株式会社TBMの決算/売上/資金調達を調べ、今後の展望を徹底調査

記事更新日: 2019/06/10

執筆: 編集部

資金調達額100億!地球を救う新素材LIMEXを開発する、「TBM」の資金調達およびIPO展望について

決算公告

株式会社TBMはまだ上場しておらず、決算情報は公表していません。

 

累計資金調達額は100億円超え!

地球規模での重要課題である、プラスチックゴミの海洋汚染。

2019年6月に大阪で開かれるG20サミットの議題にも挙がります。

この問題を解決する為に、プラスチックの代替素材であるLIMEXを開発したのが「株式会社TBM」です。

TBMは2018年11月15日に、伊藤忠商事、ゴールドマンサックス、大日本印刷、凸版印刷、三菱鉛筆やフランスベッドホールディングスなどの名だたる企業から総額31.2億円の資金調達を行い、更に19年3月にはSBIグループ、三洋化成工業、JR東日本傘下のベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資で、15億5,000万円を調達しました。

2011年に創業したTBMの累計資金調達額は現在100億円を超えています

では、脱プラスチックを目指す社会で大きな期待を担う「LIMEX」とはどんなものなのでしょう?

LIMEXとは

1

紙の代替として

通常、普通紙 1 トン生産する場合、樹木を約 20 本、水を約 85 トン使いますが、LIMEX は原料に木や水を使用せず、石灰石 0.6~0.8 トンとポリオレフィン約 0.2~0.4 トンから LIMEX の紙代替製品(LIMEX シート) 1 トンを生産出来ます。淡水の入手が難しいサウジアラビアなどが関心を寄せているそうです。

2

プラスチックの代替として

従来のプラスチックの原料は石油由来樹脂 100%であるが、LIMEX は主原料が石灰石であり、石油由来樹脂 の使用量を大きく削減しました。

3

資源としての石灰石の豊富な埋蔵量

日本でも 100%自給自足できる資源であり、かつ世界各地の埋蔵量も豊富で、ほぼ無尽蔵に使用が可能です。

資金調達の目的

2018年の第三者割当増資により、

  • 国内における生産量拡大および商品競争力強化のための量産工場(多賀城工場、2020 年竣工予定)の立ち上げ
  • 海外での事業展開を加速するためのマーケティング
  • 人材採用
  • 研究開発や共同開発

などに対する積極的な投資を実施しているようです。

また、年産6000トン規模の白石蔵王工場(宮城県白石市)を操業しており、20年に操業予定の多賀城工場(宮城県多賀城市)も合わせて、LIMEX製品の量産を図ることでコスト競争力を増すとのこと。

代表の山崎氏は海外の提携先企業と、LIMEXの生産委託に向けた協議を進めており、2019年内にも海外生産を開始する予定だそうです。

LIMEX のコア技術を保有するTBMと、関連領域で豊富な知見や開発・販売リソースを有する大手企業が、連携することでLIMEX の加速度的な成長を目指しています。

<第三者割当増資の引受先>
伊藤忠商事株式会社/ゴールドマン・サックス/新生企業投資株式会社/大日本印刷株式会社/ディップ株式会社/凸版印刷株式会社/フランスベッドホールディングス株式会社/三菱鉛筆株式会社

2021年のIPOを視野に

具体的な売上高は非公開としたうえで、国内外での量産開始により来期(20年12月期)の売上高は今期比で約5倍に増える見通しです。

21年のIPOは、投資家への流動性提供や企業の知名度向上のほか、資金調達の柔軟性を高めることが狙いのようです。
今後IPOにつながる成長に期待できそうです。

【メディア露出・受賞歴等】

  • NHK総合「NHKニュース おはよう日本」で特集
  • 読売、毎日、日経、朝日、東京、日刊工業新聞掲載
  • 日本政府広報室発行の国際広報誌 Highlighting Japan 1月号掲載
  • グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク会議主催「第18回GSC賞」において「ベンチャー企業賞」を受賞

出典:公式HP

会社概要

会社名 株式会社 TBM
事業内容 LIMEX 及び LIMEX 製品の開発・製造・販売
所在地 東京都中央区銀座 2-7-17-6F
設立日 2011年08月
代表 山﨑 敦義
資本金 107億4,480万円(資本準備金含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ