Oracle ERP Cloud

記事更新日: 2018/11/17

執筆: 編集部

運営コメント

Oracle ERP Cloudはオラクルが提供しているERPシステムです。特徴としては高いセキュリティと柔軟なモジュールの組み合わせです。企業規模や用途に分けて機能を取捨選択できるため、どの企業にも最適なプランを組むことができます。

1. データ管理と分析

抽出されたデータを管理・分析することで経営に必要な情報を得られる

2. 異なる業務間のデータ統合

クラウドの活用により業務間のデータでのやり取りが可能

3. 他のシステムとの連携

Webサービスや他のシステムとの連携でプロセスの高速化

良い点

データがクラウド上に置かれることで企業内の情報交換が効率的に行えます。これにより連携が取りやすくなり、業務プロセスの高速化が図れます。

悪い点

導入するのに時間がかかります。クラウド環境のため比較的早い導入は可能ですが、それでも実際の運用まで段階的に進めていかなくてはなりません。

費用対効果:

費用は一定でなく、モジュールの組み合わせによって変化します。

UIと操作性:

直観的な操作性により扱いやすいですが、慣れるまでには時間がかかります。

導入ハードル:

導入するには様々な設定やテストを行い、費用および期間を要します。

セキュリティ:

クラウドを活用しますが、サーバーの独立によって安全性は保たれています。

多言語機能:

グローバル展開を念頭に開発されており、多くの言語に対応しています。

Oracle ERP Cloudの3つの特徴

1. 情報統合による経営判断力の強化

様々な業務によるデータを統合

様々な業務に関わる全てのデータを統合し管理することで、データ分析が容易にできます。

具体的には、Oracle ERP Cloudで財務管理や会計・プロジェクト管理・リスク管理など様々なことができます。

多くのデータを集約し利用していくことで、それぞれに相乗効果を与えることが可能です。

2. 従来のシステムよりコストの削減が可能

クラウドによるサービスの提供にはメリットがいくつかあります。

まず、クラウドとは対照的なオンプレミスと呼ばれる手法では、システムのアップグレードをするような場合、コストが多くかかってしまいます。

導入後に新たに費用が発生してしまい、さらに余分な作業も増えてしまいます。ハードウェアにかかる費用なども発生してしまい、内部的な費用が大きくなってしまうでしょう。

一方でクラウド型であれば、これらの費用を必要とすることなく、適用されるのも早くなります。

導入スピードの比較

上の画像はクラウドによるERPの導入と、従来型による導入で必要とする期間を表しています。

ERPなどに限らず、現代ではますます業務の効率化が図られ、新しい技術が生まれてきています。生き残るには企業内の適応能力を高め、多くのスキルや情報を吸収していく必要があるでしょう。

ERPを使用することも一つの手段であり、またこれの導入に関してもスピーディーにこなすことが大切です。

Oracle ERP Cloudの導入では要件ごとに作りこむのではなく、すでにあるベストプラクティスを提供しています。構築済みの環境にパラメータの設定をするだけで、導入期間のテスト工程を減らすことができ、短期間かつ低コストの実現が可能になります。

3. グローバルな事業拡大にも対応

ビジネス形態に依存しない対応力

事業を営む上で、業務内容の変化や、事業そのものが変わることや拡大化が起こることがあります。

新たな業界に進出した場合、またはグローバル展開した場合でもOracle ERP Cloudで対応が可能です。すでに多くの業界での実績があり、多くの国の法制度にも対応、網羅的にサポートしてくれます。

一つ一つ機能を取捨選択するように利用するため、新たな機能の追加には費用がかかってきます。しかし必要のない機能はやめ、使いたいときには迅速な導入ができるので、柔軟に対応することができるのがメリットの一つです。

料金プラン

Oracle ERP CloudではサービスをSaaSで提供しています。インターネット経由でサービスを利用できるようにするというもので、データ共有に適したハードウェアにかかる料金やアップグレード費用なども削減できます。

その中でもERPは経営の基幹をなすシステムです。Oracleの提供するこのサービスにおいて、具体的な機能については企業によって組み合わせが変えられるようになっています。

そのため、利用料金についても個別具体的な相談を要し、共通して言えるのは月額での利用料金が必要になるということです。

利用料金の例1

例えば、上の画像は中堅企業向けのERPであり、毎月6万円からの利用料金になっています。

利用料金の例2

他には、財務システムに特化したものであれば上の画像のように、特定の機能を選んで使用します。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

まとめ

Oracle ERP Cloudでは新しい経営システムを提供してくれ、クラウドを利用したビジネス変革を与えてくれます。

業務プロセスの統合をしたいと考えている企業や、これから大きな変化を迎え、柔軟な対応のできるシステムを導入したいと考えている企業におすすめです。

そして、実際に利用していくには、具体的な計画を立てていく必要があります。

Oracleによるサポートだけでなく、コンサルティングをしている企業もあるので、こちらのサポートを受けることも場合によっては有効的です。

導入前のアセスメントやその後の経営に関することなど、それぞれサービス内容に特徴があるので必要に応じて相談してみると良いでしょう。

画像出典元:「Oracle ERP Cloud」公式HP

その他の【基幹システム・ERP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ