稟議決裁さくらさん

記事更新日: 2023/08/02

執筆: 編集部

編集部コメント

ペーパーレス促進や意思決定の迅速化に期待できるサービス

「稟議決裁さくらさん」は、社内のワークフローに合わせてカスタマイズできる稟議決裁システムです。

稟議決裁さくらさんを導入することで、ペーパーレスの促進による業務効率化や印紙代のコストカット等に期待ができるでしょう。

決裁者はオンラインで承認することができるため、稟議書を回覧する必要がなくなり、社内の意思決定をスピーディーにすることができます。

ペーパーレス促進や意思決定・承認スピードを早めたい企業におすすめのサービスです。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワークフローを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

企業のワークフローに合わせてチューニングすることができます。AIによる進捗のお知らせやシステム内でのチャット機能もあり、スピーディーな意思決定をサポートできるでしょう。

悪い点

料金について問い合わせが必要になります。また、導入効果を高めるためには社内の運用ルールを見直す必要も出てくるでしょう。

費用対効果:

社内の意思決定スピードを早めたり、ペーパーレスによるコストカット等の効果に期待ができるでしょう。

UIと操作性:

管理画面で急な変更にも対応ができたり、チャット機能による素早いコミュニケーションも可能です。

導入ハードル:

自社のワークフローに合わせてチューニングできるため、導入に伴うストレスは低いでしょう。

稟議決裁さくらさんの導入メリット4つ

1. ワークフローに合わせてチューニング可能

稟議決裁さくらさんは、自社のワークフローや承認プロセスに合わせて個別にチューニングをすることができます。

システムの仕様に合わせて、ワークフローや承認プロセスを変更する必要なく、自社に最適な形での導入が可能です。

また、導入時の初期設定サポートもあるため、安心して導入することができるでしょう。


決裁の効率化

2. AIによるステータス可視化

稟議決裁さくらさんを導入することによって、稟議や承認のステータスが把握できるようになります。

稟議決裁さくらさんでは、管理画面にて、稟議の進捗が一目で分かるようになっています。

また、ステータスをAIがお知らせしてくれる機能があり、稟議の期日管理等もAIがアナウンスしてくれる点も特徴の一つです。


AIが教えてくれるので書類管理の負担軽減

3. 専任スタッフによるサポート

稟議決裁さくらさん導入時には、専任スタッフが稟議やワークフローについてヒアリングを行います。

そして、ヒアリングした内容を基に初期設定や準備を実行します。

そのため、導入企業では確認をするだけで運用を開始することができ、運用準備に手間をかける必要がない点が魅力です。


手入力によるヒューマンエラーを回避

4. 稟議決裁を効率化

稟議決裁さくらさんを導入することで、稟議や決裁のペーパーレスを推進することができます。

稟議決裁さくらさんによって、オンラインで申請・承認することが可能になり、紙で取り扱うよりも稟議・承認までのスピードを早くすることもできるでしょう。

また、システムを活用することでヒューマンエラーをなくし、エラー対応等の業務工数の削減にもつながるでしょう。


稟議決裁を効率化
 

稟議決裁さくらさんのデメリット2つ

1. 稟議フローによっては煩雑になる

稟議決裁さくらさんを導入することで、ペーパーレス促進や稟議のスピードを高める効果に期待ができます。

一方、導入によって電子化が進むと現場社員が戸惑う場合もあるでしょう。

全てのワークフローをいきなり電子化するのではなく、スモールスタートし、運用範囲を広げていくと良いでしょう。

2. 運用ルールが重要になる

稟議決裁さくらさんを導入することによって、決裁者の手元に申請があがってくる時間を早めることができます。

しかし、決裁者が承認を後回しにしたり、保留するような運用では、システムを導入する効果があまりないでしょう。

導入目的を明確にした上で、承認期限を早める等の社内においての運用ルールを見直したり、制度を変えていくと良いでしょう。

稟議決裁さくらさんの料金プラン

プランは、ライトプランとベーシックプランの2種類あり、ライトプランでは機能の一部制限があります。

いずれも最低契約期間は12ヵ月です。

  ライトプラン ベーシックプラン
初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ

 

競合サービスとの料金比較

他のサービスでは、初期費用と月額費用の料金体系をとるサービスが多いです。

月額費用については、利用人数による従量課金体系が多いです。

  稟議決裁
さくらさん
ジョブカン
ワークフロー
MA-EYES
初期費用(税表記なし) 要問合せ なし 50,000円
月額費用(税表記なし) 要問合せ 5,000円 15,000円

 

稟議決裁さくらさんを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・意思決定を早めたい企業

稟議決裁さくらさんは、意思決定のスピード感を早めたい企業におすすめのサービスです。

稟議決裁さくらさんを導入することによって、紙でのワークフロー申請を電子化することができるため、承認者が複数名いる場合でも、オンライン承認によってスピーディーに対応することができます。

また、電子化することで承認フローが可視化され、進捗やどこで滞留しているかが把握できるようになるでしょう。

・ペーパーレスを推進したい企業

稟議決裁さくらさんは、ペーパーレスを推進したい企業にもおすすめのサービスです。

稟議決裁さくらさんを導入しペーパーレス化を進めることで、紙代やインク代の削減が可能になります。

書類の管理コスト削減にもつながり、ペーパーレスによるコスト削減効果に期待ができます。

また、承認フローが全て可視化されるため、不正防止にもなり、内部統制の強化にもつながるでしょう。
 

向いていない企業

・従業員数が少ない企業

従業員数が少なく、意思決定までに時間を要さない企業への導入はあまりおすすめしません。

稟議決裁さくらさんを導入することで、オンラインでいつでも社内申請・承認が可能になるメリットがあります。

一方で、規模感が小さい企業であればシステムを導入することでかえって申請フローが煩雑になる可能性があります。

自社の課題感に合わせて導入を検討すると良いでしょう。

まとめ

稟議決裁さくらさんは、ペーパーレスを促進したい企業や社内の意思決定を早めたい企業におすすめのサービスです。

従来、書類で管理していたワークフローを電子化することで、業務の効率化やヒューマンエラーを防ぐこともできます。

AIによる稟議のステータス可視化も可能で、決裁に時間がかかっている企業への導入効果に期待できるでしょう。

画像出典元:「AIさくらさん」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ