LINE株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/12/10

執筆: 編集部

戦略事業拡大資金1,480億円調達!SNS事業から金融・AI事業へと転換する「LINE」の第3四半期決算

2018年第3四半期 累積業績

  • 売上収益:1,512億1,100万円(前年比+24.7%)
  • 営業利益:67億4,500万円(前年比-72.4%)
  • 税引前利益:△2億2,600万円
  • 四半期利益:△76億9,000万円
  • 親会社の所有者に帰属する四半期利益:△60億6,800万円

2018年第3四半期連結累計期間において、売上収益は前年比+24.7%と増加したものの営業利益は前年比-72.4%と大幅な減益、最終損益は△60億6,800万円の赤字となりました。

広告サービスやLINEゲームなどを含むコア事業は安定した収益を確保しましたが、LINE Payを起点としたFintech新サービスやLINE Clovaなどの戦略事業への投資が響きました。

戦略事業の拡大のため、9月に1,480億円の転換社債を発行しました。調達した資金は、今後3年間の戦略事業への投資に充当する予定です。

コミュケーションアプリ「LINE」やゲーム事業は成熟期となり、Fintech、AI、Friends、Eコマースといった戦略事業に軸を移しつつあります。

特に、キャッシュレス後進国の日本ではキャッシュレス決済の利用はまだまだ浸透していません。多様化するキャッシュレス決済が進む中、SNS事業で獲得してきたユーザーをモバイル(スマホ)決済「LINE Pay」に取り込めるか期待するところです。

画像出典元:「LINE」決算説明会資料

会社概要

会社名 LINE株式会社
(2013年4月1日 NHN Japan株式会社より商号変更)
事業内容 コミュニケーションアプリ「LINE」およびLINEプラットフォーム上で展開するコンテンツ・サービス、その他ウェブサービス事業、AI事業、Financial事業の提供・運営
所在地 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
設立日 2000年9月4日
代表 出澤 剛
資本金 957億3,200万円(2018年9月末時点)

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ