株式会社エイチームの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/09/23

執筆: 横井優香

2018年度、売上高377億円を突破!多岐に渡るビジネス分野開拓に成功している「エイチーム」

2018年7月期 通期決算

エイチームの第4四半期決算の結果を見てみましょう。

  • 売上高93億3,500万円(前年同期比1%減)
  • 営業利益8億9,200万円(前年同期比32%減)
  • 当期純利益6億5,500万円(前年同期比12.6%減)

2018年7月期第4四半期の営業利益は8億9,200万円となりました。前年同期と比べて32%減となっています。売上高も同じく減少。

また、今年度の通期決算の結果は、以下のようになっています。

  • 売上高377億円(前年比8.9%増)
  • 営業利益47億円(前年比15.3%増)
  • 当期純利益33億600万円(前年比28.2%増)

2018年度通期決算の営業利益は47億円となりました。前年と比べて15.3%増となっています。売上高も同じく前年比増という好成績を収めています。

続いて、売上・営業利益の推移をより詳しくグラフで見ていきましょう。

売上高の推移は、2013年から2017年第3四半期まで右肩上がりとなっています。営業利益は上下を続けてはいるものの、赤字になる事なく徐々に増加しています。

メインだったエンタメ事業(前年比16%減)は、2017年に頭打ちとなり、既存アプリ売上高の緩やかな減少と、新規アプリ売上が期待に及ばず減収となりました。

代わりにライフスタイルサポート事業(前年比42.2%増)、EC事業(前年比27.4%増)が大きく成長を遂げています。ライフスタイルサポート事業『引っ越し侍』は業界トップシェアを誇るまでに成長し、EC事業では、繁忙期需要に上手く対応した事により自転車のECサイト『cyma』の売上が伸びました。

全体の業績はおおむね好調だと言えるでしょう。

エイチームの事業内容

エイチームには、以下の3事業があります。

1

エンターテインメント事業

モバイルゲーム事業。アプリゲームにおける課金収益がこれまでのエイチームを支えてきました。

2

ライフスタイルサポート事業

引っ越しや自動車、ブライダル、金融など特定業界に特化したメディアを多数運営。高い専門性が強みです。

3

EC事業

自転車専門通販サイト『cyma』を運営。失敗しない自転車選びをサポートしています。

エイチームは、1997年に個人事業主として創業し、最初は受託開発から始まりました。その後、2003年に初自社サービスを開発、販売を開始します。これまで様々なマーケットとネット技術サービスを組み合わせ、新たなビジネスモデルを生み出し、実績を積み上げてきました。

現在は、エンタメ事業とライフスタイルサポート事業を主な収入源とし、「みんなで幸せになれる会社にすること」「今から100年続く会社にすること」という経営理念の元に、徐々に業績を伸ばしています。

続いてエイチームの今後の計画について、現在掲げている中長期的な目標から来年度目標へと順に説明していきます。

エイチームの今後の計画

エイチームは、中長期的な計画として「既存事業を軸として今後も経営を行っていく」と発表しました。その一方で、新規事業への挑戦も積極的に行なっていく方針を固めています。

各事業別の計画は以下の通りです。

①ライフスタイルサポート事業:2020年、売上300億円規模達成。

②エンターテイメント事業:グローバル化を進め、世界に向けて月商10億円規模のアプリを複数創出し、海外売上比率50%到達。

③EC事業:自転車専門通販でNo.1サイトになる。自転車にまつわる新規サービスにも挑戦。

エイチームは、今後も枠に囚われず、インターネットを使った様々なビジネス領域に挑戦していく方針です。「今から100年続く会社にすること」という言葉通り、エイチームの見据える未来は大きいものと思われます。

エイチームは、上記で述べた中長期的な計画を達成するために、これからの1年間の目標として、以下のような具体案を打ち出しています。

①ライフスタイルサポート事業:既存事業の育成と並行して新規事業の立ち上げを積極的に行い、先行投資もより積極的にしていく。

②エンターテイメント事業:新規タイトルの開発に注力し、既存主力タイトルの収益最大化にも積極的に取り組んでいく。

③EC事業:投資回収を目指し、通期黒字化への施策に集中。

さらに、企業基盤の強化のため、事業投資だけでなく、人材採用・育成などの社内リソースへの先行投資も積極的に行なっていくようです。エイチームは既に社員の働く環境整備には十分力を入れており、Great Place to Work発表「働きがいのある会社」ランキングには5年連続ランクインしました。2018年6月には、福岡に新しいオフィスをオープンしています。

2012年11月東証マザーズ上場から、これまで業績黒字のまま事業を拡大してきたエイチーム、今後の成長ぶりにも大いに期待が出来るでしょう。

画像出典元:「エイチーム」決算説明会資料

会社概要

会社名 株式会社エイチーム
事業内容 エンターテインメント・ライフサポート・EC事業
所在地 名古屋市中村区名駅3-28-12
設立日 2000年2月29日
代表 林 高生
資本金 8億3,563万円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ