Gluegent Flow

記事更新日: 2021/04/01

執筆: 編集部

編集部コメント

PCだけでなくスマートフォンやタブレットでも、簡単に申請や決裁ができるクラウド型ワークフローシステムです。ワークフローのテンプレートが豊富なだけでなく、Gmailのサイドバーにタスク表示できるなど便利な機能を搭載。手軽に機能が充実したワークフローシステムをモバイル端末でも利用したい企業にうってつけです。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワークフローツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. PC・スマートフォン・タブレットで利用できる

モバイル向けの画面があるため、モバイル端末でも利用可能

2. G SuiteやOffice 365と連携

GoogleスプレッドシートやGoogle Driveに自動出力するなど、権限が許可されたユーザー間で閲覧・共有することができる

3. 豊富なテンプレート

テンプレートが豊富なので、申請から決裁まで自社独自のワークフローが設計できる

良い点

G SuiteやOffice 365を利用している企業は、連携機能で自動的にドキュメント作成等ができるので、申請業務をより効率化することができます。

悪い点

テンプレートが豊富な分、各ワークフローにフィットするフォーマットはどれが適当なのか判断しにくい面もあります。

費用対効果:

1ユーザーあたり月額300円とコストパフォーマンスに優れています。

UIと操作性:

PC画面とモバイル端末画面がそれぞれ利用しやすい画面表示となっており、使いやすいです。

Gluegent Flowの特徴

PCでもモバイル端末でも利用できる

「Gluegent Flow」の最大の特徴は、PC・スマートフォン・タブレットなど、端末を選ばずいつでもどこでも申請・承認・決済フローをおこなうことができるという点です。

ワークフローの承認だけでなく、必要な資料も添付できるので、承認の際に確認してもらいたい資料を外出先から送信することもでき大変便利です。承認をする担当者の急な出張や休暇の際も「Gluegent Flow」を利用すればスムーズに承認手続きを進めることができます。

また、PC上とモバイル端末上の画面表示はそれぞれ見やすいようにデザインされているので、モバイル端末だと文字が見えにくいなどの心配もありません。

在宅勤務者が多い企業や、出張が多い担当者がいる部署では大いに活躍するシステムといえるでしょう。

G SuiteやOffice 365との連携機能が便利

「Gluegent Flow」は、G SuiteやOffice 365を利用している企業にはとくにおすすめです。

なぜなら、面倒なログインも不要、画面遷移も簡単だからです。Gmailを利用していれば、Gmailのサイドバーでタスクの進捗状況・残りのタスクなどを表示することができます。この機能を利用すれば、コア業務に取り組んでいる合間でも自分のタスクの確認が可能なので、滞留や見逃しをすることなくワークフローをスムーズに進めることができるでしょう。

さらに、メールの送信・Google Documentの作成・Google Sitesへの投稿を自動的にする機能も搭載されているので、ワークフローの効率化の大幅アップが期待できます。

 

Gluegent Flowの料金プラン

1ユーザーあたり月額300円で利用できます。

画像出典元:「Gluegent Flow」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】ワークフローシステム選びのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ