【祝上場!】アディッシュ株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/03/10

執筆: 編集部

マザーズ上場へ!モニタリングやスクールガーディアンなどSNS・コミュニティサイトの運営支援や監視業務など提供する「アディッシュ」の第5期決算

第5期決算公告

  • 売上高:20億8,729万円
  • 経常利益:9,919万円
  • 当期純利益:8,193万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
16/12
(第3期)
17/12
(第4期)
18/12
(第5期)
売上高 1,530 1,886 2,087
経常利益 8 △48 9
当期純利益 6 793 418

 

事業内容

アディッシュは2014年10月、株式会社ガイアックスの事業を承継し設立した会社です。
2007年、当時ガイアックスの社員だった江戸 浩樹(現・当社代表取締役)が、ソーシャルメディア拡大期に伴い発生してきた社会課題を解決したいという想いで、企業向けソーシャルメディアのモニタリング事業を立ち上げました。

これまで培ってきたソーシャルメディア運用の経験を活かし、その後もネットいじめ対策事業、ソーシャルアプリカスタマーサポートの代行サービスと、次々と事業を展開し、これら事業規模の拡大に伴い、分社化しました。

1

インターネットモニタリング

「ツール」と「目視」の24時間365日体制のインターネットモニタリングして、ソーシャルリスク・風評被害を最小限に抑えます。

2

スクールガーディアン

事業ミッション「子どもたちが健全にインターネットを活用できる環境を目指して」のもと、ネットいじめ・学校裏サイト対策、ネットリテラシー啓発活動をしています。

3

ソーシャルアプリサポート

1000以上のアプリの対応実績を誇るカスタマーサポート運用代行しています。

4

フロントサポート

潜在顧客を顧客につなげるアプローチやWEB接客など、お客さまが目指すコミュニティのあり方を理解し、その実現に向けて、柔軟かつ最適な運用を支援します。

5

チャットボット

BtoBやBtoC、社内で発生するサポート対応の効率化を支援する目的でチャットボットツール「hitobo」を提供しています。

マザーズ上場へ

2月19日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。

上場日は2020年3月26日の予定です。

 

出典:「アディッシュ株式会社」決算説明資料

会社概要

会社名 アディッシュ株式会社
事業内容 SNS・コミュニティサイトの運用支援及び監視業務、ネットパトロール、カスタマーサポート支援、チャットボットツールの提供
所在地 東京都品川区西五反田1-21-8
ヒューリック五反田山手通ビル8階
設立日 2014年10月1日
代表 江戸 浩樹
資本金 8,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ