株式会社アラヤの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/03/10

執筆: 編集部

AIアルゴリズム・プロダクトなど、人工知能開発ベンチャー「アラヤ」の第6期決算

第6期決算公告

  • 当期純利益:△1億1,394万円
  • 利益剰余金:△1億1,394万円

となりました。

第5期決算公告(19年3月更新)

  • 当期純利益:△1億2,683万円
  • 利益剰余金:△2億9,480万円

株式会社アラヤは、深層学習を用いた画像認識技術などの産業応用、ネットワークの圧縮技術によるエッジAIの開発、自律エージェントのアルゴリズム開発とドローン等への応用に取り組み、基礎技術の開発から実ビジネスまでをつなぐ事業を行っています。

J-Startupにも選出され日本発の人工知能ベンチャーとして注目を集めています。

2018年8月には、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するプロジェクト「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発」の研究開発項目の1つである「革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に対してKDDI株式会社と共同提案を行い、採択されました。

出典:公式HP

資金調達

2016年8月にグローバル・ブレイン株式会社が運営するグローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合がアラヤに出資したことを発表しています。
出資金額は非公表でした。

会社概要

会社名 株式会社アラヤ
事業内容 深層学習・機械学習のアルゴリズム開発
アルゴリズムを応用したシステム開発
データ解析サービス及びコンサルティング
脳画像データの解析及びコンサルティング
所在地 東京都港区西新橋2−22−1 西新橋2丁目森ビル3階
設立日 2013年12月
代表 金井 良太
資本金 2億5,498万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ