バクラク申請

記事更新日: 2022/03/16

執筆: 編集部

編集部コメント

請求書や稟議書の入力・承認作業に手間と時間がかかり悩んでいる会社にはぴったりのツールです。
「バクラク申請(旧LayerX ワークフロー)」の自動入力機能なら、申請内容を入力する手間と時間を大幅に減らすことができます。
稟議システムから会計システムまで自動でつながるため、購買や支払以外のさまざまな申請にも対応でき、幅広い部署で効果を発揮するでしょう。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

ワークフローを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

バクラク申請だけ知りたい方はこちら

バクラク申請の資料を請求
良い点

稟議システムと会計システムの自動連携機能が魅力です。請求書処理や支払申請だけでなく、さまざまな申請・承認業務を便利にする機能も充実しています。

悪い点

稟議システムと会計システムを自動連携するには「バクラク申請」とあわせて「バクラク請求書」を導入する必要があります。

費用対効果:

わかりやすい定額制。請求書処理量に応じて料金が変わるものの、どのプランでもユーザー数は無制限で、AI-OCRや仕訳・振込データの自動作成機能などが利用可能。

UIと操作性:

シンプルでわかりやすいUI。必要な情報を選択しドラッグするだけでアップロードでき、直感的に操作できます。

社外連携:

Slackなどのチャットアプリと連携することで、社外からでも簡単に申請内容の確認や承認作業が可能。

サポート体制:

カスタマーサポートの対応が素早く的確。オンラインミーティングで画面共有しながら初期設定をおこなってくれるなど親切な対応です。

導入ハードル:

本契約前に2週間~1ヶ月のトライアルが利用でき、機能や表示速度などの使い勝手を確認することができます。

バクラク申請の特徴3つ

1.稟議システムから会計システムまで自動連携

「バクラク申請」の最大の特徴は、稟議システムから会計システムまで自動で繋がるところ

「バクラク申請」から支払申請をおこなうと、仕訳データと振込データが自動で作成されます。

支払申請から作成されたデータはそのまま「バクラク請求書」へと自動連携。

これまで業務効率化の大きな課題であった稟議システムと会計システムの分断を解消することが可能です。

「バクラク申請」なら経理担当者が申請書や稟議書を探す手間や時間のロスもなくなります。

また、購買申請と支払申請を紐付けることで予算超過の確認も簡単になり、請求書の支払いに関する確認作業や突き合わせも不要です。


請求書支払の確認・承認が爆速で可能

「バクラク申請」より稟議データを自動連携できる「バクラク請求書」については、こちらをご覧ください。

 

2.支払申請や稟議書の自動作成機能で手入力が不要に

「バクラク申請」のAI-OCRによる自動作成機能では紙の請求書を読み取るだけで自動入力が完了し、請求書の手入力が不要に。

自動作成機能により請求書の受け取りから仕訳、支払いまでのプロセスを圧倒的に効率化でき、業務の効率化に役立ちます。

また、請求書の読み取り時に同一請求書の有無を判定してくれるため、請求書の二重処理防止にもつながります。

さらに、「バクラク申請」を活用することでテレワークでの月次処理業務を推進することもできます。

さまざまな会計システムのフォーマットにも対応しており、月次の支払レポートも作成可能。

社外からもクラウド上での共同作業が可能です。


爆速・高精度のAIーOCRで手入力をゼロへ

3.承認作業はチャットアプリから瞬時に可能

「バクラク申請」の承認作業は「Slack」から対応でき、いつでもどこからでも対応可能です。

承認者にはSlackなどのチャットアプリから申請内容が通知され、確認のために稟議システムにアクセスする必要もありません。

申請はリアルタイムで通知され、申請内容の確認と承認作業がチャット内で完結。

申請から承認完了までの時間が劇的に短縮され、業務効率の向上につながります。


バクラク申請なら、いつでもどこからでも承認作業が可能

資料請求リストに追加する

 

バクラク申請の料金プラン

基本料金は50名まで利用可能、それ以降は50名毎に+10,000円 となります。

2週間~1ヶ月の無料トライアルも利用可能。

契約は年間契約、12ヶ月分を一括払いとなります。

バクラク申請のみ利用する場合は、料金体型が異なるので、詳細はお問い合わせが必要となります。

資料請求リストに追加する

 

バクラク申請の評判・口コミ

請求書の受け取りから支払いまでが一気通貫し業務にかかる時間が大幅に削減
ヘイ株式会社

毎月数十人が新しく入社してくる急激な組織拡大フェーズとなりました。急激な組織拡大で請求業務にかかる工数が肥大化。組織に合ったツール選定することとなり、「バクラク申請」を導入しました。これまで複数のツールを行き来しながら業務を行っていたのですが、「バクラク申請」と「バクラク請求書」を導入してからは請求書の受け取りから支払までが一気通貫。業務効率化を諦めている企業にも試してもらいたいツールです。

丸2日かかっていた月末の請求業務が2~3時間に短縮
株式会社TENTIAL

導入前は、社員がメールやSlackなど様々な経路で受け取った請求書をクラウドに都度アップロードし、それを経理メンバーが確認するというフローでした。確認と判断にかなりの時間を費やしてしまっていたため「バクラク申請」を導入。請求書は月間で100枚ほどで、月末の請求書関係の確認業務だけで丸2日間くらいはつぶれていました。それが月末の請求業務が2~3時間に短縮。請求書が増えても業務にかかる時間を増やさなくて済むのがありがたいことだと実感しています。

*「バクラク申請」公式HP参照

まとめ

支払申請や稟議データなど、申請内容の入力作業に手間と時間がかかり悩んでいる会社にはうってつけのツールです。

「バクラク申請」の自動作成機能なら申請のための入力工数を大幅に削減することができ、関連部署の業務負荷を減らすことができます。

稟議システムと会計システムが自動連携されることで、それぞれのシステムに同じ内容を入力する必要もなくなります。

すべてがクラウド上で完結するので、申請・承認作業だけでなく、請求書や稟議書の管理も簡単に。

支払申請や購買申請、その他のさまざまな社内手続きの申請など、手入力が必要な機会が多い部署ではとくに効果を発揮するでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「バクラク申請」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】ワークフローシステム選びのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ