株式会社リンクアンドモチベーションの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/11/29

執筆: 編集部

モチベーションという切り口で過去最高の業績を達成した「リンクアンドモチベーション」の第3四半期決算

2018年第3四半期 累積業績

  • 売上収益:298億7,500万円(前年比+10.3%)
  • 営業利益:30億4,200万円(前年比+30.0%)
  • 税引前利益:30億1,400万円(前年比+33.8%)
  • 四半期利益:19億3,900万円(前年比+28.8%)

2018年第3四半期連結累計期間においては増収増益となり、過去最高の業績を達成。全てのディビジョン(組織開発ディビジョン・個人開発ディビジョン・マッチングディビジョン)の収益性が向上したことで、営業利益は予想値を上回り、前年比+30.0%となりました。

各セグメントの業績

組織開発ディビジョンでは、組織改善クラウドサービス「モチベーションクラウド」の累計導入件数が2018年9月末時点で641件に達し、順調に推移しています。

「モチベーションクラウド」は、業界・規模を問わず、従業員とのエンゲージメント向上を目指す各業界のリーディングカンパニーからの支持が高まっています。

個人開発ディビジョンでは、キャリアスクール事業における「プロシリーズ」「国家試験」「英会話」が順調に推移しました。

特に「国家試験」は、働き方改革によって拡大する働く個人の余暇時間を背景に、「社労士」や「宅建」などの資格取得ニーズが向上しています。

マッチングディビジョンでは、全国の小・中・高等学校の外国語指導講師(ALT:Assistant Language Teacher)の派遣および英語指導の請負サービスを提供していますが、民間企業で圧倒的なNo.1シェアを確立しています。また、2020年に開催される東京オリンピックを見据えて英語教育市場は拡大傾向となっています。

画像出典元:「リンクアンドモチベーション」決算説明会資料

会社概要

会社名 株式会社リンクアンドモチベーション (Link and Motivation Inc.)
事業内容 モチベーションエンジニアリングによる企業変革コンサルティング
所在地 東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 12F
設立日 2000年3月27日
代表 小笹 芳央(代表取締役会長)
坂下 英樹(代表取締役社長)
資本金 13億8,061万円 (2017年12月31日現在)

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ