法人向けWi-Fiについて

【2020年版】おすすめの法人向けWi-Fi7選を徹底比較!

記事更新日: 2020/08/05

執筆: 編集部

今やビジネスを行ううえで欠かすことのできないものとなった、インターネット。外出先でも必要となる場面が多いため、より良いインターネット環境を手軽に整えたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、法人向けWi-Fiです。

今回は数多くある法人向けWi-Fiの中から、厳選した7つをご紹介します。それぞれのツールの特徴や機能についてまとめてありますので、ぜひ最後までご覧ください。

おすすめの法人向けWi-Fi3選

1. 契約期間の縛りなし!『縛りなしWiFi』


画像出典元:「縛りなしWiFi」公式HP

特徴

解約手数料不要の契約期間の縛りがないプランがある、縛りなしWiFi。急な出張や一時帰国等で短期間だけWiFiを使いたい時に便利です。

また、様々な料金プランが用意されているため、自身の使い方や使用容量に合わせた適切なプランを選べます。

機能

・契約期間の縛りあり・なしが選べる
・容量が選べる
・回線が選べる(Softbank回線またはWiMAX回線)

料金プラン

  ライト 通常 WiMAX
縛りなしプラン(月額費用) 3,000円 3,300円 4,300円
縛っちゃうプラン(月額費用) 2,600円 2,800円 3,600円

月額費用とは別に、3,000円の事務手数料がかかります。

 

2. 幅広い通信エリアに対応!『Y!mobile Pocket WiFi』


画像出典元:「Y!mobile Pocket WiFi」公式HP

特徴

ソフトバンクのサブブランド、Y!mobile(以下Yモバイル)が提供するPocket WiFi(以下ポケットWifi)は、高速通信でデータ容量無制限で使えるモバイルWiFiです。

ソフトバンク社との提携で知名度は一層向上。ユーザーの使用状況に合わせたプラン提供や、オンラインでの契約手続き実施など、ユーザーにとって便利なサービスを提供するモバイル会社です。

機能

・ポケットWiFi史上最速の回線スピード
・Massive MIMO対応
・大容量バッテリーで最大18時間の連続通信が可能

料金プラン

  Pocket WiFiプラン2 7GBまで Pocket WiFiプラン2 上限なし
月額費用 3,696円 4,380円

 

3. 最短1日から利用できる!『NETAGE』


画像出典元:「NETAGE」公式HP

特徴

テレワーク環境を急に用意する必要に駆られている企業に適しています。国内出張者が多く、社内外で情報共有する必要がある場合にもおすすめです。

ネットワーク構築や機材調達などが必要無く、申し込み最短翌日からすぐにテレワーク環境を構築できる点が魅力です。ルータだけではなくタブレットもレンタルできるため、現場に合った端末を選べる点も便利です。

機能

・法人利用に耐えうるセキュリティ対策を実施
・1日から12カ月までのプランを用意
・大口台数のレンタルも対応可能

料金プラン

  デイリープラン マンスリープラン
費用 1日200円~ 1カ月1,980円~

 

 

その他の法人向けWi-Fiサービス

Wi-Fiレンタル屋さん

画像出典元:「Wi-Fiレンタル屋さん」

特徴

Wi-Fiレンタル屋さんは海外からの一時帰国や急な出張でも空港などあらゆる場所に配送してくれて、すぐにwifiに接続できます。

レンタル料も日数計算で分かりやすく、お得なパック料金もあります。

料金プラン

レンタル料はデータ通信量込みで、事務手数料や契約手数料はありません。

一日のレンタル料×日数と往復の送料となります。

 

ドコモ WiFi STATION

画像出典元:「ドコモ WiFi STATION」

特徴

ドコモ WiFi STATIONはどこでも持ち運べるwifiルーターで海外への旅行や出張先でも快適な通信できます。

面倒なパスワード入力は不要で、QRコードを読みこみ、簡単に接続できます。

料金プラン

データ量によって異なります。問い合わせが必要です。

 

Broad WiMAX

画像出典元:「Broad WiMAX」

特徴

Broad WiMAXはインターネットプロバイダの株式会社リンクライフが、UQ WiMAX回線を使って提供するWi-Fiサービスです。

高速でインターネットの利用ができ、月額料金の割引が続くので低価格で利用できると人気です。

料金プラン

ライトプラン・ギガ放題プランの2種類のプランから選択可能です。

  1~2カ月目 3~24か月目 25カ月目以降
ライトプラン 2,726円 2,726円 3,326円
ギガ放題プラン 2,726円 3,411円 4,011円

契約事務手数料は、一律3,000円かかります。

 

ネクストモバイル

画像出典元:「ネクストモバイル」

特徴

ネクストモバイルは月額2,400円~利用できるコスパ抜群のモバイルWiFiルーターです。

ソフトバンク回線を利用した接続は、安定で利用エリアも広く、料金は業界最安水準といわれています。コストを削減しつつ、場所を問わずにネット環境を活用したいと考えている企業にはおすすめのサービスです。

料金プラン

月間データ量によってプランがわかれます。どちらのプランも初期費用は無料です。

 

自社にあう法人向けWi-Fiの3つの選定ポイント

1. レンタルか継続契約か

法人向けWi-Fiを選定する際、まず始めにレンタルするか継続契約するかを決めます。

レンタルとは数日間Wi-Fiのルーターを借りる方式で、継続契約とはある程度まとまった期間継続して契約を結ぶ方式です。

出張や一時滞在等で決められた数日間Wi-Fiが必要なのであればレンタルがおすすめ。半年以上契約を結ぶ予定があるのであれば比較的手頃な価格でWi-Fiが使える継続契約がおすすめです。

2. 通信データ量・回線速度

レンタルか継続契約かを決めたら、次は通信データ量と回線速度をチェックします。

法人向けWi-Fiには月間通信データ量の制限があるものと無制限のものとがあるため、あらかじめ1か月あたりどのくらいの容量が必要かを計算してみましょう。

また、ある一定の通信データ量を超えて使用すると、回線速度の制限がかかるものもあります。通信データ量と共に回線速度の設定についても事前に確認しておきましょう。

3. 海外利用の有無

グローバル展開をしている会社であれば、海外利用が可能か否かをチェックした上でツールを選定しましょう。

それぞれの法人向けWi-Fiによって、事前の手続きが必要なツールと不要なツールがあり、さらに料金プランも多種多様となっています。

現在の自社の状況はもちろん、これから先のビジネス展開も含め、自社に最も適した法人向けWi-Fi選定のために、海外利用の有無についての詳細もチェックしておくと安心です。

法人向けWi-Fiと固定回線の違いは?

法人向けWi-Fiと固定回線には、いくつかの違いがあります。今回は3つの違いについてご紹介します。

持ち運びができるか否か

法人向けWi-Fiはルーターを持ち運べるため、いつでもどこでもWi-Fiが使用できます。しかし固定回線の方は一定の場所に設置されているため、限られたエリアでしか使用できません。

工事が必要か不要か

法人向けWi-Fiは工事が不要で、申込当日から利用が始められます。一方、固定回線は主に工事が必要となり、時間も費用もかかります。

使用料金

法人向けWi-Fiは工事不要ということもあり、固定回線よりも比較的安価で利用できます。

法人向けWi-Fiのメリット3つ

1. どこでも使用できる

固定回線の場合、安定した環境でインターネットが使用できますが、限られたエリアでしか接続ができません。

その点法人向けWi-Fiは、持ち運びができるルーターがあるため、場所に捉われることなくインターネットが利用できるため、効率的に業務を行えるようになります。

今後テレワークを推進したい企業の必須アイテムです。

2. すぐに利用できる

固定回線では工事が必要なため、利用開始までにはやや時間がかかってしまいます。しかし法人向けWi-Fiは、最短で申込当日からすぐに使用開始できるものもあります。

急にWi-Fiの環境が必要となった場合や、ある特定の一定期間のみ使用したい場合でも気軽に利用できます。

3. 導入しやすい価格

固定回線では工事が必要となることもあり、月々の費用の他に初期費用も必要となります。しかしWi-Fi導入時に工事を行う必要がない法人向けWi-Fiは、初期費用がかからないため、その分価格が抑えられています。

また、様々な料金プランを展開していることも多く、固定回線よりも導入しやすい価格設定の法人向けWi-Fiが多くあります。

法人向けWi-Fiのデメリット2つ

1. 通信が不安定になることも

固定回線とは異なり、ルーターでWi-Fiを使用していると周辺の環境によっては電波が弱くなり、安定した通信状況を保つことが難しい場合もあります。

通信が不安定な状況になったら、接続を中断して場所を移動したり、固定回線のある箇所で使用したりと柔軟な対応が求められる可能性を考慮しておくことが大切です。

2. トラブル時の対応に不安

気づかぬうちに勝手にWi-Fiが使用されてしまっていたり、接続状況が一向に改善しなかったり、法人向けWi-Fiを活用する中で想定されるトラブルもいくつかあります。

そういった状況に陥ってしまった場合、ネットワークの専門的な知識が必要になることもあるため、法人向けWi-Fiを活用する前にはあらかじめネットワーク接続に関する最低限の情報を社内で共有しておくことをおすすめします。

まとめ

すぐに導入できて、場所にとらわれることなく使える法人向けWi-Fiは、価格も抑えられているため、手軽にインターネット環境を整えたいと考えていらっしゃる方にはおすすめのツールです。

ぜひより良いインターネット環境を求めていらっしゃる方は、今回ご紹介した法人向けWi-Fiの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

法人向けWi-FiのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ