Pega RPA

記事更新日: 2019/04/06

執筆: 編集部

編集部コメント

オフィス業務にもロボットの作業を導入することで、業務の効率化がはかられます。Pega RPAは、単純作業と人間にしかできない業務とを連携し、ロボットと一緒に作業をしていく未来的オフィスの実現が可能です。

RPAを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

RPAツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. Pega Robotic Desktop Automation

必要な作業が自動化でき、仕事をスピードアップ。

2. Pega Robotic Process Automation

繰り返す単純作業をロボットがすることで、正確に作業が進みます。

3. Pega’s workforce intelligence bots

従業員がどのように仕事をしているか把握し、効率化するためのヒントが得られます。

良い点

自動化されたルーティンワークと人間業務の共同作業が可能で業務の効率化が叶います。

悪い点

Pega RPAの特徴であるBPMとの連携ですが、まだ改善途中です。

費用対効果:

費用は非公開ですが、BPMとの連携もあるため簡単なルーティンワークのみを考えている企業には高価です。

UIと操作性:

業務別に設計されたアプリケーションもあり、操作性は良いです。

社外連携:

労働の未来も考慮に含まれた設計で連携可能です。

多言語対応:

「Pega RPA」を提供するPegasystems社は世界38カ国で事業展開しているため、アジア各国語を含めた多言語対応。

Pega RPAの3つの特徴

1. BPMS機能と連携することが簡単

「Pega RPA」の最大の特徴、それは「BPMS機能」との連携ができること。BPMSとはビジネスプロセス・マネジメントシステムのことで、業務を可視化し自動化するツールです。

Pegasystems(ペガシステムズ)社はマサチューセッツ州ケンブリッジを本拠地に置く会社で、ソフトウェア開発の企業です。主にBPMSや顧客管理システムであるCRMを扱っています。BPMS分野ではアメリカ合衆国でもトップといわれる企業です。


Pega BPM で業務プロセスを最適化

 

近年、RPAを取り扱う企業を買収し、RPA市場に飛び込んできました。そのため、もともとのBPMSをRPAと連携し、業務の効率化を図ることを得意としています。

簡単な繰り返し作業をするだけではなく、ソリューションを考え、最適な情報をただちに見つけてくれるでしょう。

2. ルーティンワークを削減し、コストダウン

次に紹介する「Pega RPA」の特徴、それは業務プロセスの最適化。「Pega RPA」を導入することで、今まで従業員が手動で行っていた作業を迅速にかつミスなく実行します。 


日常業務の自動化


「Pega RPA」はトランザクション処理機能を有しているため、365日24時間休みなく作業を繰り返します。そのため、ルーティンワークから完全に解放されます。従業員が苦痛に感じる繰り返しの単純作業から解放されるだけではなく、ミスがなくなるため、最初から同じ作業をやり直すことによるコストを削減可能です。


仕事を賢くスピードアップ


従業員はよりクリエイティブな仕事に集中できるため、やりがいを感じやすい環境が整い企業の発展につながります。

3. 導入作業が簡単

「Pega RPA」の特徴3つ目は、「ビルトの簡潔化」です。Pegasystems社独自のノーコードオーサリングにより、構築し実行するのが簡単。導入することでルーチンワークの簡潔化が進むとしても、システムが複雑では将来問題が起きる場合もありますが、そういった不安がありません。


将来のために有効な結果が得られる


他の機能と連携したい場合でも新たに構築のサポートを必要とせず、作業の自動化、簡素化を進められます。将来のハイブリッド・ワーク・プレイスに備えていくためにも、操作が簡単であることは必須条件です。

業種別にアプリケーションが設計されているため、さらに導入作業がスムーズです。金融サービス業、ホテルなどの接客業、公共サービス事業など細かく業種を分けてアプリケーションを提供しています。


業種別に設計されたアプリケーション

 

料金プラン

金額については、公式HPよりお問い合わせください →公式HP 

30日間の無料トライアルで機能や使い方がわかります。

評判・口コミ

Radial が自社のコンタクトセンターを最適化
Radial 社様

これまで 2 分 30 秒から 3 分もかかっていたプロセスは、自動化により 30 秒未満にまで短縮されました。通常エージェントは20〜30の異なるシステムを扱います。そんな複雑な状況も切り抜けられるのです。ロボティックスの導入で、開く参照画面の数が減りました。

従業員の効率を最適化
Link Market Services 様

弊社のビジネスをより適切に把握することにより、お客様のニーズも、弊社の従業員に適したオートメーションの実装目標も定めることができ、最大の効果を上げることができました。

※「Pega RPA」公式HP参照

まとめ

「Pega RPA」の最大の特徴はBPMSやRPAと連携できること。従業員はまるで自分の秘書を持っているかのように、快適に仕事ができます。顧客からの問い合わせ時もすぐの相手のデータをピックアップし、正確に対応します。

ただタスクをしてくれるRPAではなく、共に業務に当たる同僚レベルのロボットとして共同作業が可能です。PCの画面上で何種類ものアプリを開き、検索する時代は終わろうとしています。

Pegasystems社は未来の業務システムを想像しながら新しいシステムを次々と開発しているため、これからさらに「Pega RPA」は改良されていくでしょう。他のRPAとの差別化も楽しみなところです。

画像出典元:「Pega RPA」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

RPAの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のRPA

起業ログが厳選するRPA
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ipaSロボ
RaQubo
RoboTANGO
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ