承認Time

3.5

記事更新日: 2021/08/02

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

自由に承認ルートを追加できる

直属の上長や、各部署の関係者を自由に承認ルートへ追加可能ですし、申請一覧を見れば一目で未着案件がどこかを追いやすいです。部門が多岐に渡っている、または社員数が多い企業におすすめしたいです。

悪い口コミ・評判

気付きにくいアラート出しに不満

アラート出しが弱いです。アラートはメール通知のみなので、メールを見ない上司を承認ルートに設定していて、一向に決裁されないことがありました。他のサービスのようにスマホアプリなどに対応しているとより良いと思います。

編集部コメント

スマートフォンやマルチOS対応で、申請書類以外の書類も報告フローに取り込みペーパーレス化できるワークフローシステムです。緊急時の飛び越し機能や、過去の過去の文書を閲覧しながら複写ができたり、決裁済み文書を添付できるなど、こんな機能があったら…という便利機能が充実。ワークフローの整理と必要書類のペーパーレス化をしたい企業におすすめのシステムです。

ユーザー企業へのヒアリングを通じ、使い勝手の良さは折り紙付きでした。ただし、どの企業も初めてのワークフローシステム導入だったことから、「承認Timeのすばらしさ」よりも「ワークフローシステムの一般的なメリット」を感じているようです。乗り換えの場合は慎重に比較してください。

ワークフローシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワークフローツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. スマートフォン・マルチOSに対応

iPhone/iPad/Android/Androidタブレット、 Windows/MacOSのPCから利用できる

2. 経費精算システムとの連携機能

経費精算システムの「経費BankⅡ」との連携で「承認Time」の稟議申請データを「経費BankⅡ」で経費精算時に参照できる

3. 多言語対応

「承認Time」と「Wovn.io」を連携させれば、最大30か国語多言語に対応できる

良い点

経費精算システムとの連携や多言語対応、申請ワークフローに必要な書類のペーパーレス化・添付など、多彩な機能を利用できる点が魅力的です。

悪い点

月額料金は10IDからの料金設定となっており、それ以下のID数でも月額料金は変わりません。

費用対効果:

初期費用は0円~、月額費用は3,000円~となっております。

UIと操作性:

「承認Time」オリジナルの画面はシンプルで使いやすく、承認フローの設定も自由に変更可能です。

承認Timeの特徴2つ

1.申請書以外の書類のペーパーレス化もできる

「承認Time」ではExcel・Word・PDFなど各種ファイル添付ができます。

申請時には過去の文書からの一部または全体複写や、決裁済み文書の添付も可能なので別紙で参考資料を用意したり、フォーマットに手入力する時間と手間が省けます。

また、申請書類だけでなく、議事録・報告書・稟議書・見積書など、申請手続きに必要な書類を電子化したのち報告フローに取り込むことができます。経費精算時のワークフローでは大いに役立つ機能といえるでしょう。

さらに、報告フローに取り込んだ書類はだれが閲覧したか、閲覧状況を確認できるので情報共有を漏れなくおこなうことが可能です。

2.フロー設定の自由度が高い

ワークフローは各企業の慣習によって様々なので、設定の自由度はワークフローシステムのなかでも重要なポイントになります。

「承認Time」は拠点ごとに、申請内容に応じ、承認者数・承認ルートを自由に変更できます。また、AND承認(全員の承認が必要)やOR承認(誰か1人承認で完了)の設定もできて便利です。

さらに、飛び越し承認機能があります。たとえば、担当者が出張や急病などで不在の場合はこの機能を利用すればワークフローの滞留を防ぐことができます。

承認者の特定だけでなく、グループの中の誰かが承認することにより通過または設定されたグループ全員が承認した場合のみ通過など、稟議・回覧・申請のパターンを自由に選択できるので、自社のワークフローにフィットした設定をおこなうことが可能です。

承認Timeの料金プラン

初期費用は0円、月額費用は3,000円~利用できます。

オプション機能の有無や契約ID数により変動するので、詳細は問い合わせが必要です。

また、非公開の導入支援費用は、従業員1,000人以上の企業で10万円程度のようです。

IT/インターネット/通信

1001~

 

初期費用は10万円

2016年4月~2020年10月現在まで利用しています。

会社内の直属の上長や各部署の関係者を自由に承認ルート追加設定可能な点については使い勝手がよいと感じています。

ただ、アラート出しの弱さが改善点だと思います。

 

承認Timeの評判・口コミ

メーカー

51〜100人

アナログ対応の会社はぜひ導入を

サービス導入前の管理方法を教えてください。

印刷した紙に記録して、上司の元に行って承認印をもらっていました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

わざわざ上司に内容や出張報告を直に説明に行かなくても良くなりました。普段なかなか会えない上司に報告するのが大変でしたが、今では不在時にも普通に申請ができるようになり、良いシステムだと感心しています。申請した内容が記載された報告書を運用して、出張費申請などの提出も直ぐにできるので助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

あまり普段から頻繁に使用しない場合は、ワークフロー申請を作成するのに、「申請書を作成するまでの流れはどうやるんだっけ?」と悩んでしまいます。

また、全ての作業がリモートでできる点は良いのですが、申請したら承認されるのを待っているだけで、申請承認タイム中の進捗は自分で管理しないといけません。システム導入前の様に、上司や他のスタッフとコミュニケーションを図りながら仕事が進む感じにはならず、承認さえされてしまえば誰とも関わらなくても仕事を終えられるそうな点が、不便だと感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

今のところは自分のスマホに進捗や結果のメールが送られて来る程度です。外部ツールを色々と連携させたらもっと便利になるのかもしれません。

他の会社にもおすすめしますか?

上司となかなか会えず報告がスムーズにできていない会社や、紙ベースの申請書で時間を要するアナログ対応の会社はぜひ導入を検討するべきだと思います。

IT

1001人以上

アラート出しが弱くて上司が気付きにくい

利用にかけた費用

100,000円の費用がかかっています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

会社内の直属の上長や各部署の関係者を、自由に承認ルートに追加設定できるのは、使い勝手がよいと思います。申請一覧も一目で未着案件を追いやすいので、よいと感じています。

不便だと感じた点を教えてください。

アラート出しをもう少し強くするなどして改善してほしいです。メールを見ない上司を承認ルートに設定していて一向に決裁されないことがありました。まもなく営業先が取引を開始したいというタイミングになっても決済されていなかったので(弊社での運用ルール上、必ず決裁がおりてからでないと取引開始ができない)、取引先へも迷惑をかけて、今後のお付き合いのダメージになるところでした。

他の会社にもおすすめしますか?

承認Timeは、部門が多岐にわたっている、もしくは社員数が多い企業に向いていると感じています。スマホアプリなどにも対応できるとなお良いかと思います。

レジャー

101〜250人

最低限の手間だけで全ての行程を見える化

サービス導入前の管理方法を教えてください。

エクセルで1つずつ手入力で作成し、印刷して提出するという管理方法でした。

使いやすいと感じた点を教えてください。

「エクセルで作成し、印刷して担当者に渡す」という従来のやりかただと、自分の手元を離れてから、今、書類がどこにあってどの段階まで処理されているかを確認するのが困難でした。ですが、このシステムを導入して、「書類は、あるべきタイミングで適切な場所で処理されているのか」をしっかり把握できるようになりました。都度状況を確認できるので、必要に応じて担当者にリマインドをして期日に間に合わせることができました。

不便だと感じた点を教えてください。

利用していてとても不便に感じたところは、特にありません。強いて言えば

  • 導入を決めてからシステムが稼働するまで時間がかかった
  • アナログからの移行がスムーズではなかった

ということです。それまで使っていたデータをきれいに流し込めれば、初期の時点でもっと使い勝手が良いと感じたと思います。

外部連携はしやすいと感じましたか?

この外部ツールと連携したことで「機能性がより高まった」と感じたものは、特にございません。

他の会社にもおすすめしますか?

ややこしくて処理が面倒など、複雑なワークフローをシステムで一本化したい企業におすすめです。最低限の人手と時間だけで全ての行程を見える化できるので、作業効率が上がります。

まとめ

この記事では、承認Timeの特徴や料金について解説しました。

ぜひワークフローの導入の際には、承認Timeも検討してみるとよいでしょう。


画像出典元:「承認Time」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワークフローの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】ワークフローシステム選びのお役立ち資料
ワークフロー
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ