株式会社メタップスの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/12/06

執筆: 編集部

上場来、過去最高の売上高を達成するも積極的な投資で赤字の「メタップス」の通期決算

2018年 通期決算

  • 売上高:211億4,100万円(前年比+55.8%)
  • 営業利益:△2億1,400万円
  • 税引前利益:△3億1,900万円
  • 当期純利益:△4億5,400万円

2018年連結会計年度の業績は、上場以来、過去最高の通期売上高及び売上総利益となりました。各事業の安定的な伸長とM&A効果もあり、売上高は前年度比56%増、売上総利益は38%増に成長しました。

しかしながら、新規事業への積極投資、ICOに関する会計処理として約9億2,000万円を繰延収益と処理したことなどで営業利益は△2億1,400万円の赤字となりました。

各セグメントの業績

国内の決済代行事業や韓国の電子マネー事業などの既存事業が順調に拡大したことにより、ファイナンス関連事業がグループ全体の約8割まで拡大しました。

ファイナンス事業においては、安定的な国内外の決済事業を基盤に、暗号通貨、ブロックチェーン関連事業への投資を実行し、売上高は前年比で約1.8倍となりました。

マーケティング事業においては、中華系ゲーム会社のグローバル展開の需要が拡大した一方で、国内のゲーム系顧客の広告予算抑制等の影響を受け、想定を下回る着地となりました。

画像出典元:「メタップス」決算説明資料

会社概要

会社名 株式会社メタップス
事業内容 決済・金融のファイナンス事業、データ解析・広告のマーケティング事業、コマース・メディアのコンシューマ事業
所在地 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
設立日 2007年9月3日
代表 佐藤 航陽(代表取締役会長) 山崎 祐一郎(代表取締役社長)
資本金 54億2,000万円 (2018年8月末時点)

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ