株式会社Kyashの決算/売上/資金調達を調べ、今後の展望を徹底調査

記事更新日: 2019/08/15

執筆: 編集部

累積資金調達額は約28億円!フィンテックベンチャー「Kyash」の資金調達および展望について

決算公告

株式会社Kyash(キャッシュ)はまだ上場しておらず、決算情報は公表していません。

  • 累計資金調達額28億円!日本を代表する金融機関からの期待も!

  • 「株式会社Kyash」は、国内外の投資家から熱い視線を注がれているフィンテックベンチャー企業です。
  •  
  • 個人向けにはウォレットアプリ「Kyash」を、パートナー企業へはAPIを通じて即座にVisaカードを発行できる「Kyash Direct」を提供しています。
  •  
  • スマホのアプリ上でバーチャルカードを発行して、モバイルでの決済や送金に対応しています。

つまり、いつでもどこでもスマホさえあれば、買い物や寄付ができます。
全国のコンビニ、スーパー、タクシーなど幅広い店舗で利用可能です。

またKyashが発行するVisaカードは国内外のVisa加盟店で利用できます
やり方次第ではポイントを最大4重取りできるかなりお得なカードで、4重取りできれば、還元率はなんと約4.5%まで引き上げることができます。

資金調達

2019年7月Kyashは、シリコンバレーのベンチャーキャピタルで過去に Facebook、Twitter、Kakao、SpotifyやMonzoへの投資家でもあるGoodwater Capital(本社:米国サンフランシスコ)と三菱UFJキャピタル株式会社をリード投資家とし、凸版印刷株式会社、株式会社ジャフコ、新生企業投資株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社のそれぞれが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資により、約15億円の資金調達を実施しました。

これにより累積資金調達額は約28億円となります。

今後の展望

「株式会社Kyash」は従来の銀行が提供しているサービスをより合理的な方法で提供する、世界中で急拡大しているチャレンジャーバンクに属しています。
決済という枠を超えて、新しい銀行サービスの形を実現すべく、さらに広い範囲でのキャッシュレスの実現を目指しています。

日本が世界に誇れるようなチャレンジャーバンクへの挑戦今後のIPOにも注視していきたいですね。

出典:公式HP

あわせて読みたい

関連記事

【最新版!】おすすめのモバイル決済5社を徹底比較!

今回の記事ではそんなを悩みを解決するために、それぞれの特徴やメリット・デメリット、導入する際の料金や手数料などについて徹底比較していきます!

会社概要

会社名 株式会社 Kyash
事業内容 ウォレットアプリKyashの開発及び運営
所在地 東京都港区南青山5-2-1
NBF ALLIANCE 201
設立日 2015年01月
代表 鷹取 真一
資本金 27億7,493万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ