AppBank株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、IR情報を徹底調査

執筆: 編集部

赤字幅縮小!ストア事業は4期ぶりの黒字を達成!「AppBank」の2019年12月通期決算

2020年6月期 第2四半期決算

  • 売上高:13億2,300万円(前年同期比△7.0%)
  • 営業利益:△5,500万円
  • 経常利益:△5,600万円
  • 四半期純利益:△7,000万円

iPhone向けアプリのレビューや関連情報を提供するサイト『AppBank.net』や、スマートフォン関連グッズの販売する『AppBank Store』を運営する「AppBank(アップバンク)株式会社」の決算を見ていきます。

【グラフ】売上高推移

【グラフ】営業利益推移

事業別で見てみますと、メディア事業においては純広告、動画広告は営業体制構築の遅れとコンテンツ制作おける競争激化やトレンド追随ができず減収となりましたが、アドネットワ-ク広告は売上高が堅調に推移し、コンテンツ制作原価、販売費及び一般管理費の削減は計画を達成しております。 また、セグメント損失は前年同期比で大幅に縮小しました。
ストア事業においては『AppBank Store Web店』顧客ニーズに合った取扱商品の拡充を継続し、消費税増税に伴う駆け込み需要及び震災対策用アイテムの需要を取り込み、黒字化いたしました。 厳密な原価管理を行うことで粗利を確保し、また、ringolfオープン(取手国際ゴルフ倶楽部 他7会場) 開催いたしました。

2020年12月期の通期業績予想は開示されていません。

画像出典元:「AppBank株式会社」決算説明資料

2019年12月期 第3四半期 決算(19年12月更新)

  • 売上高:10億200万円(前年同期比△2.6%)
  • 営業利益:△1,400万円
  • 経常利益:△1,500万円
  • 四半期純利益:△1,700万円

iPhone向けアプリのレビューや関連情報を提供するサイト『AppBank.net』や、スマートフォン関連グッズの販売する『AppBank Store』を運営する「AppBank(アップバンク)株式会社」の決算を見ていきます。
AppBankは、チャンネル登録者155万人のYouTuber「マックスむらい」が所属する会社としても知られています。

2019年12月期第3四半期連結累計期間の業績は、メディア事業においてコンテンツ制作原価や販売費及び一般管理費の削減などで赤字が大幅に縮小されました。ストア事業においてはEコマースが好調を持続し、原価管理の強化、高粗利商材の拡販で黒字となりました。


【グラフ】営業利益 四半期推移

2019年12月期の業績予想

  • 売上高:13億2,400万円(前期比△7.0%)
  • 営業利益:△4,500万円
  • 経常利益:△4,600万円
  • 当期純利益:△5,500万円

2019年12月期通期業績予想を修正しております。
売上高についてはメディア事業の広告売上が期初予想を下回る見込みで、製造原価を圧縮したものの予想売上高の減額もあり粗利も減少する見込みです。


画像出典元:「AppBank株式会社」決算説明資料

2019年12月期 第2四半期 決算(19年10月更新)

  • 売上高:6億7,800万円(前年同期比△3.0%)
  • 営業利益:△1,800万円
  • 経常利益:△1,800万円
  • 四半期純利益:△2,000万円

iPhone向けアプリのレビューや関連情報を提供するサイト『AppBank.net』や、スマートフォン関連グッズの販売する『AppBank Store』を運営する「AppBank(アップバンク)株式会社」の決算を見ていきます。
AppBankは、チャンネル登録者155万人のYouTuber「マックスむらい」が所属する会社としても知られています。

2019年12月期第2四半期連結累計期間の業績は、前年同期に対して減収増益、赤字幅は縮小しています。

【グラフ】営業利益 四半期推移

ストア事業が、Eコマースの伸長、販売費及び一般管理費の圧縮等により、前年同期比で黒字化を達成。
しかし、「AppBank Storeうめだ」「PRIVATE KICHEN ヒソカ」が閉鎖したことにより店舗売上は減少しています。

一方、メディア事業は「AppBank.net」でのネットワーク広告の高収益化により、アドネットワ-ク広告は増収。
また、制作原価の抑制、販売費及び一般管理費の圧縮等によりセグメント損失も縮小しました。

2019年12月期の業績予想

  • 売上高:15億2,300万円(前期比+7.0%)
  • 営業利益:△1億1,700万円
  • 経常利益:△1億2,100万円
  • 当期純利益:△1億2,400万円

2019年9月期の業績予想は、売上高は前期比7%増の15億2,300万円を見込んでいます。
特に、メディア事業(広告・動画)の売上拡大を目指します。

事業内容

2008年10月、現・代表取締役社長CEOの宮下泰明が、iPhoneやiPadなどの総合サイト『AppBank.net』サイトを開設。
同年12月に、株式会社GT-Agencyの代表取締役であった「マックスむらい」こと村井智建が、同事業に参画。

2012年1月「AppBank株式会社」を設立し、2015年10月に東京証券取引所マザーズへ上場しました。

現在は4つの事業を運営しています。

1

メディア事業

  • iPhoneアプリレビューサイト「AppBank.net」
  • 動画メディア「YouTube チャンネル マックスむらい」
  • ゲーム攻略メディア「パズドラの攻略メディア」「モンスターストライクの攻略メディア」
  • SNSアプリ「仲間をさがそう HIROBA」

iPhoneを中心としたスマホユーザーからの支持が強み。記事だけでなく動画やアプリでも、縦横無尽にコンテンツを配信。

2

ライツ・マネジメント事業

AppBank株式会社に所属する「マックスむらい」を始めとした、各演者が生み出す作品における著作権管理など、動画コンテンツ関係の権利ビジネスをマネジメント。

3

ストア事業

ECサイト、実店舗「AppBank Store」を運営。

4

広告プラットフォーム事業

AppBankが運営するスマートフォン広告アドネットワーク「AppBank Network」を運営。

画像出典元:「AppBank株式会社」決算説明会資料

会社概要

会社名 AppBank株式会社
事業内容 メディア事業、ライツ・マネジメント事業、ストア事業、広告プラットフォーム事業
所在地 東京都新宿区新宿2-13-10 武蔵野ビル6F
設立日 2012年1月
代表 宮下 泰明
資本金 2億6,073万円(2019年3月31日現在)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ