InfiniOne ERP

記事更新日: 2019/04/23

執筆: 編集部

運営コメント

「InfiniOne ERP」は安価なオープンソースデータベースを利用することで運用コストを大幅に軽減。各業種に最適化したテンプレートが豊富で、効率よく導入効果を得られるERP(Enterprise Resource Planning)システムです。

1. 販売管理

受注処理や売上処理など販売に携わる業務を最適化する

2. 原価管理

原価シミュレーションなど原価管理業務全般を効率化する

3. 債権・債務管理

請求処理や統計処理など経理部門の業務を最適化する

良い点

独自の基幹業務プラットホーム「InfiniOne Core」の導入により、機能性・生産性・保守性の高い運用をサポート。企業のニーズに合わせたカスタマイズも容易です。

悪い点

セミナーの開催頻度が他のERPシステムよりも少なめ。ユーザー同士の情報交換の場がもっと欲しいという声があります。

費用対効果:

一般的なERPシステムより安価で導入でき、導入効果も高いです。

UIと操作性:

直感的な操作のみで大半の業務を完了できます。

サポート体制:

提案から導入支援まで同一の担当者がフォローしてくれるので安心です。

InfiniOne ERPの3つの特徴

1. 独自プラットフォーム「InfiniOne Core」

「InfiniOne ERP」は独自の基幹業務プラットフォーム「InfiniOne Core」により構築。データを部品化し合成することで成り立っているため、カスタマイズ性に優れ、どんな企業のニーズにも応えられます。


InfiniOne Coreの3つの魅力


「InfiniOne Core」は業務の運営に関わる基本的な機能を標準搭載。カスタマイズ後も基本機能は維持されるため、カスタマイズ後のトラブルを防げます。システム更新も自動で行うため、常に最新の「InfiniOne ERP」を使用可能。一貫して快適な環境を提供します。

「InfiniOne ERP」では過去のカスタマイズ情報を全て保存しているため、新たなカスタマイズ時にはそれらを確認しながら効率的によりよいシステムを構築可能。カスタマイズ内容に合わせて大まかなプログラムが自動生成されるため、操作性を損なう心配もありません。

2. 「オンプレミス型」「クラウド型」選べる2つの環境

「InfiniOne ERP」は原価管理から在庫、債務管理まで経営に関わる機能をパッケージ化。全ての情報を一元管理することで、業務を効率化します。


「InfiniOne ERP」の機能


「InfiniOne ERP」のシステム環境は「オンプレミス型」「クラウド型」の2通りを用意。1つのパッケージに全ての機能が詰まっている分、かさみがちなコストやサーバー運用負荷を軽減させるためにはクラウド型、長期的に安定した運用がしたいならオンプレミス型など、メリット・デメリットを考えながら選べます。

どちらのシステム環境を選ぶべきか迷った際は、「InfiniOne ERP」の担当者に相談可能。提案から導入まで1人の担当者が一貫して対応するので、企業に最適なプランを的確にアドバイスしてくれます。

3. リアルタイム経営を実現

「InfiniOne ERP」は伝票を入力した時点で仕訳を定義。すぐにシステムに反映するため、企業全体がリアルタイムな情報を得られます。伝達の遅れや漏れによるトラブルを防ぎ、スピーディな経営判断に貢献。メール送信等の手間も省けます。

経営を見える化することは、従業員のモチベーションを向上させる効果も。今社内で起こっていることを従業員1人1人が把握できることで、リアルタイムアクションを助長。企業全体に活気が生まれます。


リアルタイム経営のイメージ

 

料金プラン

「InfiniOne ERP」は企業規模や導入環境により利用料金が異なります。

詳しくは公式HPよりお問い合わせください。

公式HP

評判・口コミ

柔軟な対応によりスムーズに導入できた
米沢工機株式会社様

当社からの質問や要望に対して、即時に、具体的な内容で回答をいただけました。非常にタイトなスケジュールでのシステム導入だったので、これは非常に重要な要因でした。その結果、予定通り新システムの単独本稼動ができました。

業務効率化の恩恵が幅広い分野に反映
株式会社トーア紡コーポレーション様

FUTUREONE ERPは、取引発生時点でモノとお金の入力を1回行うだけで、会計仕訳や後続の処理に連携するため、データはより確実に、且つ業務は楽になりました。この入力処理は原価計算にも連携しており、原価差額をなくすことができました。単体月次決算もほぼボタン1つで完了し、仕訳から元伝票を辿れるようになったため、監査業務にも貢献しています。

※「InfiniOne ERP」公式HP参照

まとめ

「InfiniOne ERP」は企業の業務全般を1つのパッケージでカバーするため、部門ごとに製品化されたERPシステムより導入効果が体感しやすいでしょう。

親切丁寧なサポートにも定評が。時には厳しい助言もしてくれるため、効率よく業務内容を改善できます。

また、コスト削減にも力を入れているため、中小企業にも支持されています。ERPシステムの中でも費用対効果が高いと言われる「InfiniOne ERP」。最小限の手間とコストで業務を大幅に見直したい企業におすすめです。

画像出典元:「InfiniOne ERP」公式HP

その他の【基幹システム・ERP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ