株式会社ギフティの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/09/17

執筆: 編集部

東証マザーズ上場!「小さなありがとう」の気持ちを伝えるgifteeを提供する「ギフティ」の第9期決算

第9期決算公告

  • 売上高:11億2,056万円
  • 経常利益:2億8,534万円
  • 当期純利益:2億49万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
16/12
(第7期)
17/12
(第8期)
18/12
(第9期)
売上高 171 557 1,120
経常利益 △5 34 285
当期純利益 1 20  200

会員数は2019年6月末現在125万人となり、右肩上がりに推移しています。

2018年12月期の売上高は101%増の11億2,056万円、経常利益はなんと743%増の2億8,534万円、当期純利益も892%増の2億49万円となりました。

また、2019年12月期の業績についても好調を維持する予測を立てています。
売上高は前期比 58.2%増の17億7,400万円、営業利益は前期比 88.4%増の5億3,800万円、経常利益は前期比 86.6%増の5億2,800万円、当期純利益は前期比 80.7%増の3億5,800万円を見込んでいます。

マザーズ上場を機にギフティのサービスを知る人も増えることでしょう、ますますの業績アップを見込んでいます。今後も注視していきたいですね。

事業内容

「giftee」は相手にURLを送るだけでギフトを添えたメッセージカードを渡すことができるサービスです。
スターバックスコーヒーのドリンクチケットやサーティワンアイスクリームなどの飲食関連からRaffineで使えるリラクゼーションチケットまで、幅広いギフトラインナップがあります。

1

eGift System

eGift Systemは、店頭で引き換えることのできるデジタルのギフトチケットの生成、 およびそのギフトチケットを自社サイト上で販売できるシステムです。 giftee.co等の提携販売チャネルでの販売も可能です。

 

2

giftee for Business

giftee for Businessは、eGiftを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品や お客様への謝礼として、コンビニの商品やコーヒー等のギフトをLINEやメールで簡単に贈ることができます。

3

Welcome ! STAMP

Welcome ! STAMPは、従来、紙もしくはカードで発行されていた各種地域通貨(プレミアム商品券等)を、 電子化し流通させる国内で初となる地域通貨のソリューションです。

資金調達

18年4月にジェーシービー(JCB)、未来創生ファンド、丸井グループを引受先とする第三者割当増資と、三菱UFJ銀行からの融資により、総額約5億8,400万円の資金調達を実施しました。

東証マザーズ上場へ

2019年8月16日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。上場日は2019年9月20日の予定です。

出典:公式HP

会社概要

会社名 株式会社ギフティ
事業内容 インターネットサービス事業
所在地 東京都品川区東五反田5-10-25 齊征池田山ビル2階
設立日 2010年8月
代表 太田 睦
資本金 5億1,183万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

ページトップへ