Hubble

記事更新日: 2024/05/20

執筆: 編集部

編集部コメント

契約書の一元管理&業務フローの効率化に最適

Hubbleは法務ドキュメント業務を効率化する契約書管理クラウドサービスです。

作成した書類の管理や共有を効率化することで法務作業の生産性を向上します。

誰もが簡単で使いやすい操作性に定評があるため、法務担当者だけではなく、事業全体で使えるサービスと言えるでしょう。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

契約書管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする18サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

クラウドサインやSlack、ジョブカンワークフローと連携させることで、業務効率化の実現だけでなく、在宅ワーク推進にも活用できます。

悪い点

Wordファイルに特化したツールです。

費用対効果:

利用人数に合わせてプランを選ぶことが可能です。

UIと操作性:

バージョン管理機能や差分抽出など、ファイルを管理するうえで面倒だと感じていたことを自動で行います。

社外連携:

クラウドサインやSlack、ジョブカンワークフローと連携可能です。

Hubbleの特徴3つ

1. 誰もが使いこなせるUI/UX

Hubbleの操作画面は、フォルダ一覧・ファイル編集スペース・ドキュメントリストのたった3画面のみとなっています。

Word、Google Docsといった普段活用しているツールの操作方法に似ているため、習得に割く時間は不要です。

あらゆる部署の誰もが使いこなせるUIデザインのため、工数削減にも役立ち、スムーズな導入が可能でしょう。




操作画面はたった3つ
 
 

2. 多様なAPI連携が可能

契約書の一元管理に必要な業務コミュニケーションも、Hubbleならまとめて連携することが可能です。

また、クラウドサインなどの電子契約サービスと連携することで、ワンクリックで締結まで完結することができます。




今使っているツールと連携ができる
 

3. 定着まで見据えたサポート体制

Hubbleは、導入に向けた準備段階から運用後の定着まで、丁寧なサポート体制です。

手厚いサポート内容もあり、継続率は99.9%(※2023年1月時点)と高い評価を受けています。

様々な業界経験者が在籍するカスタマーサクセスにより、不明点があってもすぐに解決できるでしょう。

運用から定着まで徹底サポート

 
 
 
 

Hubbleの料金プラン

Hubbleでは、料金プランの詳細は公開されておりません。

しかし、無料トライアルの提供がされているので、導入前に実際の使用感を試すことができます。

詳しくは、以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

資料請求リストに追加する

Hubbleを導入すべき企業

Hubbleは以下のような企業におすすめです。

  • 契約書レビュー業務を効率化したい企業
  • 契約書業務におけるナレッジを蓄積したい企業
  • 契約書業務で起こるコミュニケーションを円滑にしたい企業
  • 紙、電子とバラバラになっている契約書を一元管理したい企業
  • 自社独自の契約書台帳を簡単にかつ、低コストで構築したい企業

 

Hubbleの導入事例

作成管理を効率化! 業務の引継ぎにも便利
株式会社PR Table

Hubbleではバージョンごとにコメント機能があります。Hubbleに弁護士の方をインバイトすればドキュメント上にコメントを残すことができるので、簡単にコメント管理を統一することができます。バージョンとコメントが紐づき、資料の分散が解消されたことで、業務がやりやすくなりました

月300件のメールから解放
カシオ計算機株式会社

Word内の差分の比較が楽になりました。相手方とのやりとり回数が重なるといつの履歴なのかがわかりづらくなります。前回のファイルをメールから引っ張り出して、今回のファイルと比較して、レビュー担当者に依頼をしたら、同じことをその担当者もやる。更にこれを毎回やるとなると相当な手間ですが、Hubble(ハブル)を入れてからは一切なくなりました。弊社のやり方にはとてもマッチしていて、業務効率化につながったと思っています。 

Hubble導入で、課題は漏れなく解決
AI inside 株式会社

バージョン管理の課題は、かなり解消されました。Hubbleで確認すれば、バージョン1,2,3と積み上がっているのが確認できるので、今まで何がどの順番で変遷していったかがすぐわかります。

*「Hubble」公式HP参照

まとめ

この記事ではHubbleの特徴・評判・料金を解説しました。

誰にでも使いやすいシンプルな操作性から、契約業務に関わる全ての方へおすすめのサービスです。

契約業務の効率化には、事業部門側の負担をできるだけ軽減した対策が必要となりますが、Hubbleの特徴でもある、slack、Gmail、電子契約サービスなどとAPI連携することで、業務工数を増やさないシームレスな作業環境を実現します。

煩雑になりがちな法務書類の管理を効率化させたい、紙と電子契約書をクラウド上で一元管理したいと考えている企業にはとにかくおすすめのサービスといえるでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「Hubble」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

契約書管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
契約書管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ