株式会社FiNC Technologiesの決算/純益/活動内容を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/10/17

執筆: 山中勝輝

大手企業17社から総額55億円を調達!今大注目のヘルステックベンチャー「FiNC Technologies」の第6期決算

第6期決算公告

※2018年9月に社名を「FiNC」から「FiNC Technologies」に変更

FiNC Technologiesの第6期決算は

  • 売上高:7億4,671万円
  • 営業利益:△23億713万円
  • 経常利益:△23億1,881万円
  • 当期純利益:△25億8,212万円
  • 利益剰余金:△42億7,485万円

となりました。

売上高が7億4,671万円に対して売上原価が11億7,337万円のため、売上総利益がマイナスになっている点に注目です。売上原価に計上された費用は発表されていませんが、経営的に厳しい状態にあるのは間違いないでしょう。

決算が発表された2018年4月24日には資金繰りが心配されましたが、その後大型の資金調達を実施しました。

新たに総額55億円を調達

FiNC Technologiesは2018年9月20日に総額55億円の資金調達を実施。累計資金調達額は100億円を超えました。

約25億もの最終赤字を計上している同社がこれだけ大型の資金調達ができたのは、今後の成長が期待されているからでしょう。第三者割当増資の引受先には、ロート製薬、日本電気、第一生命保険など大企業17社が名を連ねています。

さらに、引受先の企業と業務提携を結んでおり、帝人フロンティアはウエアラブルデバイスから得られる睡眠情報を、FiNC Technologiesが保有するAIチャットボットで処理することにより、スマートフォンのアプリを通じてAIや専門家からの指導を受けられるパーソナライズAIサービスを開発する予定です。

さて、FiNC Technologiesは調達した55億円を何に使うのでしょうか。

使用目的は主に2つあります。

1

マーケティング・プロモーション

1つ目の使用目的は、ダイエットアプリ「FiNC」の認知度拡大・ユーザー獲得です。ユーザー数が増えることで蓄積されるデータも増えるので、サービスの質向上や新たなビジネスモデルを組むことできます。

2

プロダクト開発

もう1つの目的は、運動、栄養、睡眠領域における行動変容のためのAI開発や家庭向けデバイスの開発です。インターネットの発達で1人のトレーナーが指導できる人数が増えたことにより、自宅でもトレーニングできるデバイスを開発していくと見られます。

200万ダウンロード数を突破

画像出典元:「FiNC Technologies」公式HP

2017年3月からFiNC Technologiesが提供しているダイエットアプリ「FiNC」は、1年3ヶ月で200万ダウンロードを突破しました。Appleストアのヘルスケア・フィットネスアプリで月間1位を獲得するなど人気が上昇しています。

今後はユーザー数が順調に増え続けることで、検診情報、生活習慣に関するデータを企業側に提供するビジネスモデルを構築すると考えられます。今後の展開にも注目していきたいです。

会社概要

会社名 株式会社FiNC Technologies
事業内容 法人向けサービスウェルネス経営ソリューションやヘルスケア情報に特化したニュースキュレーションアプリなど
所在地 東京都千代田区有楽町1丁目12-1 新有楽町ビル 5階
設立日 2012年4月
代表 溝口勇児
資本金 46億7,870万円(資本準備金も含む)

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ