Questetra BPM Suite

記事更新日: 2021/06/01

執筆: 編集部

編集部コメント

「Questetra BPM Suite」はノンプログラムでワークフローアプリを開発できるので、プログラミングの知識がない方でも利用できます。一般のBPMは大規模導入・サーバー運用のものが多いですが、Questetra BPM Suiteはクラウド上で利用できるため小規模からでもすぐに始められます。中小企業から大企業まで、あらゆる規模の会社に対応可能です。下位プランは掲示板によるサポートなので、設定や操作に不安がある方には上位プランが適しています。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

ワークフローを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

Questetra BPM Suiteだけ知りたい方はこちら

Questetra BPM Suiteの資料を請求
良い点

BoxやGoogle Drive、Googleスプレッドシート、slackなどのクラウドサービスと連携できます。

悪い点

メールやWEBフォーム、ビデオチャットのサポートを受けるには上位プランの契約必須です。

費用対効果:

5ユーザーからの利用を前提としており、登録ユーザー数が5未満の場合は一人あたりの料金が割高になってしまいます。

UIと操作性:

業務システムをDrag & Dropのノーコードで開発できます。

サポート体制:

公式サイトではサービスを使いこなせるようにマニュアルやチュートリアルを用意しています。

Questetra BPM Suiteの特徴3つ

1. マウス操作のみで業務をシステム化

プロジェクトの内容が複雑だと、業務の遂行状況がわかりづらくなることもあるでしょう。

「Questetra BPM Suite」では、ループや分流を含む複雑なワークフローでもシステム化できます。

プログラム言語の知識は不要。アイコンを選択して配置するだけのマウス操作で、簡単に作成できます。

たとえば、受注対応や申請承認、資材調達の業務などをワークフロー化することが可能です。

滞留状況をヒートマップで確認したり、作業結果を入力したり、データ加工を無人化したりすることもできます。


さまざまな業務をワークフロー化
 

2. アプリ管理者が工程を矢印の接続で表現

「Questetra BPM Suite」では、業務プロセスの工程を配置すると、アウトプットを入力できるWEBフォームが自動的に用意されます。処理の順序を矢印で接続して表現することが可能です。

ANDゲートウェイを配置することで同時処理に変更できます。案件が到達すると全経路に分流されます。

開発バージョンのテストやアプリの稼働停止、新バージョンのリリースなど、アプリのバージョン管理もできます。


ANDゲートウェイを配置
 

3. 作業担当者が案件をマイタスクで管理

「Questetra BPM Suite」では、新規開始から新しい案件を登録すると、案件が業務プロセス定義に沿って下流工程に届きます。

作業担当者に届いた案件はマイタスクに蓄積され、アウトプットの入力で案件は次の工程に進みます。

案件IDによってコミュニケーションを取ることも可能です。

マイタスクの一覧では、タスクリストをソートしたり、引受タスクを返上したりできます。


コミュニケーションも交わせる

 

Questetra BPM Suiteの資料を無料ダウンロード

 

Questetra BPM Suiteの料金プラン

いずれのプランも60日間無料で試せます。

Basicプラン

1ユーザーあたり月額1,200円(税込1,320円)で、5GB×ユーザー数のストレージを活用できます。

サポートが掲示板の利用なので、設定や操作に不安がある場合には上位プランの方が適しています。

Advancedプラン

1ユーザーあたり月額3,000円(税込3,300円)で、15GB×ユーザー数のストレージを活用できます。サポート方法はメールとWebフォームの利用です。

Professionalプラン

1ユーザーあたり月額4,800円(税込5,280円)で、30GB×ユーザー数のストレージを活用できます。サポート方法はビデオチャットの利用です。

Questetra BPM Suiteの料金詳細を確認

 

Questetra BPM Suiteの評判・口コミ

滞留案件がすぐに参照できた
公益財団法人 京都大学iPS細胞研究財団

Questetra を使ってこれらの処理を電子化した結果、購買担当者は未処理状態の「納品報告」が一目瞭然になり、処理されないまま(報告モレ)のものが5分の1程度まで減少しました。また「納品報告」が処理されていなくても、経理部門で滞留している購買案件をすぐに参照できるようになり、経理部門から購買担当者に「報告処理」を催促しやすくなりました。

意思決定のスピードが5倍に改善、さらに監査にかかる時間も大幅に短縮
株式会社JTBグローバルアシスタンス

ひとつは、業務監査・会計監査にかかる時間が短縮されたことです。受注業務や購買業務については、意思決定の記録が細かにチェックされます。従来の記録はすべて紙でしたので、監査の際には、何冊もの協議書ファイルを並べ、その中から監査対象の情報を探していました。Questetra を使っている今では、PC 上で検索すればすぐに情報が見つかります。

*「Questetra BPM Suite」公式HP参照

まとめ

今回は、「Questetra BPM Suite」の評判や口コミ・特徴・価格について紹介しました。

「Questetra BPM Suite」は、業務のワークフローをマウス操作でシステム化できます。

自社独自の業務の流れ(ワークフロー)をシステム化したい企業におすすめです。

案件IDごとにコミュニケーションも交わせるので、作業担当者も業務の不安を解消しやすくなることでしょう。

Questetra BPM Suiteの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「Questetra BPM Suite」公式HP参照

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】ワークフローシステム選びのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ