SmartFlow

記事更新日: 2022/02/22

執筆: 編集部

編集部コメント

初期費用がかからず、30日間無料トライアルを試すことが可能です。操作もシンプルでわかりやすく、ワークフローとして必要な機能はほぼ揃っているので、月額300円という低価格で利用可能なのはかなりお得に感じます。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワークフローツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

1. 簡単操作

ブラウザから簡単にフロー申請などの操作ができる。管理者も非常に簡単な操作で設定が可能。

2. スマホ対応

スマートフォンに対応。スマートフォンのブラウザを使って利用できる。

3. 圧倒的な低価格

初期費用は無料。LINE WORKS連携やSlack連携、二段階認証機能も無料で利用可能。

良い点

費用が安く、初期費用は無料、かつ多彩な機能を追加費用なしで利用できます。

悪い点

特に使いづらいところは見当たりません。ユーザ登録が必要です。

費用対効果:

30日間は無料で利用できます。30日経過後からは自動で無料プランに移行します。契約する場合は月額300円で利用可能です。

UIと操作性:

Web画面はデザインがシンプルです。IT管理者であればマニュアルを見なくても操作可能です。エンドユーザも迷うことはなく使えるでしょう。

社外連携:

基幹システムとAPI連携可能。詳細はSmartFlowに問い合わせる必要があります。

SmartFlow(スマートフロー)の3つの特徴

1. Webブラウザを使った簡単操作

SmartFlowの最大の特徴、それは簡単操作ですぐにワークフローが始められることです。

ワークフローとして必要な機能はほぼ揃っています。管理者はユーザを登録し、申請書をテンプレートから選んで用意すればすぐに使えます。テンプレートは約80種類用意されています。

稟議書、経費精算、総務関連など一通りのテンプレートが揃えられているので、すぐに利用開始できそうです。もちろん、任意の申請書を一から作ることもできますし、テンプレートを任意にカスタマイズして利用することもできます。

さらに、利用する際にはユーザはIDとパスワードを入れて使うことになりますが、管理者が実施するであろうユーザ登録についてはCSVファイルでの登録が可能なため、大人数のユーザを一度に登録することも可能となっています。

実際に、筆者もSmartFlowを少しだけ使ってみました。私は今までこのサービスを使ったことはありませんでしたが、特にマニュアル等を見なくても、ユーザ登録、一 連の申請書登録を行い、ワークフローを始めることができました。

画面のデザインはシンプルですが、逆にそれがわかりやすいというメリットにもなっていると感じました。

 

 

利用画面例

2. スマホ対応

次に紹介するSmartFlowの特徴、それはスマートフォン対応機能です。

今や世の中で使われているあらゆるシステムは、スマートフォンに対応しているのは常識になっています。ただ、中にはPC用の画面をそのまま使っていたり、操作がしにくいものが多いのですが、このSmartFlowはきちんとスマートフォン対応しているため簡単に操作が可能です。

上司が外出先から承認する、営業社員が移動中に申請書を作成して申請するといった利用シーンは容易に想像できますよね。こんな時は、スマートフォンから迅速に申請作業ができます。非常に簡単です。

スマホの操作画面

3. 圧倒的な低価格

SmartFlowの特徴3つ目は、「圧倒的な低価格」であることです。

SmartFlowでは、初期費用は無料。30日間は無料で利用できます。これだけの機能をフルに使えて無料はかなりお得感があります。

パソコンやスマートフォンで、Webブラウザだけあれば、初期登録から導入開始まで慣れているIT管理者なら1日あれば十分設定可能。翌日からワークフローを開始できます。

SmartFlow(スマートフロー)の料金プラン

SmartFlowは30日間無料トライアル期間が存在します。

登録経過後は、自動的に人数制限なく利用可能なFreeプランに移行。

Freeプランではサポート対応外・機能制限あり・データ保証外などと、機能制限はあるものの無料でサービスを利用することができます。

 

まとめ

30日間なら無料で使えるという点が圧倒的な魅力です。30日経過後も、機能制限があるFreeプランを無料で利用することが可能。

ワークフローのテンプレートも充実しており、比較的簡単に導入できます。操作もわかりやすいので専門家を雇ってシステム構築を行う必要もなく、運用保守稼働もかかりません。

またスマートフォン対応もしており、外出先から承認も行えます。上司が外出が多い企業にも適していますし、これからの働き方改革において場所によらず使えることは必須の機能だといえます。

画像出典元:「SmartFlow」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】ワークフローシステム選びのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ