UiPath

記事更新日: 2019/04/16

執筆: 編集部

編集部コメント

人手不足に悩む企業には、RPAの導入がお薦めです。ただ、RPAを利用するにあたりイニシャルコストが気になるところ。本当に必要か、使いやすいのかを事前にトライアルできるRPA「UiPath」をご紹介します。

RPAを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

RPAツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 業務プロセスを設計し自動化

ロボットが業務プロセスを記憶し、正確に人が実行したプロセスを再現。どのようなアプリケーションへの連動も可能。

2. プロセスを自動化し実行

無人でロボットのみの作業・半ロボットプラス有人作業など、タスクによって理想的な状態にセットし実行。

3. UiPath Orchestrator

複数のロボットが同時稼働する際、UiPath Orchestratorは作業進行を総括するサーバープラットホームとして活躍。

良い点

使いやすく、すぐに使えます。トライアルがあるので実際に使って使いやすさを実感できます。

悪い点

単純作業が簡単にロボットで処理できてしまうので、その作業が本当に必要かどうかを考えなくなり、無駄な作業が増える可能性があります。

費用対効果:

無料プランでしっかり使い方を理解してから導入でき、最小限のシステムから始められるため、予算に合わせられます。

UIと操作性:

利用者はPCのアマチュアであるという認識から、使いやすさを追求した製品開発をしています。

社外連携:

ERP、CRMとも連携しており、スムーズに処理が可能です。

他言語対応:

カスタマーサービス、利用方法ビデオなど全て日本語に対応しています。

知名度:

米国ではトップを誇り、世界各国でも知名度が高い企業です。

UiPathの3つの特徴

1. どのようなツールか気軽に試すことができる

「UiPath」の最大の特徴は、無料のトライアルが2つ用意されており、気軽に使い始められることです。


2つのトライアルプラン


1つは、小規模企業・個人・非営利団体が無料で使える「UiPath Community Edition」です。将来的に企業で使うとしても、個人でトライして使いやすさを確認できます。年商5億円以下の企業の場合はこちらでOKです。

一方「UiPath Enterprise RPA Platform」はより大企業向けのトライアルです。

どちらもUiPath Studio, UiPath Robot, UiPath Orchestratorと全ての製品を試せます。ただし、カスタマーサービスは有償サービスの契約者のみです。

企業向けのトライアルは最大60日間使用できるため、使いやすいかどうかがよくわかります。

2. 操作が簡単な開発ツール

「UiPath」は、他のRPAと比べても使いやすいツールです。取扱説明書を熟読しなくても、直感的に操作できます。ワークフローにドラッグ&ドロップするだけで簡単です。


様々な作業を自動化


ロボットは毎日の作業を学習していき、さらに簡単に作業できるようになります。ロボットは人と同じように「目」で認識し、学んでいきます。ロボットの学習能力が高いことも特徴です。

最初は必要最小限から始め、少しずつプランを拡大していくことも可能です。「UiPath」のツールはオープン性があり、テンプレートを利用して、豊富なライブラリーから快適に設計できます。そのため、不必要な機能を無駄に取り入れることもありません。

それぞれの業種・企業によって最も効率的な方法で取り入れられ、状況の変化に応じてロボットがもっと必要になった場合も拡張がスムーズです。

3. 高性能な頭脳

「UiPath」のロボットは、迅速で正確に機能し、SAPやCitrixといったワークフローを把握し処理していきます。ローカルだけではなくクラウドまで、またあらゆるアプリケーションからOCR技術まで対処できます。


高いビジョン


そのため、RPAを取り入れてもほとんどの場合、自動化は70%にとどまると言われますが、「UiPath」は、99%もの自動化が可能です。

迅速に稼働するロボットが増加してもUiPath Orchestratorに全てのデータが格納され、問題が起こったとしてもすぐに解決できるシステムが整っています。

料金プラン

開発ツール1台、デスクトップ向け実行環境1台の最小構成で、年間費用は52万円からです。

評判・口コミ

テストの自動化ツールからRPAを知り3製品を比較検討してUiPathを選んだ
ミツエーリンクス様

価格面やインターフェイスの洗練度からUiPathを選びました。国内外の導入事例の多さも決め手でしたね。海外にもお客様がいるので、グローバルに対応していることは重要でした。事務系の業務でも制作系の業務でもすぐに活用できると思いました。

働き方改革の成功の次にくるのは限られた時間の有効活用
伊藤忠商事様

UiPathの本格稼働が始まり半年もすると、様々な部署で徐々に成果が現れた。2019年1月現在、稼働するロボットはカンパニー特有のものから共通化するものまで69業務、83ロボットにもなる。

※「UiPath」公式HP参照

まとめ

多くの企業が抱えている悩みが人手不足です。これからはロボットができることはロボットに任せる時代。しかし、ロボットを利用するためのハウツーを覚える時間やメンテナンスはコストとなります。

その点、「UiPath」は使い方が簡単で、最小限から始められます。ロボットは優秀で認識が速いので、ロボットを少しずつ増やしてもすぐにワークフロー化を進められます。無料トライアルで使い方を学べるため、業務への導入がスムーズです。

少人数の企業から大企業まで、規模に合わせて利用できます。成長しつつある企業は成長に合わせてロボットの数を増やせば、効率よく利用できるでしょう。

画像出典元:「UiPath」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

RPAの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のRPA

起業ログが厳選するRPA
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ipaSロボ
RaQubo
RoboTANGO
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ