Sansan(サンサン)株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/05/17

執筆: 山中勝輝

マザーズ上場へ!名刺管理サービス「Sansan」の第11期決算

第11期決算公告

業績推移

決算期
(百万円)
16/05
(第9期)
17/05
(第10期)
18/05
(第11期)
売上高 3,150 4,834 7,318
営業利益 △1,350 △656 △3,006
経常利益 △1,362 △657 △3,022
当期純利益 △1,366 △667 △3,294
利益剰余金 △1,366 △667 △3,294

2018年第11期の売上高は73億1,800万円、前年同期比51%増と急成長しています。しかし、当期純利益は32億9,466万円の最終赤字

赤字の原因は売上高を超える販管費、特にCMなどの広告宣伝費によるものと考えられます。2014年からの売上高と販管費の推移を見てみましょう。

売上高は2014年から右肩上がりとなっていますが、それに伴って販管費も急増しています。名刺管理ソフト市場は、LINEのmyBridgeやWantedlyのWantedly Peopleなど、競争が激化しています。そのため、Sansanはマーケティング活動を拡大し、一気にシェア獲得へ動いていることが分かります。

Sansanとは

Sansanは7,000社の企業が導入する名刺管理サービス「Sansan」と200万人が使う名刺管理アプリ「Eight」を展開しています。「Sansan」は法人向け名刺管理サービスで業界シェア81%を獲得しています。

マザーズ上場へ

5月16日、株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。
2019年6月19日に上場予定です。

 

出典:公式HP・有価証券届出書

会社概要

会社名 Sansan株式会社
事業内容 クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
所在地 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
設立日 2007年6月
代表 寺田 親弘
資本金 46億716万円(資本準備金も含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ