頼できます。

UIと操作性:

「他のERPと比べるとシステムが古い」との声があります。

セキュリティ:

ウィルス定義ファイル更新、クラウド型だと通信を暗号化するなどセキュリティは安心です。

サポート体制:

メール・電話共に問い合わせ可能で、運用サポートも充実しています。

OBIC7の3つの特徴

1. 会計を中心にした豊富な業務系システム

ERPシステムといえば、販売、購買、人事とひとまとめで連携してシステムを使うイメージがあると思います。OBIC7では業種別、部門別に製品を揃え、それでいて柔軟な関係性を保つように販売されています。

「会計情報システム」を基幹システムに、「業務・部門ソリューション」として、以下の業務系システムが互いに連動して一元管理できます。

・人事情報システム
・給与情報システム
・就業情報システム
・販売情報システム
・生産情報システム
・財務情報システム

これらは個別に導入可能です。独立はしていますが、共通のデータベースの元で動くので同じ基盤で使えます。

また、「業種別ソリューション」として「製造業・設計業務」「小売・サービス業」など複数の業種・業務向けの販売形態もあり、様々な業種・業務に対応できます。

会計を基幹としているERPシステム

2. オンプレミス型とクラウド型の両方選べる

システムを導入するとき、オンプレミス型かクラウド型か、いずれかしか選べないということはありませんか?OBIC7は、オンプレミス型とクラウド型の両方から選べます。

近年でも、企業の導入が増えているクラウド型のERPですが、OBIC7ではクラウド型であっても、オンプレミス型と同じように業務・部門別、業種別と、豊富な製品の中から選べます。

導入サポート、システムの企画、システム構築と、別の下請け業者などが介入することなく、OBIC7がはじめから終わりまできちんと対応してくれます。

クラウド型でも安心して導入の検討ができるうえに、どちらであってもERPシステムとしてデータを一元管理出来るため、どちらを選んでも十分満足出来る機能が備わっています。

OBIC7クラウドソリューションのイメージ

3. OBIC7への評判・口コミ

OBIC7は、国産のERPの中でも古い歴史を持ちます。1997年の登場以来、累計20,000社超え、ERP累計導入社数16年連続No.1の実績があります。

OBIC7のラインナップを見ると、中堅・中小企業をターゲットにした内容が多く、そういった企業にとって手ごろなツールといえるでしょう。また、カスタマイズが前提という意見も多いためか、SEからすると使いやすいとの声もあります。

実際にOBIC7を導入している企業からは、次のような評価がありました。

 

・SEが管理していたデータ集計、分析も社員自らできるようになった

 

・1万人規模の人事改正が3名のスタッフで完了し、40分~50分の給与計算が約10分になった

などなど…

一方で、「高い」「システムが古い」といった評価もありました。OBIC7の今後の課題点でしょう。

実際に導入した企業の中には「基本的にカスタマイズなし」とした上で、OBIC7側と綿密な打ち合わせを重ねた結果、大幅な効率化を図ることができた、という事例もあります。

開発から導入にいたるまで、全てOBIC7内で行ってくれるので専門性の高さも伺えますし、OBIC7なら企業側の望む形にきちんとサポートしてくれることでしょう。

導入されている企業

料金プラン

料金プランはOBIC7に別途問い合わせる必要があります。資料の請求も可能なので、併せて問い合わせてみるといいでしょう。

OBIC7 公式HP

まとめ

企業の全体像を把握するのに欠かせないERPシステム。OBIC7は、特定の業務システムでも、全体的な業務システムでも選べますし、オンプレミス型とクラウド型と選べる自由もあります。

・中堅企業でERPシステムの導入を検討している 
・業種に問わず提供できるERPシステムを探している 
・SEの負担を軽減したい

など、こういった企業におすすめのITツールです!

画像出典元:「OBIC7」公式HP

その他の【基幹システム・ERP】【原価管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ