株式会社ピースオブケイクの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/10/28

執筆: 編集部

クリエイターが活躍できる場を創る!cakesやnoteを運営する「ピースオブケイク」の第7期決算

第7期決算公告

  • 当期純利益:△9,312万円
  • 利益剰余金:△1億1,425万円

となりました。

第6期に続き9,312万円の最終赤字となりました。

2019年1月末から8カ月で月間利用者数が倍増し、9月に2000万人を超えました
メディアと連携してクリエーターを支援するサービスで利用者を伸ばしました。

UUUMと資本業務提携

2019年7月ピースオブケイクとUUUMは資本業務提携契約を締結しました。
クリエイターの支援を行ってきた2社が提携することで、両社の得意領域を活かして、クリエイターが活躍する場やサポート領域のさらなる拡大を目指します。UUUMクリエイターが創作活動をする場をnoteにも広げ、noteクリエイターの活動サポートをUUUMにも協力してもらうことを想定しています。

業務提携の第一弾として、noteで活躍するクリエイターのグッズをUUUM運営のオンラインストア「MUUU(ムー)」で販売します。

メルカリでデータをもとにした事業戦略立案の経験を持つ樫田氏をグロース戦略顧問として迎えました。
ピースオブケイクが従来から強みにしてきたクリエイティブやデザイン志向に加え、データを元にしたインサイトを統合しプロダクト開発や経営の精度を高めていくことを目的としています。

 

第6期決算公告(2018年10月更新)

  • 当期純利益:△1億3,565万円
  • 利益剰余金:△4億8,999万円

第6期目は1億3,565万円の最終赤字となりました。

ピースオブケイクは、週150円・月500円で2万本近い記事が読み放題のサービス「cakes」と個人が作成したコンテンツをファンに販売するサービス「note」を運営しています。

画像出典元:「ピースオブケイク」公式HP

主な収益源としては、cakesの課金代とクリエイターがnoteで得たコンテンツ売上のうちの手数料と考えられます。

代表の加藤貞顕氏は「インターネットメディアの最大の課題は収益性」といっており、収益が見込めないことで面白いコンテンツが世に出回らなくなることを危惧しています。そこで、noteではクリエイターの収益源になるようにコンテンツを販売できるようにしました。

また、日経新聞と連携してクリエイターが活躍できる場を提供するプラットフォームとしても領域を拡大しています。

日本経済新聞社と業務提携

ピースオブケイクは2018年7月30日に日経新聞社からの資金調達を受け、業務提携を結びました。両社はnoteのコンテンツを日経新聞に寄稿したり、イベントやセミナーを実施していくと発表しています。

今後もさまざまなパートナーと組むと考えられるので、注目していきたいです。

過去には2ヶ月で3件の資金調達を実施

2016年12月から2017年1月の間に、電通・TBS・イードを引受先として第三者割当増資を行っています。いずれも増資額は非公開です。

  • 電通デジタル・ホールディングスが運用する、電通デジタル投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資(2016年12月15日)
  • TBSイノベーション・パートナーズ合同会社が運営するファンドを引受先とする第三者割当増資(2017年1月10日)
  • 株式会社イードを引受先とする第三者割当増資(2017年1月30日)

出典:公式HP

会社概要

会社名 株式会社ピースオブケイク
事業内容 デジタルコンテンツの企画、制作、配信
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル6F
設立日 2011年12月8日
代表 加藤貞顕
資本金 4億9,138万円(資本準備金も含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ