Robotic Crowd

記事更新日: 2021/06/08

執筆: 編集部

編集部コメント

Robotic Crowdは、Web上の自社製品に対する口コミを収集してExcelに一括保存したり、勤怠管理や会計業務、顧客のデータ管理など、幅広い社内業務を自動化できるクラウド型RPAです。
基本操作は、①アクションをドラッグ②URL等を指定③実行ログを確認の3ステップで完了SaaSの為、ソフトのインストールも不要で導入もスムーズで運用しやすいというのが大きなメリットです。
活用の幅が広いとの口コミもあり、利用シーンは多岐にわたります。14日間の無料トライアルがあるので、お試ししてから利用したい、初めて導入するという企業にはおすすめです!

RPAを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

RPAを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

Robotic Crowdだけ知りたい方はこちら

Robotic Crowdの資料を請求
良い点

メール送受信やレポート送信、勤怠管理や会計業務、顧客のデータ管理など、幅広い社内業務を自動化できるRPAです。3ステップの簡単な操作性と万全なサポート体制により初めて利用する企業でも運用しやすいです。

悪い点

サポートはメール/チャットの対応となっており、電話でのサポートには対応していません。

費用対効果:

14日間の無料トライアル(機能制限なし)が用意されています。利用料金については見積もりが必要です。

UIと操作性:

基本操作は①アクションをドラッグ→②URL等を指定→③実行ログを確認の3ステップで完了するので、誰でも扱いやすい操作性です。

セキュリティ:

VPN接続・固定IPによる社内ネットワークのセキュリティを安全に保持。

サポート体制:

チャットによる問い合わせ対応のほか、RPAを代理構築するサポートもおこなっているので、初めての導入でも安心です。

20秒でチェック!Robotic Crowdでできること

  • Web上の情報を収集し、必要なデータをスプレッドシートに自動で保存
  • 複数のECサイトのデータ登録は、更新情報を自動でアップロード
  • 顧客情報を外部システムと連携すれば、自動でリード登録&取引先の情報を反映できる


以上のように、情報収集した膨大なデータの一括管理や複数のWebサイトへの最新データの自動更新はもちろん、顧客管理システムとしても活用できる便利なRPAです。

上記の機能以外にもおすすめポイントがあるので、次の章で詳しく紹介していきます!

Robotic Crowdの3つの特徴

1. 誰でも使いやすい操作性と充実した機能

業務効率化のためにRPAを導入したいけど、「使い方が難しそう…」と導入を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

Robotic Crowdは、ユーザーの操作を画面上で捉えてロボットに命令を依頼することで簡単に業務を自動化できます。

ブラウザの操作画面から、①アクションをドラッグ→②URL等を指定→③実行ログを確認、のたった3ステップで完了するので、PC操作が得意でないユーザーでも使いやすいUIになっているという点は嬉しいポイントです。



3ステップでロボットに命令を依頼

 

Robotic Crowdで自動化できる業務例としては、以下の通りです。

Web上の情報収集:Web上の自社製品に対する口コミを収集してExcelに一括保存。
求人サイトに関する業務:求人サイトに掲載の自社ページから応募した求職者に対し自動返信。
社員の勤怠管理:出勤/退勤時の打刻漏れチェック、残業が多い社員へのアラート通知。
交通費の精算業務:交通費の集計/チェックを自動で行い、会計システムに反映。

この他にもメールの送受信/顧客へのレポート送信/反社チェックなど、活用シーンは多岐にわたります。

また、SaaSの為ソフトウェアのインストール不要でブラウザから利用できるので、導入もカンタン・運用がスムーズという点も他社サービスと比較した場合の大きなメリットといえるでしょう。

さらに、従来のRPAのようにRPAのためだけにPCが占有されることはないので、PCを閉じていたり、土日や夜間でも起動することができます。



 

2. 連携機能が豊富なので導入しやすい

操作性の次に心配となるのが、「現在利用しているツールとの相性(連携機能)」ではないでしょうか。

Robotic Crowdはその点もクリアできているという点が大きなポイントです。

APIでの接続だけでなく、VPNを経由した社内システム操作など多彩なシステムとの連携が可能です。

たとえば、クラウドストレージサービスの「Box」、チャットツールの「Slack」、「Gmail」・「スプレッドシート」、オブジェクトストレージサービスの「S3」(AWS)などがあります。

すでに上記のツールやサービスを利用している企業でRPAの導入を検討しているのであれば、Robotic Crowdはおすすめです。



連携できるツール・サービスも豊富

 

3. 初めてでも安心のサポート体制

初めて導入する企業では、導入準備や運用について不安な面があると思います。

Robotic Crowdは、チャットによる問い合わせ対応のほか、RPAを代理構築するサポートもおこなっています。

サポート内容としては、運用ガイドラインの整備、RPA運用支援、保守サービス、教育計画作成・実施、各種ITのツール連携支援など、多岐にわたります。

専任の技術者と連携しながらコンサルティング支援をしてもらえるので、自社に最適な運用プランを提案してもらえるでしょう。

打ち合わせを実施した企業に対しては、全機能が利用できる14日間の無料トライアルが用意されているので、導入を迷っている企業でも安心してお試し利用できます。

導入までの流れ

 
 

Robotic Crowdの資料を無料ダウンロード

 

Robotic Crowdの料金プラン

14日間の無料トライアルが機能制限なしで利用できます。

企業規模や業務内容によって利用料金が異なるため、見積もりが必要です。

Robotic Crowdの資料を無料ダウンロード

 

Robotic Crowdの評判・口コミ

年間1500時間の工数削減を実現
人材業界 2,000名規模

購買時の新規取引先登録の業務フローの一部にRPAを取り入れたことで、年間1,500時間ほどの工数削減ができ、登録完了までのスピードも増しました。導入の決め手となったのは、「設定の自由度の高さ」と「オペレーションの精度の高さ」です。もちろん、価格的な魅力もありました。現状では、費用は月額30万円程度で、フルタイムの社員50名分ほどの労働時間を浮かせられることが出来ています。

活用の幅が広く使いやすい
IT業界 100名規模

自動化ツールは昨今沢山ありますが、ものによって、できること・できないこと・向き・不向きの違いがある中、Robotic Crowdが対応できるものの幅が一番広いと思います。業務の自動化をしてツールを運用していく中で、他のツールの方が向いていると判断した時は切り替えることもありますが、そういうものが10のうち1つか2つあるとしても、その10の全てに横断的に活用できるのはRobotic Crowdならではです。

※「Robotic Crowd」公式HP参照

まとめ

「Robotic Crowd」はWebサイト上の情報の一括収集、勤怠管理、経費処理、顧客管理など、幅広い業務を自動化したいという企業におすすめのクラウド型RPAです。

初めて導入する企業でも、使いやすいUIなので、導入後の運用もスムーズにいくでしょう。

導入や運用に不安がある場合は、専任の技術者と連携しながらコンサルティング支援をしてもらえるので、安心です。

14日間の無料トライアルがあるので、お試し利用してみたいという企業にもおすすめです。

Robotic Crowdの資料を無料ダウンロード

画像出典元:「Robotic Crowd」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

RPAの資料を一括ダウンロード

その他のRPA

RPA
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ