【祝上場】株式会社メドレーの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/11/08

執筆: 編集部

【祝上場】医療ヘルスケア分野のテクノロジー化が進むなか、業界支援も始めた「メドレー」の第10期決算

新規上場<第10期決算公告>

  • 売上高:29億3,304万円
  • 経常利益:△8,783万円
  • 当期純利益:△1億5,356万円

となっております。

第10期決算公告(2019年5月更新)

業績推移

決算期
(百万円)
16/12
(第8期)
17/12
(第9期)
18/12
(第10期)
当期純利益 449 35 △153
利益剰余金 △931 35 △117

株式会社メドレーは、医師がつくるオンライン医療辞典「MEDLEY」やオンライン診療システム「CLINICS」、医療介護求人サービス「JoBMedley」などを提供しています。

2018年4月にオンライン診療も実施できるクラウド型電子カルテ「CLINICS(クリニクス)カルテ」の医療機関への提供を開始しました。

そして11月には医療業界全体がインターネットテクノロジーの恩恵を受けられるようにしていくことを目的に、医療ヘルスケア分野で事業展開を行う企業や医療情報システム技術の開発を行う企業を対象に出資、プロダクト開発・マーケティング・コンプライアンス体制構築など幅広い支援をおこなう「MEDLEY DRIVE」プロジェクトを開始しました。

今後さらに医療ヘルスケア分野のテクノロジー化に力を入れるようです。

出典:公式HP

 

 

第9期決算公告

 

会社概要

会社名 株式会社メドレー
事業内容 メドレー事業
クリニクス事業
ジョブメドレー事業
介護のほんね事業
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
設立日 2009年6月
代表 瀧口 浩平
資本金 5,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ