ジョブカン労務HR

2.8

記事更新日: 2021/04/14

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

毎月1時間分の業務削減に成功

社員の入社や退職にともなう雇用保険の届出書を自動作成する機能があったり、社員が結婚した場合に扶養控除等申告書を自動的に作成する機能があります。これら機能のおかげで人事部社員の労働時間を、平均して毎月1時間減少させることができています。

悪い口コミ・評判

管理者がメモの閲覧権限が付与される

従業員情報のメモ機能は、管理者だけ閲覧可能となっている点がやや不便です。役員と一部の人事部社員だけが知っているべき極秘情報も存在するため、メモ機能の閲覧権限については柔軟な設定が必要と思います。

編集部コメント

「ジョブカン労務HR」は初めて労務管理システムを利用する人にお勧めです。導入実績はシリーズ累計100,000社以上と、かなり多くの会社で使われています。とにかく使いやすく、労務業務に不慣れな人でも書類作成から申請まで簡単に行うことができます。

労務管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

労務管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

ジョブカン労務HRだけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

ジョブカン労務HRの資料を請求
1. 従業員情報の一元管理

各種履歴からマイナンバー、さらにカスタマイズ機能情報を一元管理

2. あらゆる手続きの自動化

従業員情報から帳簿を自動作成し、提出までサポート。電子申請も可能です。年末調整にも対応。

3. 便利な機能で業務効率UP

TODOリストによる進捗管理やワンクリック捺印依頼など、各種機能で業務効率化をサポート

良い点

たった1分で無料アカウントが発行でき、導入が簡単にスムーズに行えます。30日間の無料お試し期間でじっくり検討可能です。無料トライアル終了後も、一部機能制限のある無料プランで継続利用可能。

悪い点

スマートフォンやパソコンを持っていない社員がいる場合には、管理者の代行入力が必要になります。社員の所持状況によっては工数削減メリットを感じられない場合も。

費用対効果:

従業員数5名までは月額0円の無料プランが利用可能。それ以上の従業員の場合は人数に限らずユーザー1名につき月額400円と、かなりお得です。

UIと操作性:

デザインが一貫してシンプルで誰にでも使いやすくなっており、複雑な設定をすることもできます。

サポート体制:

メール、チャット、電話で無料でサポートを受けることができます。

ジョブカン労務HRの3つの特徴

1. 欲しい従業員情報がすぐ見つかる

「従業員情報が多すぎる」「従業員情報があちこちに散らばっていて見つけることが難しい…。」そんな経験はありませんか?欲しい時に欲しい情報がすぐ見つからないと、業務がスムーズに行えませんよね。

そんな悩みも、情報が一元管理である「ジョブカン労務HR」であれば、欲しい情報をすぐ見つけることができます。


従業員情報一元管理のイメージ


クラウドサービスには常に最新状態の情報が保存されているため、迷わず情報を見つけることが可能で、人事情報履歴やマイナンバー、手続き情報など過去の情報もいつでも確認できます。

また、情報の収集も、従業員本人に入力依頼することで、管理者は入力された内容のチェックするだけでOKと非常に効率的です。

2. 労務管理以外のジョブカンシリーズと連携可能

ジョブカンシリーズでは、「ジョブカン労務HR」の他に「ジョブカン勤怠管理」「ジョブカン給与計算」を含む全6サービスを展開しています。


ジョブカン全6シリーズ


1つのサービスを利用するだけでなく、複数のサービスを併用することでより効果的なサービスを受けることができます。

ジョブカンシリーズでは、シリーズをより便利に利用できるジョブカン共通IDという共通アカウントがあり、ユーザーは1つのID/パスワードで全てのジョブカンシリーズにログインが可能です。管理者は全てのシリーズのユーザー情報を一括管理することができます。

「ジョブカン勤怠管理」「ジョブカン給与計算」「ジョブカン労務HR」の3つを利用する場合は、人事労務バリューパックがお得です。3つのシリーズが1つとなり、通常価格から1人当たり¥200OFFの特別価格で利用可能です。


人事労務パックの使用実例・流れ


3つのサービスはデータ連携を前提に設計されているため、手間がかからずにまとめて管理することができます。ボタン1つで連携可能で設定も簡単です。

3. 初期費用0円、追加オプション無の業界トップのコスパの良さ

「ジョブカン労務HR」では、従業員数に関わらず初期費用が0円で利用可能です。数名の会社でも、何千人規模の会社でも、等しく0円から始められるためかなりお得です。


ジョブカンシリーズ利用者へのお得プラン


従業員数50名以上の方、他ジョブカンシリーズご利用の方は、1ユーザーにつき特別料金でサービスを受けることが可能です。他のジョブカンサービスを併用することで、お得でより効果的なサービスが受けることができます。

ジョブカン労務HRの資料を無料ダウンロード

 

ジョブカン労務HRの料金プラン


 

上記の通り、ユーザ数1人あたり毎月 400円/月です。

400円で 全ての機能が使えるので、使いたい機能を追加してオプション料金がかかるという心配もありません。

5名までの規模の会社であれば、利用機能に一部制限はあるものの無料プランで利用することができます。その場合のデメリットとしては、過去にした手続きの履歴の保存期間が30日ということです。

有料プランでは従業員数は無制限であるため、従業員数が変動しても気にせずに利用し続けることができます。

初期費用は従業員数に関わらず無料なため、初めて労務管理システムを利用する人でも手軽に導入可能です。

場合によって解約 する必要が発生したときも、解約金・違約金は発生しないため、使った分だけの支払いでOK。気軽に使えます。

 
 

ジョブカン労務HRの導入実績

ジョブカン各サービスで連携できる機能が充実しており便利です
株式会社日本クラウドキャピタル様

労務管理については、1人の担当者が紙とエクセルで管理していました。しかし、従業員が増えるにつれて、情報の共有が難しくなってきました。労務管理は、内定者に事前に必要情報を入力・提出してもらうことができるようになったので準備の手間が省けるようになりました。これまで手書きだった書類を自動で作成できる機能や、契約更新者のアラート機能が便利です。

様々な勤務形態にも柔軟で、今の働き方に対応したシステムだと思います
株式会社 UNCOVER TRUTH 様

労務管理は、これまで年間30人程度 の新入社員の情報や既存従業員の住所変更、扶養家族の変更といった情報を手作業で入力していました。また、それをもとに様々な書類を作成するので、住所や番地 が間違っていた場合修正が非常に 面倒でした。

導入後は入社時に従業員自身にジョブカン労務HRに情報を登録 してもらい、その書類を私が確認するというダブルチェックの体制を作ったので、個人情報取得の精度が上がっていると思います。

また労務関連の相談を受けるときに私がオフィスにいなくても情報が全て見られるので、源泉徴収票が欲しい、給与明細が欲しいなど、いつどこで聞かれてもすぐに答えられます

※「ジョブカン労務HR」公式HP参照

ジョブカン労務HRの評判・口コミ

通信

51〜100人

1人の残業時間が月間20時間も減少

導入にかけている費用

イニシャルコスト:0円 ランニングコスト月額:約3万円

サービスの使いやすかった点をおしえてください。

社員の入社や退職にともなう雇用保険の届出書を自動作成する機能があったり、社員が結婚した場合に扶養控除等申告書を自動的に作成する機能があることです。

これらの自動作成機能があるおかげで、人事部社員の労働時間が平均毎月1時間減少できています。

不便だと感じた点をおしえてください。

従業員情報のメモ機能は、管理者だけ閲覧可能となっている点がやや不便だと感じています。

具体的には、男性管理職と女性管理職との間で不倫関係の時期があった場合には、従業員情報のメモに記載すべきですが、管理者に読ませても良いのか否か、判断に迷ってしまいます。

役員と一部の人事部社員だけが知っているべき極秘情報も存在するため、メモ機能の閲覧権限については柔軟な設定が必要だと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

他社にもおススメしたいと思います。年末調整の時期は、人事部の社員たちの残業時間がひとりあたり月間50時間にのぼっていたのが、このサービスを利用してから月間30時間に減少しました。ペーパーレス化することで、人事部社員の負担が大幅に軽減されます。

医療

251〜500人

交代勤務シフトがある場合は使いにくい

利用にかけている費用

250万円

サービスの使いやすかった点をおしえてください。

タイムカード打刻から勤怠集計までの労務管理を連動させ、給与計算までのデータ引用が可能です。多少手を加えることで、給与明細作成まで可能です。

不便だと感じた点をおしえてください。

病院などの交代勤務シフトがある場合、不規則パターンとなります。このデータ集計を実施すると集計ミス、時間計算ミス、システムエラーが生じます

勤務が固定化されている会社(日勤のみ)などは、使い勝手の良いシステムだと思います。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

アマノタイムカードリーダーとの連携になります。シフト的に複雑すぎなければ連携しやすいです。

他の会社にもおすすめしますか?

今は、クラウドシステムが一般的です。読み込み、判断、処理など複雑な勤務シフトでもしっかりとパターン化できるシステムがありますので、交代勤務シフトの問題がなければ、多少イニシャルコストが発生してもすすめます。

IT

51〜100人

ログインの度にIDとパスワードが必要

サービスの良かった点をおしえてください。

シフトなどをスムーズに行えるので非常に助かっています。休みの日程も、休みたい日にちをタップするだけで決められるので使いやすいです。

不便だと感じた点をおしえてください。

2019年の12月から、ログインをする度に毎回IDとパスワードを入力しなければならないのが不便です。

以前はスマホのホーム画面に短縮を入れて、それを押せばすぐ勤怠を打てたので、現在は本当に面倒です。

他の会社にもおすすめしますか?

今まで他のツールも使った事がありますが、シフトの申請は非常に楽なのでおすすめだとは思います。

IDパスワードの入力に関しては面倒ですが、出退勤時の勤怠管理に余裕が持てる人にはいいかもしれません。

IT

31〜50人

月に4~5回サーバーダウンでワークフロー申請できず

サービスの良かった点をおしえてください。

社内で作成されたExcelの使用から変更だったので経費精算も駅を入れるだけで自動計算してくれるなど、とても便利に感じました。ICカードと連携しているので、ほぼ自動で経費精算出来る状態でした。

不便だと感じた点をおしえてください。

ただ、サーバーの体制が非常に不安定でかなりの頻度でサーバーダウンによるログインができないない状況が起こります。その場合は出退勤も押せないどころかジョブカンでのワークフロー申請もできないので、とても不便に感じることはありました。頻度でいうと月に4.5回は必ず起こります。

他の会社にもおすすめしますか?

比較的にまだ大きくない中小企業では、そこまで必要性は感じないと思うのでおすすめしません。代用できる無料サービスをいくつか併用すれば同レベルの作業効率は出せそうです。

費用がいくらかかっているのかは不明ですが、費用対効果は高くないシステムだと個人的には感じます。

通信

2〜10人

休憩時間の管理が難しく中小企業向き

利用にかけている費用

月額:540円前後

サービスの使いやすかった点をおしえてください。

コストがとてつもなく安いわりに、残業時間の計算ができるのがものすごくいいと思います。もっと従業員が多くなればシステムを使いこなそうと思うでしょう。

不便だと感じた点をおしえてください。

深夜残業の表記が見にくく、有給などの休暇管理がわかりにくいです。

企業の休憩時間の昼休憩を一律1時間と設定することができますが、現在在宅勤務になっているので任意の休憩時間をわかりやすく使えたら便利だと思います。運用上、休憩時間の管理が難しいと思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

小規模の企業であれば安価なのでおすすめではあります。労務上の問題もそこまでないと思いますし、費用対効果はあるのではないかと思います。

ただ、規模がある程度大きい企業になると、使いにくいと思います。

サービス

51〜100人

定型シフトで使用するならおすすめ

サービスの良かった点をおしえてください。使いやすいと

スマホ打刻とタッチ端末へのICカードでの打刻が、どちらも選べることです。

スマホ打刻の場合、アルバイトさんで打刻漏れや店舗外での打刻が発生しましたが、タッチ打刻ではそれが激減しました。

不便だと感じた点をおしえてください。

全ての社員の働き方(働く時間・シフト)が定型であれば大きな問題は生じません。ただ、休みが違いシフトもバラバラな業態で使用することになったとき、月初にいちいち個人で振出振休変更・シフト変更作業を強いられる点は不便です。

店舗で働く社員は、自分のシフト(休日・早出遅出などの時間帯)を月初にジョブカンに反映させる作業を行なっています。

新入社員はミスも出やすく、間違えて申請したときに承認者へ取り下げ連絡が必要だったり、管理が非常に煩雑です。

他の会社にもおすすめしますか?

定型シフト(全員土日休み・9時〜18時が定時など)で使う限りは、おすすめできます。

管理画面は見やすいし、部署ごとに人員をソートできて検索性もよいです。店長が担当店舗スタッフの勤怠だけを確認できるようにし、本部担当者は全員分を見られるなど設定次第で自由な使い方が可能です。

スタッフとしても、休日出勤申請・有休申請など感覚的に分かりやすいです。

小売

11〜30人

打刻システム復旧に2時間かかった

サービスの良かった点をおしえてください。

良かった点は、各種申請がやりやすいところです。

私の会社では、残業申請、有給申請をジョブカンで行っています。ジョブカン導入前は、種類ごとに申請方法が異なっていたので、都度マニュアルを確認しながら申請を進めるのが面倒でした。

ジョブカン導入後は、申請欄が分かりやすかったので、一度行えば覚えてしまえるくらいでした。有給残日数の確認も、ページ1つで出来るようになりました。以前は総務に聞いていたので、非常に楽になりました。

不便だと感じた点をおしえてください。

朝(8:30~9:30頃)の時間帯は、ジョブカン自体が重くなってしまいます。打刻出来ないという日が1週間に2~3回以上ありました。

問い合わせしても緊急メンテナンスということで、解消されるのに最大で2時間ほど掛かっていました。ジョブカンは大手でも導入されてると聞くので、改善してほしいです。

まとめ

「ジョブカン労務HR」は、初期費用0円に加えてお得なプランで利用できるため、初めて労務管理を利用するという方に是非使って頂きたいサービスです。

「今までアナログでやっていたものをいきなりシステム管理は少し不安…」という方も、「ジョブカン労務HR」はシンプルで使いやすいため初めての方でも安心して利用できます。

日々の労務業務を自動化・効率化したい方、是非「ジョブカン労務HR」を検討してみてはいかがでしょうか?


画像出典元:「ジョブカン労務HR」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

労務管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の労務管理システム

労務管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ