【祝上場!】リバーホールディングス株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/03/23

執筆: 編集部

東証二部上場へ!産業廃棄物や家電リサイクルの処理をワンストップサービスで提供する「リバーホールディングス」の第12期決算

第12期決算公告

  • 売上高:17億9,037万円
  • 経常利益:5億2,788万円
  • 当期純利益:4億6,458万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
17/06
(第10期)
18/06
(第11期)
19/06
(第12期)
売上高 887 1,053 1,790
経常利益 △70 △93 528
当期純利益 △21 588 465

事業内容

リバーホールディングスおよび連結子会社8社から構成され、資源リサイクル事業を展開しています。
持株会社として、グループ戦略の立案、決定、グループ経営のモニタリング、また一部グループ会社への建物等の賃貸や各種サービスの提供を行っています。

主力のリサイクル事業は、金属リサイクル、自動車リサイクル、産業廃棄物処理、家電リサイクル、その他事業の5つからなっています。

1

金属リサイクル

工場、建物の解体や、廃自動車、廃家電製品などから排出される鉄、アルミ、ステンレス、銅などの鉄、非鉄金属スクラップを扱っています。
特に鉄スクラップは製鋼原料として、国内メーカーのみならず、アジアを中心とした各国に輸出し、リサイクル原料として幅広く利用されています。

2

廃棄物処理

産業廃棄物は取り扱う品目が多岐にわたり、処理の多様化・高度化が進んでいます
長年蓄積してきたノウハウと設備で、適切に処理しながら、資源物の再利用を図っています。
(排出物の一例 OA機器、自動販売機、オフィス什器、店舗什器、遊戯機)

3

自動車リサイクル

自動車リサイクル法で定められた登録、許可を全て取得し、使用済み自動車の処理を、引き取りから販売や破砕までワンストップで行っています
タイヤ、バッテリー、エンジンなどのパーツはもちろん、エンジンオイルなどの油脂、ハーネス(配線)まで、再利用できるものは徹底的に回収して再資源化します。解体後に残ったボディは、シュレッダーで破砕して製鋼メーカーや非鉄メーカーへ送り、建築用鋼材や、二次合金地金となって新たな資源に生まれ変わります。

4

家電リサイクル

「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」の4品目は、「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」に従って認定業者が受け入れ、リサイクル処理を行わなければなりません。
リバーグループは、家電リサイクル法が施行された2001年以前から、大手家電メーカーとリサイクル技術に関する共同研究を行い、法律の施行後も時代とともに進化する家電に対応してリサイクル技術を高めた実績により、現在も大手メーカーより処理を受託しています。

5

エコ・ソリューション

すべての企業の事業活動から発生する多様な廃棄物の処理を、収集から最終処分に至るまで、要望に応じてコーディネートするサービスを提供しています。廃棄物の種類や地域は問わず、法的な煩雑な手続きや管理の手間が省けます

東証二部上場へ!

2月17日、東京証券取引所市場第二部への新規上場が承認されました。

上場日は2020年3月24日の予定です。

 

出典:「リバーホールディングス株式会社」決算説明資料、公式HP

会社概要

会社名 リバーホールディングス株式会社
事業内容 グループの事業(リサイクル・廃棄物処理とその関連事業)の統括
グループの経営の統括・戦略の立案
グループのITシステムの開発・管理
グループのコンプライアンス・環境・ISO・安全衛生に関する業務および教育・研修
グループの管理部門のサポート
所在地 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル15階
設立日 2007年07月
代表 鈴木 孝雄
資本金 17億1,500万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ