株式会社マネーフォワードの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/12/05

執筆: 編集部

家計簿アプリシェアNo.1!利用者数700万人を突破した「マネーフォワード」の第3四半期決算

2018年第3四半期 累積業績

  • 売上高:31億2,600万円(前年比+61.6%)
  • 営業利益:△5億700万円
  • 経常利益:△5億2,800万円
  • 四半期純利益:△5億2,500万円

第3四半期連結累計期間において、売上高は前年比+61.6%と大幅増となりました。赤字は縮小したものの、人材採用による人件費増、移転に伴う一時費用の発生、積極的な広告宣伝等への投資が響き、最終損益は△5億2,500万円の赤字となりました。

サービス別売上高は、個人向けのPFMサービスで+31%、法人向けのMFクラウドサービスで+85%と高い成長率を維持しています。

「マネーフォワード」の利用者数は700万人、プレミアム課金ユーザー数は16万人を突破しました。家計簿アプリ利用者の約4人に1人は「マネーフォワード」を利用しています。

個人向け自動貯金アプリ「SiraTama(しらたま)」、企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」、お金の相談窓口「mirai talk」など新規サービスの拡充も行っています。

画像出典元:「マネーフォワード」決算説明資料

会社概要

会社名 株式会社マネーフォワード
事業内容 個人向け自動家計簿・資産管理ツール「マネーフォワード 」の提供・法人向け「MFクラウドシリーズ」の提供など
所在地 東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
設立日 2012年5月1日
代表 辻 庸介
資本金 18億6,500万円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ