FAQシステムについて

【最新比較】おすすめのFAQシステム9選!メリット・デメリットを徹底解説!

記事更新日: 2019/11/16

執筆: 編集部

営業は顧客にサービスや商品の提供を進めることが主な仕事ですが、その後のアフターサービスを充実させることは、企業との信用関係を繋ぎつつけるために重要なことです。

もっと手軽に、顧客も企業も満足できるアフターサービスを運用する手段は無いでしょうか。

そんな企業のニーズを満たすために生まれたのが、FAQシステムです!

今回はおすすめのFAQシステム9選を比較紹介します。

FAQシステムの選び方や導入のメリット・デメリットと合わせて解説するので、比較検討する際の参考にください!

FAQシステムとは?

FAQシステムとは、主に企業が提供するサービスや商品について、よくある質問とその回答をまとめて検索できるようにするシステムです。

主な使い方は以下の2パターンです。

  • 会社HPやサービスサイト上に設置して、顧客がサイトをみて問題解決できるようにする
  • コールセンターのオペレーターなどがスムーズに応対できるよう社内マニュアルのような形で使う

どちらの場合でも、FAQシステムを導入することで会社やサービスに対する問い合わせ対応をよりスムーズに実施できるようにできます

FAQシステムの主な機能

FAQシステムの主な機能は、FAQ(=ナレッジ)の管理と検索です。

FAQの蓄積・管理

商品やサービスに対する質問・問い合わせは、顧客のニーズや要望が形になったものであり、その質問とそれに対する答えをナレッジとして蓄積していくことは非常に重要です。

FAQシステムでは、実際に行われたFAQをシステム上に蓄積・管理することができます。

FAQの検索

FAQシステムの中心機能が、データとしてためられているFAQを検索する機能です。

当然のことながら難しいのが、ほしい回答がすぐに見つかるようにすること。

検索してもなかなかほしい回答が見つからないという経験がある方も多いのではないでしょうか?

検索精度をあげるため検索にAIを採用したり、検索傾向の分析機能を設けたりするなど、各FAQシステムがしのぎを削っているのも、検索機能がFAQシステムの中心的な機能だからです。

FAQシステムの3つの選定ポイント

1. サービスの使いやすさを確認

FAQシステムの機能が素晴らしいとしても、操作するのは自社の担当者です。担当者が使いこなせなかったり、イメージしているFAQが作成できないようでは、導入する意味がありません。

まずは、提供したいFAQが作成できるツールなのかを見極めること、システム自体の操作が直観的に行えるものかを確認しておきましょう。

できれば無料トライアル期間を利用して、実際に使ってもらう機会を設けることをおすすめします。

2. スマートフォンに対応しているか

最近ではPCよりもスマートフォンを利用するユーザーが多く、導入するサービスがスマートフォンに対応しているかどうかは必須のポイントとなります。

導入前にはアクセス解析ツールなどを用いて、「自社はスマホとPCどちらのユーザーが多いのか?」を調べ、スマホユーザーが多い場合はスマホに対応したサービスを選ぶようにしましょう。

3. 自社のニーズと合うか

FAQシステムのメイン機能はQ&Aの作成ですが、システムによっても特徴は異なります。

FAQシステムを何のために導入するのかはあらかじめ明確にしておきましょう。

以下に、自社のニーズを明確にするための着眼点をいくつか挙げてみました。

誰に対するFAQを作成するのか?

例:顧客、コールセンターのオペレーター

何のためにFAQシステムを導入するのか?

例:顧客満足度向上、問い合わせ対応の効率化

蓄積されたFAQの情報を活用する予定があるか?

例:サービス改善に生かす


例えば、蓄積されたFAQ情報をサービス改善に生かしたいのであれば、検索傾向の分析機能が充実したFAQシステムが望ましいことが分かります。

FAQシステムで利用したい機能が何かも重要な選定基準の1つとなります。

使わないともったいない!おすすめのFAQシステム4選!

1. 最初から賢いAI!『sAI Search』

画像出典元:「sAI Search」公式HP
 

特徴

顧客からの問い合わせに高速・高精度で対応できるFAQシステムです。

最初からAIに多くの情報が組み込まれているため、導入後に学習させる手間がなくすぐに活用できます。

自社サイトに埋め込むこともオリジナルHPを作ることもできるので、対顧客はもちろん、対社内にも活用可能です。

AI搭載なので幅広い検索に対応でき、高速・高精度での検索を実現しています。

機能

・自然文検索が可能
・質問文の入力途中でもサジェストを表示
・ユーザーによって回答の出し分けが可能

料金プラン

商品タイプによって2つのプランが用意されています。


1. サイト埋込み型

初期費用 50万円

月額費用 20万円~

登録するFAQ数により価格が変動します。


2. オリジナルFAQページ個別制作

初期費用 60万円~

月額費用 20万円~

1からサイトを構築するため、個別見積もりとなります。

別途オプションも用意されているので、詳細はこちらの資料をご参照ください。

 

2. チャットボットでユーザーの悩みを解決!『Repl-AI』


画像出典元:「Repl-AI」

特徴

Repl-AIはプログラミングの知識がなくても直感的操作でボットがつくれる優秀なシステムです。Web専用画面から会話の受け答え(シナリオ)を視覚的に作成できるため、直観的にFAQ例を作成できます。

そのうえ、ほかのAIチャットボットより自然な受け答えができると高評価を得ています。

機能

・AIによるチャットボットを簡単操作で作れる
・LINEやFacebookといったSNSと簡単連携
・数値を元にシステムの改善に活かせることが可能

料金プラン

Freeプラン:0円 / 月
Lightプラン:5,000円 / 月
Basicプラン:10,000円 / 月
Enterpriseプラン:個別見積(要相談)

 

3. オペレーション効率向上を実現!『アルファスコープ 』


画像出典元:「アルファスコープ」

特徴

「アルファスコープ」は利用者が抱いた疑問を自ら解決するためのFAQ作成からオペレータ用のFAQ作成、さらにはメンテナンスまで一元管理できるシステム。

豊富な実績を活かし、企業のあらゆるニーズに対応できる引き出しの多さが魅力です。

機能

・オペレータ向けFAQ作成
・ユーザー向けFAQ作成機能
・トラブルシューティング

料金プラン

ユーザ向けプラン:100,000円~
オペレータ向けプラン:80.0 00円~

 

4. FAQの利用状況を「見える化」できる!『SyncAnswer』


画像出典元:「SyncAnswer」公式HP

 特徴

「SyncAnswer」はシンプルで使いやすいFAQシステム。とにかく早くFAQシステムを導入したい企業や、わかりやすさを重視したFAQシステムを構築したい企業におすすめです。各デバイスに対応しており、ユーザーにとっても使い勝手の良いシステムです。

機能

・プログラミングの知識がなくても簡単にFAQの作成
・サイト内検索サービスとの連携
・FAQコンテンツの分析ができる

料金プラン

エントリープラン:250,000円 / 月 / 1サイト
スタンダードプラン:500,000円 / 月/  3サイト
エンタープライズプラン:応相談 / 4サイト以上

※全てのプランには無料トライアル期間(1~4週間)が用意されています。

 

その他のFAQシステム

TRUE TELLER


画像出典元:「TRUE TELLER」
公式HP

特徴

TRUE TELLERはユーザーのニーズをナレッジと集約させながら成長し続けるFAQシステム。FAQの検索スピードは業界トップレベルで、ユーザーやオペレータの検索効率を大幅に改善し、求めている回答に素早くたどり着くことができます。

 

hitTO


画像出典元:「hitTO」公式HP

特徴

「hitTO」は2つのAIを活用したハイブリッド型チャットボットとして、FAQシステムの最先端を進み続けています。FAQをより身近なものにし、従業員や顧客の満足度アップに活用したいと考える企業におすすめしたいシステムの一つです。

料金プラン

・トライアル:75万円
・スタンダード:120万円〜
・プレミアム:175万円〜

 

OKBIZ.for FAQ / Helpdesk Support


画像出典元:「OKBIZ.for FAQ / Helpdesk Support」公式HP

特徴

信頼度の高いFAQの提供により顧客からの直接的な問合せ件数を減らすことで、業務の効率化・問合せ業務にかかる費用の削減のサポートを行っている「OKBIZ.for FAQ / Helpdesk Support」。

国内シェア率が高く、多くの企業から信頼されている点も魅力の1つです。

 

FastAnswer2


画像出典元:「FastAnswer2」公式HP

特徴

FastAnswer2はラベル表示やキーワード検索・検索タグ機能など、ファイルを見つける機能が豊富で見つけやすくわかりやすいのが特徴です。

また、蓄積したデータをナレッジに反映できるので顧客に役立つFAQを実現できます。

 

SMART Message BOT

特徴

「SMART Message BOT」は、LINEやWebChatなどの主要チャットアプリとのサービス連動を行っており、日常的に使い慣れた画面での入力・操作が可能なため、難しい設定が必要ありません。

また、丁寧なヒアリングを行った上で、企業に合わせた開発・提案を行うことに力をいれています。

 

FAQシステム導入のメリット

1. 社内負担を軽減

今までユーザーからの問い合わせを社内で行っていた場合、対応に時間とお金を使わざるを得ませんでしたが、FAQシステムを導入することで社内負担を軽減することができます。

2. ユーザー満足度がUP

FAQシステムを導入することで、今まで自社のHPに訪問していたユーザーの離脱率が下がり、ユーザーの満足度をあげることが可能です。

離脱率が下がり満足度が上がれば、必然的にサービスや商品のコンバージョン率は向上するため、企業側はサイト訪問から顧客を獲得することができます

3. ユーザーの悩みを可視化できる

FAQシステムは閲覧記録や集計機能などを兼ね備えているサービスがあり、どの質問がどれだけ閲覧されたかを可視化することによって、ユーザーが抱えている悩みを把握することができます。

ユーザーがよく閲覧する質問は回答文を詳しくしたり、回答項目をより細かく設定するなど、データを元に改善ができるので高い効果が見込めます

FAQシステム導入のデメリット

一方でFAQシステムを導入するデメリットとしては、Webから提供するアフターサポートが過剰になりがちという点です。

もちろんサイトからQ&A情報が検索できるのは顧客にとっても便利ですが、ただQ&Aサイトを用意するだけでしたら、自社の従業員に作成してもらうレベルで事足りるケースもあります。

一方でFAQシステムには、Q&Aサイト作成の他にも様々な付加機能を備えている場合が多いため、「この機能は本当に必要なのか?」を考える必要があるでしょう。

まとめ

起業ログ編集部おすすめのFAQシステムを比較紹介しました。

今回ご紹介したFAQシステムの導入によってアフターサービスの提供をより効率化し、顧客満足度もアップすれば、ますます企業の業績も伸びることでしょう

FAQシステムを活用したいと考えている方は、ぜひ今回紹介したシステムを始めとしたFAQシステムの導入を検討してみてください!

画像出典元:O-dan

FAQシステムのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ