【上場延期!】株式会社コパ・コーポレーションの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/03/24

執筆: 編集部

マザーズ上場をコロナ影響で延期!メディアで活躍中の実演販売士が商品を売るお店「デモカウ」も好調の「コパ・コーポレーション」の第21期決算

第21期決算公告

  • 売上高:35億655万円
  • 経常利益:4億7,574万円
  • 当期純利益:3億2,056万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
17/03
(第19期)
18/03
(第20期)
19/03
(第21期)
売上高 2,166 2,503 3,507
経常利益 195 265 476
当期純利益 126 188 321

当事業年度における業績は売上高35億655万円(前期比40.1%増)、営業利益4億5,895万円(前期比89.8%増)、経常利益4億7,574万円(前期比79.5%増)当期純利益3億2,056万円(前期比70.8%増)となりました。

事業内容

実演販売を柱として生活用品を中心とした商品(掃除用クロス「パルスイクロス」、コーティングフライパン、包丁等「スーパーストーンバリアシリーズ」、かかと角質削り、爪磨き等「5セカンズシャインシリーズ」等)を販売しています。

実演販売とは、実演販売士が消費者の目の前で実際に商品を使って見せて使用価値をアピールし、購入を促す販売手法です。
実演販売は、対象とする商品の使用方法や特徴、効果、利点等を消費者へ直接伝えることができ、能動的に需要を喚起させることができます。

実演販売士がテレビの通販番組で商品を実演販売することによって、新たな需要を活性化させ、顧客層も販売特性も違う販売チャネルへとシナジー効果を得ながら販売を繋げて行き、実演販売が新たに開拓した販売量と利益を獲得する「3Dマーケティング販売戦略」を採用しています。

販売チャンネル

1.TV通販
地上波テレビのTV通販番組や24時間テレビショッピングチャンネルといったTV通販専門チャンネルにおけるTV通販番組にて販売するため、TV通販番組運営会社に対して商品を卸売りし、番組には自社の実演販売士が出演します。

2.ベンダー販売
量販店において店頭で販売するため、量販店に対して商品を卸売りします。また店頭の販促活動として、実演販売士が量販店にて実演販売を行います。

3.インターネット通販
インターネット上の大手ECサイトのショッピングモールにて商品を販売しています。実演販売士が出演の動画にて商品の特徴や使い方をインターネット上で説明します。

4.セールスプロモーション
企業等からの依頼に基づき、プロモーション活動における展示会等のイベントや、講師としてセミナー等へ実演販売士を派遣することで報酬を得ます。

5.デモカウ
“デモンストレーション×買う”をコンセプトとして、直営店舗『デモカウ』及びECサイト『デモカウ』にて商品を販売します。
実演販売店として実演販売士が店員として接客し、実演販売を行います。BtoC事業の中核をなす事業で、直営店舗化することにより粗利率が上がります

マザーズ上場延期へ!

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大及び原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の情勢を総合的に勘案し、2020年3月24日開催の取締役会において募集株式発行並びに株式売出し中止を決議し、東京証券取引所マザーズ市場への上場を延期しました。

 

出典:「株式会社コパ・コーポレーション」決算説明資料、公式HP

会社概要

会社名 株式会社コパ・コーポレーション
事業内容 実演販売および商品卸
TV通販の出演および商品卸
インターネットによる通信販売
実演販売スクール開講および人材派遣(委託)
販売コンサルティングおよび販促物製作
所在地 東京都渋谷区恵比寿南2-23-7 エビスパークヒルズ6階
設立日 1998年10月
代表 吉村 泰助
資本金 1,200万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ