ギークス株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/02/26

執筆: 山中勝輝

祝IPO!IT人材サービスやゲーム、動画、EC事業を手がける総合カンパニー「ギークス」の第11期決算

第11期決算公告

ギークスの業績推移

決算期
(千円)
16/03
(第9期)
17/03
(第10期)
18/03
(第11期)
当期純利益 49,984  △16,317 250,883 
利益剰余金 121,192  104,874  355,758 


2018年第11期の純利益は2億5,088万円となりました。

ギークスはモバイルコンテンツやIT人材サービス事業を展開していたクルーズ株式会社から、IT人材サービス事業だけを分社化して設立されました。現在は、ソーシャルゲーム、動画、さらにEC・メディア事業も手掛けています。

特に、ゲーム事業の成長が著しく、音楽ゲームアプリ 『SHOW BY ROCK!!』は2016年3月に200万ダウンロードを達成。バンダイナムコオンラインとの協業タイトル「アイドリッシュセブン」はリリース半年でApp Store売上ランキング12位を達成しました。

今期の決算でも、2017年7月24日に配信を開始した「カクテル王子」のゲーム事業が好調であったことが増益に影響していると考えられます。

ギークスのオフィス

新会社「G2 Studio」を設立

ギークスは2018年5月1日にゲーム事業に特化した新会社 G2 Studios 株式会社を設立しました。これまで総合カンパニーとして様々な事業を手がけたギークスからゲーム事業を切り離し、開発・運営体制の強化を図ることが狙いです。

今後、「アイドリッシュセブン」や「ツキノパラダイス。」といった女性向け人気タイトルはG2 Studios株式会社が運営していくようです。

資金調達を実施

ギークスは2017年7月に加賀電子株式会社から資金調達を実施しました。この資金調達で両者は協業し、動画領域でVR/AR/MRの研究開発に取り組むと見られます。この他にも、2016年4月にWMパートナーズ株式会社やみずほキャピタル株式会社から総額3億円。2015年度は総額6.2億円の資金調達を完了しています。

マザーズ上場へ

2月15日株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。

2019年3月20日に上場予定です。

会社概要

会社名 ギークス株式会社
事業内容 IT人材事業、ゲーム事業、動画事業、インターネット事業
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-11-1 G-SQUARE 10階
設立日 2007年8月23日
代表 曽根原 稔人
資本金 5億9,038万円(資本準備金を含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ