新日本製薬株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/11/17

執筆: 編集部

祝マザーズ上場!化粧品・パーフェクトワンシリーズで知られる「新日本製薬」の2019年通期決算

2019年9月期 通期 累積業績

  • 売上高:334億7,000万円
  • 営業利益:28億6,400万円
  • 経常利益:28億2,800万円
  • 四半期純利益:18億2,400万円

となりました。

2020年9月期業績予想

となっています。

 

 

2019年9月期 第3期 累積業績(19年9月更新)

  • 売上高:253億7,600万円
  • 営業利益:25億9,200万円
  • 経常利益:25億4,600万円
  • 四半期純利益:15億7,300万円

化粧品パーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズや 医薬品、健康食品の商品開発・販売を行う「新日本製薬株式会社」の決算を見ていきます。
新日本製薬は、今年6月27日に東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場したため、前年同四半期累計期間との比較分析はありません。

通信販売を主軸に、各販売チャネルを通じて事業を展開しています。

第3四半期も化粧品パーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズの売上が好調
主力商品であるパーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズのなかでも、特にパーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルの販売が好調に推移したことに加え、日焼け止めやピーリングジェルなどの併売促進を強化した結果、売上高は順調に拡大
海外販売においては、中国での展示会イベントへの出店やSNSを活用したライブコマースなどのプロモーション施策に継続的に取り組み、売上高は順調に推移。

以上の結果、当第3四半期累計期間の売上高は253億7,600万円、営業利益は25億92,00万円、経常利益は25億4,600万円、四半期純利益は15億7,300万円となりました。

季節が変わり、日焼け止めジェルやピーリングジェルの売上が減っていくことが予想されますので、第4四半期には機能性表示食品の新商品を発売来期以降のヘルスケア売上拡大に向けた取組みを進めます。

画像出典元:「新日本製薬株式会社株式会社」決算説明会資料

2019年9月期 第2四半期 累積業績(19年8月更新)

  • 売上高:165億4,600万円
  • 営業利益:14億4,700万円
  • 経常利益:14億1,900万円
  • 四半期純利益:8億6,500万円

通信販売では、主力商品であるパーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズの、夜用の高保湿クリームやヘルスケア商品などの併売促進を強化。
営店舗販売・卸売販売では、各取扱店舗数の増加や売り場拡大の施策により、継続的に販売数量が伸長しています。
海外販売については、台湾の新光三越にて期間限定ショップの開設、タイでの取扱店拡大など、顧客とのタッチポイントを増やすとともに、SNSを活用した認知向上施策を継続。

以上の結果、第2四半期累計期間の売上高は165億4,600万円、営業利益は14億4,700万円、経常利益は14億1,900万円、四半期純利益は8億6,500万円となっています。

2019年9月期 業績予想

  • 売上高:333億1,900万円(前期比+6.8%)
  • 営業利益:26億円(前期比+4.3%)
  • 経常利益:26億1,200万円(前期比+4.5%)
  • 当期純利益:17億5,300万円(前期比+0.1%)

2019年9月期 通期の業績は、前期に対し増収増益を見込んでいます。

パーフェクトワンなどの化粧品分野は、インバウンド需要も見込め成長が期待されます。

画像出典元:「新日本製薬株式会社株式会社」決算説明会資料

第30期決算公告(19年5月更新)

第30期決算は

  • 売上高:312億1,000万円
  • 経常利益:24億9,900万円
  • 当期純利益:17億5,100万円
  • 利益剰余金:36億4,200万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
16/9
(第28期)
17/9
(第29期)
18/9
(第30期)
売上高 12,465 28,372 31,210
当期純利益 715 1,477 1,751

事業内容

 新日本製薬株式会社は、化粧品、 医薬品および健康食品の商品開発・販売を行っています。

化粧品


主力のパーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリ ーズは、化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の6役を1品で果たすシンプルスキンケアとして機能や使用感の異なるタイプをラインナップし販売しています。

健康食品・医薬品


健康食品の朝イチスッキリ!シリーズは、 国産素材20種類と乳酸菌、 酵素をバランス良く配合した野汁である「朝イチスッキリ!青汁サラダプラス」などを販売しています。

医薬品では、からだの内側から肌を整えてイボ・肌あれに有効なヨクイニンから成分を抽出し錠剤にした「新日本製薬の生薬ヨクイニンエキス錠SH」などの商品を販売しています。

販売チャネル

通信販売


テレビや新聞・雑誌等のメディアでの広告を通じて電話注文を受けるとともにオンラインショップでの販売も行っています。

直営店舗販売・卸売販売


全国の直営店舗では専門のビューティーアドバイザーが専用のアプリケーションを使用して、肌診断やカウンセリングを実施。利用者の悩みに合わせた崩品の提案を行っています。

海外販売


平成28年に台湾市場で通信販売を開始し、その後 平成30年に香港市場で店舗販売。中国市場で越境EC・タイ市場で店舗販売を展開しています。海外代理店を通じ店舗やEC等にて販売しています。

販売実績

マザーズ上場へ

2019年5月23日、東京証券取引所よりマザーズ市場への新規上場が承認されました。
6月27日に上場予定です。

出典:公式HP・有価証券届出書

会社概要

会社名 新日本製薬株式会社
事業内容 化粧品、健康食品、医薬品の製造販売事業及び通信販売事業、店舗販売事業。薬用植物の栽培研究事業
所在地 福岡市中央区大手門1丁目4-7
設立日 1992年3月
代表 後藤 孝洋
資本金 2億5,000万円

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

ページトップへ