株式会社LITALICOの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/11/22

執筆: 編集部

急成長する障害者就労支援・発達障害児教育を行う「LITALICO」の第2四半期決算

2019年第2四半期 累積業績

  • 売上高:60億円(前年比+20.0%)
  • 営業利益:6億円(前年比+74.8%)
  • 経常利益:6億円(前年比+75.4%)
  • 当期純利益:4億円(前年比+85.3%)

2019年第2四半期連結累計期間は、既存拠点の稼働が順調で大幅な増収増益となりました。

上半期は、就労移行支援事業4拠点、児童発達支援事業1拠点、放課後等デイサービス事業1拠点、その他(LITALICOワンダー事業)3拠点、新規出店をしました。

各セグメントの業績

LITALICOワークス事業、LITALICOジュニア事業、その他事業ともに既存拠点及び新規開設拠点が順調に推移したことにより収益が拡大しました。

障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わることになり、障害者雇用率を2018年4月に2.2%、2020年度末までに2.3%への引き上げが決定。

また、公立小中学校のうち「通級指導」の2017年度の設置学校数は昨年対比で15.5%増加し5,283校に、対象者は10万8,946人で過去最高を更新するなど発達障害への社会認知が進んでいます。

このような背景から、障害者就労支援・発達障害児教育はますます需要が拡大していくでしょう。さらに、今後は当事者だけでなく、家族や施設対象のサービスも展開していきます。

画像出典元:「株式会社LITALICO」決算説明会資料

会社概要

会社名 株式会社 LITALICO(LITALICO lnc.)
事業内容 学習塾及び幼児教室の運営事業、児童福祉法に基づく障害児支援事業、障害者総合支援法に基づく就労支援事業、インターネットメディア事業など
所在地 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F
設立日 2005年12月26日
代表 長谷川 敦弥
資本金 3億4,899万8,000円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ