GMOペパボ株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、IR情報を徹底調査

記事更新日: 2019/05/06

執筆: 山中恵子

ハンドメイド黒字化で経常利益2倍!FinTechに挑戦する「GMOペパボ」の第1四半期決算

2019年12月期 第1四半期 累積業績

  • 売上高:21億8,500万円(前年同期比+15.2%)
  • 営業利益:3億円(前年同期比+97.6%)
  • 経常利益:3億800万円(前年同期比+100.2%)
  • 当期純利益:2億4,500万円(前年同期比+74.0%)

2019年12月期 第1四半期連結累計期間の業績は、前年同期に対し大幅な増収増益となり、過去最高の四半期売上高及び営業利益を達成しました。

ホスティング事業、 EC支援事業、ハンドメイド事業すべてにおいて増収となり、ハンドメイドマーケット「minne」は四半期初の黒字化を達成しました。

レンタルサーバー「ロリポップ!」は2018年第2四半期をピークに以降契約件数が減少傾向にありましたが、2019年よりプロモーション強化を図った結果、契約件数が前期末比で2,135件増となり、顧客単価も上昇しました。

売上高の増加に加え、ハンドメイド事業におけるプロモーションコストが大幅に減少したことにより営業利益は倍増。営業利益率は前年同期比5.7ポイント増の13.7%となりました。



フリーランス向け金融支援事業

2019年2月、フリーランス向けファクタリングサービス「FREENANCE(フリーナンス)」を運営するGMOクリエイターズネットワーク株式会社を子会社化。

セグメントとしては「その他」となりますが、4月1日から連結損益計算書に含まれるため、当第1四半期の業績には含まれていません。

「FREENANCE」とは

フリーランス・個人事業主を支えるお金と保険のサービスです。

【特徴】

① 損害賠償保険が自動付帯
② 請求書の買い取り・即日払い(手数料3%〜10%)


昨年10月からサービスを開始以降、請求書買取額は順調に増加(額は非公開)。リピート率が高く、3月にはリピーターが85.6%に。今後は新規ユーザーをいかに獲得していくかが鍵となります。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)は4月、フリーランスなど個人で仕事を請け負う人の数が170万人にのぼると試算しました(「雇用類似の働き方の者に関する調査・試算結果等」より)。

公的機関による試算は初めてで、うち専業フリーランスが130万人、副業フリーランスが40万人という結果に。

また、GMOペパボは個人ユーザーを約530万人抱えており、「ロリポップ!」「SUZURI」「minne」などのサービス基盤と「FREENANCE」が連携することにより事業シナジーを創出することが期待されます。

さらに2月には、クラウド会計ソフト「freee(フリー)」を提供するfreee株式会社と業務提携しました。今後の「freee」と「FREENANCE」の連携に注目です。

なお、業績予想については変更ありません。

画像出典元:「GMOペパボ株式会社」決算説明会資料

 

 

2018年12月期 通期決算(19年3月更新)

  • 売上高:82億円(前期比+11.3%)
  • 営業利益:4億6,700万円(前期比+225.6%)
  • 経常利益:5億2,400万円(前期比+203.2%)
  • 当期純利益:4億6,700万円(前期比+289.8%)

2018年通期の業績は、前期に対し大幅な増収増益となりました。売上高及び純利益は過去最高を更新し、営業利益、経常利益ともに成長率+200%以上を達成。

ホスティング事業、EC支援事業、ハンドメイド事業すべて好調に推移しましたが、なかでもEC支援が売上拡大を牽引しました。

営業利益においては、プロモーションコスト(広告宣伝費、販売促進費、ポイント引当金繰入額)の減少とハンドメイドの利益改善が増益に貢献しました。

ホスティング事業及びEC支援事業が売上高の約8割を占め、ハンドメイド事業は約2割まで成長しました。

ホスティング事業

ホスティング事業の主なサービスは、レンタルサーバー「ロリポップ!」とドメイン取得代行「ムームードメイン」となります。ホスティング事業の業績は、以下のとおりです。

  • 売上高:44億1,800万円(前期比+7.2%)
  • 営業利益:14億1,500万円(前期比+7.8%)

レンタルサーバーの契約件数は減少しましたが、登録ドメイン数は増加しました。両サービスともに顧客単価は上昇傾向にあります。

レンタルサーバー「ロリポップ!」

  • 売上高:17億2,000万円 (前期比+5.2%)
  • 営業利益:9億4,000万円 (前期比+2.5%)

【2018年12月末時点】

  • 利用料金:月額100円~
  • 契約件数:40万件
  • 主なユーザー:個人や中小法人

レンタルサーバーサービスの契約件数は43万6,276件(前期末比1,895件減)となりました。

一方、新プラン「マネージドクラウド」の正式版の提供を開始し、ターゲット層の拡大を図るとともに、上位プランやオプション機能への誘導を強化した結果、顧客単価が358円(前期比6.0%増)となりました。

ドメイン取得代行「ムームードメイン」

  • 売上高:20億2,400万円 (前期比+10.1%)
  • 営業利益:2億4,200万円 (前期比+57.8%)

【2018年12月末時点】

  • 利用料金:年額69円~
  • 契約件数:124万件
  • 主なユーザー: 個人や中小法人 

サイトデザインの一新を図るとともに、ドメイン検索機能の改善も行ったことから、登録ドメイン数は124万1,668件(前期末比1万1,351件増)となりました。

EC支援事業

EC支援事業の主なサービスは、ネットショップ開業・作成サービス「カラーミーショップ」となります。EC支援事業の業績は、以下のとおりです。

  • 売上高:20億6,900万円(前期比+27.4%)
  • 営業利益:8億3,100万円(前期比+7.2%)

2018年4月1日に株式会社ベーシックよりオンデマンドオリジナルグッズ作成サービス「Canvath」事業を譲り受けたことが売上拡大に貢献しました。

カラーミーショップは情報流出の影響もあり契約件数が減少しましたが、顧客単価が伸びたことで増収となりました。

オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」の累積会員数は23万人となりました。

カラーミーショップ

  • 売上高:12億9,600万円 (前期比+7.5%)
  • 営業利益:7億6,200万円 (前期比+4.7%)

【2018年12月末時点】

  • 利用料金:月額833円~
  • 契約件数:4.3万件
  • 主なユーザー:個人商店や中小店舗

2018年1月7日、カラーミーショップにおいて第三者による不正アクセスが発生し、最大7万7,385件の個人情報が流出した可能性があることが判明しました。一部クレジットカード情報の流出もありましたが、二次被害の報告はないとこのこと。

これにより、各種キャンペーンの実施を控えたことから契約件数は4万3,238件(前期末比2,006件減)となりましたが、継続的に行っていたアップセル施策により、顧客単価は2,608円(前期比8.6%増)となりました。

ハンドメイド事業

ハンドメイド事業の主なサービスは、ハンドメイドマーケット「minne」となります。ハンドメイド事業の業績は、以下のとおりです。

  • 売上高:15億4,400万円(前期比+10.9%)
  • 営業利益:△6億8,200万円(前期は△10億3,700万円)

プロモーションコストは2億円減少し、流通額は年間120億円を突破しました。

minne

  • 売上高 :15億4,300万円 (前期比+16.7%)
  • 営業利益: △6億6,900万円 (前期比+3億3,700万円)

【2018年12月末時点】

  • 流通額:120.7億円
  • 作家数:49万人
  • 作品数:913万点
  • アプリDL数:1,027万DL

Web広告を中心としたプロモーションを実施し、10月6日にはスマートフォンアプリの累計ダウンロード数が1,000万DLを突破しました。

その他事業

その他事業の主なサービスは、ブログサービス「JUGEM」となります。

  • 売上高:1億6,800万円(前期比△25.5%)
  • 営業利益:3,100万円(前期比△68.5%)

2017年2月1日付けで「PEPABO WiMAX」を事業譲渡したことにより、前期に対し減収減益となりました。

フリーランス向けファクタリング事業に参入

GMOペパボは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社を第三者割当増資引受により連結子会社化しました。

GMOクリエイターズネットワークとは

GMOクリエイターズネットワークは、ライター登録サイト「woofoo.net」など、個人クリエイターの活躍をサポートする様々なサービスを提供しています。

2018年10月には、フリーランスが安心して働くことができる環境を構築するべく、日本で初めてとなるフリーランス向けファクタリングサービス「FREENANCE(フリーナンス)」の提供を開始しました。

今後は、フリーランスをはじめとする個人のライフスタイルに合わせた多様な働き方を多方面で支援していきます。

2019年12月期 業績予想

2019年12月期より連結決算に移行します。

  • 売上高:92億円(前期比+12.2%)
  • 営業利益:9億5,000万円(前期比+103.1%)
  • 経常利益:9億6,200万円(前期比+83.6%)
  • 当期純利益:6億8,400万円(前期比+46.5%)

2019月12月期は、営業利益、経常利益、当期純利益いずれも過去最高を見込んでいます。ハンドメイド事業は黒字転換を目指します。

GMOペパボの事業戦略

GMOペパボは、「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」というミッションの下、主に個人の表現活動を支援するための様々なウェブサービス及びスマートフォンアプリを提供しています。

創業者は、シリアルアントレプレナー(連続起業家)で有名な家入一真氏現在は、株式会社CAMPFIRE 代表取締役・BASE株式会社 共同創業取締役・NOW株式会社 代表取締役)

2001年に合資会社マダメ企画を設立し、「ロリポップ!レンタルサーバー」の提供を開始。

2003年に有限会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を設立し、翌2004年に株式会社化。それ以降、様々な個人向けインターネットサービスを展開してきました。

2015年に積極投資をし赤字に転落しましたが、それ以降は売上高が急成長。2019年の営業利益は積極投資前の水準を超える見込みです。

積極的な投資の姿勢は今後も変わらず、主力ストックサービスによる安定的な収益を基盤とし、新規サービスへの戦略的な投資を行うことで企業規模を拡大していく予定です。

また、M&A等を迅速に展開していくために、2018年7月には投資戦略室を新設しました。事業譲受及び資本提携を積極的に行っていき、他社サービスとの提携を通じてシナジーを創出していきます。

今後の新規事業への展開に注目です。

画像出典元:「GMOペパボ株式会社」決算説明会資料

 

 

2019年第3四半期 累積業績(18年11月更新)

  • 売上高:60億8,900万円(前年比+11%)
  • 営業利益:3億9,800万円(前年比+78.4%)
  • 経常利益:4億5,700万円(前年比+92.7%)
  • 純利益:4億100万円(前年比+86.4%)

2019年第3四半期累積業績は、売上高は前年比+11%の60億8,900万円、営業利益は前年比+78.4%の3億9,800万円となりました。

2019年通期目標

第3四半期までの業績が好調に推移したため、2019年通期目標を上方修正しました。

GMOペパボの事業

画像出典元:「GMOペパボ」決算説明会資料

会社概要

会社名 GMOペパボ株式会社
事業内容 ホスティング事業、EC支援事業、コミュニティ事業
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
設立日 2003年1月
代表 佐藤 健太郎
資本金 1億5,967万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ