株式会社Macbee Planetの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/03/25

執筆: 編集部

祝上場!CPAエージェンシー業界成長率No.1「株式会社Macbee Planet」の第4期決算

第4期決算公告

  • 売上高:46億8,521万円
  • 経常利益:1億9,575万円
  • 当期純利益:1億3,944万円

となりました。

 

業績推移

決算期
(百万円)
17/04
(第2期)
18/04
(第3期)
19/04
(第4期)
売上高 719 3,361 4,685
経常利益 103 108 195
当期純利益 68 79 139 

 

事業内容

株式会社Macbee Planetは、主にインターネ ットを活用した販売促進、集客、知名度向上を目指す企業に対して、LTV(Life Time Value 顧客生涯価値)を予測し、ROI(投資利益率)の最適化を実現することでマーケティングの課題解決を行なっています。

「アナリティクスコンサルティング事業」「マーケティングテクノロジー事業」から得られる各々の情報やデータ等を相互利用するなど、密接に連携することにより、クライアントの要望に応じたマーケティング手法やデータ活用方法を迅速にサービスに反映し他社とのサービスレベルで差別化を行っています。

 

1

アナリティクスコンサルティング事業

LTV予測技術を用いて開発したデータ解析プラットフォーム「ハニカム」を基軸とし、マーケティング活動の戦略立案や運用支援を行っています。「ハニカム」で複数にまたがるWeb広告を一元管理することで、より効率的かつ効果的なマーケティングを実現します。 LTVが高いユーザーの集客コンサルティングサービスを成果報酬型で提供するため、経験豊富な人材を抱えており、クライアントの期待に沿ったサービスを提供しております。

2

マーケティングテクノロジー事業

自社プロダクト「Robee」を活用したWeb接客、解約防止施策を行うことにより、顧客転換率を向上させ、また顧客解約率を下げることでトータルでのLTVの向上を実現させています。 消費行動を分析するためのデータも同時に取得し、新たな技術開発を行なっています。

マザーズ上場へ

2月25日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。

上場日は2020年3月31日の予定です。

画像出典元:「株式会社Macbee Planet」決算説明資料

第3期決算公告(19年2月更新)

業績推移

決算期
(千円)
16/4
(第1期)
17/4
(第2期)
18/4
(第3期)
当期純利益 32 68,215 79,525
利益剰余金 32 68,248 147,774 

株式会社Macbee Planetは、国内企業向けにデジタルマーケティング支援及びコンサルティングを行っています。

特に成果報酬型(CPA)領域に力を入れており、業界初のCPA領域特化型専用マーケティングツール“Robee”をリリースしました。
日本国内における成果報酬型エージェンシーとしては業界成長率No.1を掲げており、2027年までに、海外8拠点以上・年商1000億以上を目指しています。

会社概要

会社名 株式会社Macbee Planet
事業内容 総合広告代理業・WEBマーケティング業務
WEBサイトの企画・制作・運営業務
所在地 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル4F,5F
設立日 2015年8月
代表 小嶋 雄介
資本金 880万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ