ジョブマネ

記事更新日: 2019/04/27

執筆: 編集部

運営コメント

「ジョブマネ」は、中小ベンチャー企業向けのクラウド型売上管理システムです。社内でバラバラに管理されている業務情報を紐づけて一元管理し、スムーズな情報共有を実現。プロジェクトの実行過程や利益を正確に把握できます。

1. スケジュール管理

予定やタスクを登録し、顧客別の商談履歴と連動できる

2. 見積り作成

直感的な操作で編集が簡単。社印付きでPDFに出力できる

3. 入金管理

企業間取引で請求書を出した後、入金を登録できる

良い点

利用期限なしの無料プランがあるので、実際の使い勝手をじっくり体験してから導入できます。有料プランへ移行する際も、データをそのまま引き継げるので便利です。

悪い点

権限設定が複雑で分かりにくいとの感想も。他ツールと比べてプロジェクト管理機能が不十分との声もあります。

費用対効果:

有料プランは月額50,000円。初期費用は無料でも、導入支援サポートは10万円。

UIと操作性:

シンプルで見やすいホーム画面。全体的に直感で操作できます。

導入ハードル:

即日導入可能。カスタマイズ不要なので、すぐに利用できます。

ジョブマネの3つの特徴

1. 業務を可視化!日程・工数を明確管理

「ジョブマネ」では、社員の5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように)を簡単に共有し、管理できる機能が備わっています。

特に重宝するのが、営業日報のような役割も併せ持つスケジュール機能。スケジュールには社員のタスク内容や日程が登録でき、登録された情報は顧客別の商談履歴と連動します。


実際のスケジュール画面


事前に登録した顧客との約束をスケジュールに入れておくと、顧客画面に商談履歴が自動的に追加されます。履歴内には議事録や課題といった詳細のメモが可能なので、その日の商談内容や結果を素早く記録し、管理できます。

工数入力・原価計算機能も優れもの。案件を選択し、作業内容と作業時間を入力するだけで入力情報が瞬時に円グラフ化されます。誰が、どの案件に、どのくらい時間をかけたか、一目で把握可能です。


実際の工数管理画面の円グラフ


タスクの進捗状況や社員の仕事ぶり、入力履歴の可視化により、正確な情報を企業全体でリアルタイムに共有できれば、伝達ミスや作業ロスが減り、生産性の向上に繋がります。

2. すべての書類を一元管理!入力情報をレポート化

「ジョブマネ」はオールインワン型の業務管理システム。業務・プロジェクトデータの全貌を一元管理できます。

顧客・見積書・請求書・売上・利益など、一連の業務データを紐づけて登録し管理。中でも見積書は「ジョブマネ」で簡単に作成でき、顧客データと作成者が一緒に管理されるので、過去に作成した見積書を参考にしたい時も、速やかに見つけ出せます。


実際に「ジョブマネ」で作成した見積書


データ保存されている見積書を雛形として使えば、作成の手間が大幅に省略。社印付きでPDFに出力できるので、迅速な提出を可能にします。

プロジェクトも同様で、案件ごとに仕入れ・外注費・作業工数・売上・経費などを紐づけて管理。過去の内容や利益を素早く把握できるシステムは、新たなプロジェクトの成功に貢献するでしょう。

「ジョブマネ」に入力された全情報は、年間・半年・四半期ごとにグラフ化されます。設定した目標に対しての達成率も数値化され、達成するとはなまるが表示されるので、これまでの進捗が明確に分かります。


全入力情報が表示される実際のレポート画面

3. 書類はデータ化!クラウド環境でコスト削減

「ジョブマネ」はクラウドを使用した業務管理システムなので、見積書や請求書といった様々な書類はデータとして保管され、ネットを使える環境とデイバスがあれば、いつでもアクセス可能です。

スマホにも対応しているので、スケジュール登録や商談日報の作成が社外からでも行えます。


実際のスマホ画面


ファイルサーバーとしての役割も持ち、ペーパーレス化を実現。かさばる紙面文書の保管場所や、それらを管理する手作業の工数を最小限に抑えられます。

特にワークフロー管理機能は、業務の効率化とペーパーレス化に役立ちます。申請者は、稟議に必要な情報やファイルを「ジョブマネ」に入力して申請し、承認者は内容を確認・承認するだけなので、紙面文書は不要。稟議書を紛失する心配もありません。


実際のワークフロー承認者画面

 

紙面として手元に欲しいデータだけを出力し印刷するので、インク代・印刷用紙代ともに節約され、コストの削減に繋がります。

料金プラン

 

左が通常版、右がLite版です。双方とも初期費用はかからず、1人当たり容量1GBで10人までなら無料で利用できます。

Lite版では、主にスケジュール・ワークフローといったグループウェア機能が使えますが、見積管理・請求書発行などのワーク機能は使えません。人数と容量を超えた場合は、月額10,000円(利用者20人まで)の有料プランに切り替わります。

通常版では「ジョブマネ」にある全ての機能が使えます。顧客登録数10社・見積作成数10件までは無料ですが、条件を超えた場合は月額50,000円(利用者20人まで)の有料プランに切り替わります。

21人以上の利用は、問い合わせなければなりません。

評判・口コミ

工数を可視化!人材育成にも効果を発揮
株式会社 青空様

案件ごとの利益計算が出来るようになり、安心して各ディレクターに業務をまかせられるようになりました。工数管理がしっかりと数値化されるおかげで、それまでどんぶり勘定だった工数管理を各ディレクターがしっかり行うようになり、自立したディレクターに育っているように思います。

※「ジョブマネ」公式HP参照   

まとめ

「ジョブマネ」は、営業・経理・総務・管理者が各々で管理しているデータを一元管理できるツール。部門を越えて欲しい情報を速やかに得られるので業務は高速化し、生産性を向上させます。

工数とコストを削減し、案件ごとに利益や経費を紐づけて管理できるオールインワン型は、まさに中小ベンチャー企業にうってつけ。

工数管理機能は、従業員にとって自身の仕事ぶりを振り返る材料になるので、人材育成にも重宝します。

画像出典元:「ジョブマネ」公式HP

その他の【基幹システム・ERP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ