株式会社コプロ・ホールディングスの決算/売上/経常利益を調べ、IR情報を徹底調査

記事更新日: 2019/07/09

執筆: 編集部

祝マザーズ上場!人材不足が深刻な建築業界への派遣で大幅増益!「コプロ・ホールディングス」の通期決算

2019年3月期 通期決算

  • 売上高:108億1,900万円(前期比+20.7%)
  • 営業利益:13億4,400万円(前期比+50.3%)
  • 経常利益:13億3,600万円(前期比+51.1%)
  • 当期純利益:9億3,800万円(前期比+54.4%)


2019年3月期 通期の業績は、前期に対し大幅な増収増益となりました。

株式会社コプロ・ホールディングスは、コプログループの管理・運営を行なっており、主に建設エンジニア専門人材派遣の「コプロ・エンジニアード」などの事業を展開しています。
2019年3月19日に、東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。

コプロ・ホールディングスが主力とする人材派遣業界においては、国内の労働人口が減少しており、多くの業界が人材不足に陥っているため、需要は活況となっています。

特にコプログループの主要顧客が属する建設業界では、高齢化・若手不足が顕著で、人材不足は深刻です。

このような事業環境のもと、新規2支店(4月より金沢支店、10月より名古屋第二支店)の開設、配属人員数の増加、及び前連結会計年度に引き続き、派遣先へのチャージアップ(派遣技術社員一人当たりの売上単価の向上)の交渉を推進。

また、付加価値の高いエンジニアとなり得る人材の確保のため、派遣技術社員による知人紹介の推進、有料媒体での募集等、採用強化を推進し、新卒採用にも力を入れた結果、当連結会計年度の業績は、売上高108億1,936万円(前年同期比20.7%増)、営業利益13億4,486万円(同50.3%増)、経常利益13億3,663万円(同51.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益9億3,886万円(同54.4%増)と大幅な増収増益となりました。

なお、コプロ・ホールディングスは「建設技術者派遣事業」の単一セグメントであるため、セグメントごとの業績はありません。

2020年3月期 業績予想

  • 売上高:131億3,700万円(前期比+21.4%)
  • 営業利益:14億9,300万円(前期比+11.0%)
  • 経常利益:14億8,900万円(前期比+11.4%)
  • 当期純利益:9億7,500万円(前期比+3.9%)


2020年3月期の連結業績予想は、前期に対し増収増益を見込んでいます。

建設需要につきましては、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック以降もリニア中央新幹線関連、都市再開発プロジェクト関連工事など、今後も引き続き堅調な需要が見込まれています。

一方、依然として大手資本をはじめとする競合各社との競争の激化が想定されています。

このような状況を踏まえ、コプロ・ホールディングスは、新規支店の開設、チャージアップによる派遣技術社員一人当たりの売上単価の向上、業界未経験者に対する教育の強化、及び配属後のアフターフォロー強化による派遣技術社員数の増加を図っていくとのこと。

また、プラント向け技術者派遣については、東京・名古屋・大阪に専門の支店を設置し、積極的に事業を展開していく方針です。

コプロ・ホールディングスの事業内容

2006年10月、建設エンジニア専門人材派遣の「株式会社コプロ・エンジニアード」を設立。
本社を名古屋に構え、東京・大阪・福岡・札幌・仙台など全国11拠点を展開しています。

2015年5月、ホールディングス(持株会社)体制に移行し、2019年3月に、東京証券取引所マザーズ市場・名古屋証券取引所セントレックス市場に株式上場しました。

「コプロ」の社名由来は「応えるプロ、コプロ」。
高い志を持つプロフェッショナルな組織として一丸となり社会へ応えていく、という想いが込められています。

コプロ・ホールディングスは、社会貢献活動として「夢建設プロジェクト」を実施しています。
コプロオリジナルの小学生向け課外授業プログラムで、グループワークを中心に、建設業について楽しく学べる内容を実施。
毎年1,000名以上の子どもたちが参加しています。

画像出典元:「株式会社コプロ・ホールディングス」決算説明資料

 

 

第12期決算公告(19年2月更新)

第12期決算は

  • 売上高:89億6,268万円
  • 経常利益:8億8,475万円
  • 当期純利益:6億819万円

となっています。

コプロ・ホールディングスは、建設エンジニア専門の人材派遣会社「コプロ・エンジニアード」を運営しています。
大手ゼネコンをはじめ多くの建設企業に人材提供を行っており、全国11拠点を展開しています。

マザーズ上場へ

2月13日株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されました。
2019年3月19日に上場予定です。

出典:公式HP・有価証券届出書

会社概要

会社名 株式会社コプロ・ホールディングス
事業内容 建設エンジニア専門の人材派遣会社「コプロ・エンジニア―ド」運営
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング27F
設立日 2015年5月
代表 清川 甲介
資本金 3,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ