ASTERIA Warp

記事更新日: 2021/06/16

執筆: 編集部

編集部コメント

企業内の新旧さまざまなシステムやクラウド上のデータをスムーズに連携し、100種類以上の接続先を提供しているノーコードのデータ連携ツールです。EAI・ESB・ETL・RPA・MDMなど活用シーンも幅広く、9,000社以上の導入実績と国内シェアNO.1の信頼性、そして国内産という安心感があります。ドラッグ&ドロップデータ加工ができる上に、プログラミングの知識がなくても操作が簡単なノーコードなので、初めて使うユーザーにもおすすめのツールです!

ノーコードツールを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

ノーコードツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

ASTERIA Warpだけ知りたい方はこちら

ASTERIA Warpの資料を請求
1. ノーコード操作

プログラミング経験のない非エンジニアでも扱える

2. 豊富な接続先

100種類以上の接続先を提供しているので簡単・柔軟な連携が可能

3. 幅広い利用シーン

EAI・ESB・ETL・RPA・MDMなど様々な用途で活用できる

良い点

高度な知識を持たなくても操作を理解すれば簡単にデータ連携できます。Excel、kintone、Salesforceなど豊富なアダプター連携で拡張性が高く、手間がかかるルーチン業務も自動化が可能です。

悪い点

Core版対応のOSがWindowsのみとなっています。

費用対効果:

他社サービスと比較してやや費用が高く感じるものの、操作のしやすさと高い汎用性によりコストパフォーマンスに優れていると評価できます。

UIと操作性:

ドラッグ&ドロップでデータ連携できるなど操作は簡単でプログラミングの知識もいりません。

サポート体制:

ヘルプ検索機能や技術者向け情報サイトが利用でき、ユーザー限定のイベントや勉強会も開催されており、サポート体制は万全です。

ASTERIA Warpの特徴3つ

1. ドラッグ&ドロップで簡単にデータ連携が可能

ASTERIA Warpの最大の特徴は、複雑なデータ連携が手軽にできるフローサービスです。

中でもノーコードでデータ連携できるフローデザイナーは、操作がアイコンのドラッグ&ドロップのみ。

ファイルやRDBの読み込み・書き込み・項目のマッピングなど各機能がアイコンで表示されているので、それらを線でつないでいくだけで連携処理ができる優れものです。

初めて利用するユーザーでも操作性に不安なく使えるというのは大きなメリットといえるでしょう。


コンポーネントを線でつないで連携

 
 
 

2. ファイル収集などあらゆる定型業務を自動化

ASTERIA Warpは、ファイル収集やレポート作成など、煩雑で手間のかかる日々の業務を自動化して、作業コストの削減と人為的ミスを軽減することができます。

自動化できる業務は、以下の通りです。

  • ファイル収集、加工処理
    各所に提出依頼したファイルを自動収集し、自動結合します。

  • レポート作成処理
    営業会議や経営会議資料などのレポートを自動生成します。

  • 受発注処理
    受発注に関連する一連の業務プロセスを自動化します。

  • 情報伝達
    売上、納期、在庫に関するデータを自動抽出し共有できます。

  • 組織変更に伴う変更処理
    人事異動の際に人手で変更する手間を省き、異動直後から新組織の設定にすることが可能。

  • 調査レポート送信業務
    特定のWebサイトから定期的に情報を自動取得してレポートを送信できます。

  • 他のロボットの自動化を補完
    一般的なRPAツールでは難易度の高い処理を自動化することも可能です。

主にCore版では、人の操作によるRPAロボットではなく、API操作のロボットを使い、ファイル処理やレポート作成、受発注など多様な自動化を可能にしています。


定型業務の自動化

3. 豊富な連携アダプターで機能を拡張できる

100種類以上のクラウドサービスやDBなどと連携するアダプターで簡単に連携が可能

接続先も続々と追加されています。

たとえば、「Excelアダプター」では、Excelファイルからデータ抽出しRDBに格納したり、RDBのデータをExcelデータとしても格納することが可能です。

データの抽出、Excelワークシートへのデータ書き込みを、Excelビルダーを使った画面操作のみで実現できます。

また、「kintone アダプター」では、専用画面でkintoneへのデータ登録、データ取得ができるだけでなく、kintoneのAPIでは用意されていないデータの追加更新なども可能です。

作成した処理フローは使いこなすほどに対応がスピーディーになり、サブフローとして有効的に再利用できます。


使いこなすほどに連携対応フローが拡張

 

ASTERIA Warpの資料を無料ダウンロード

 

ASTERIA Warpの料金プラン

ラインナップ Core Core+ Standard Enterprise
月額 30,000円~ 60,000円~ 要問合せ 要問合せ


※クラウド版が5日間、オンプレミス版が30日間の無料試用期間があります。

詳しくは以下の資料からご確認ください。

ASTERIA Warpの資料を無料ダウンロード

 

ASTERIA Warpの評判・口コミ

160万件の実績データを60秒でCSVに変換
ライオン株式会社

固定長で作られている160万件ほどの販売実績データをCSV形式に変換してみました。結果、約60秒で処理が完了。問題なく当社のシステムを支えることができるとの結論に至りました。

総合データベースの構築で経営分析も実現
パナホーム株式会社

お客様との商談の進捗状況を定量化するといったことが実現でき、より的確な営業戦略を定められるようになりました。また、データベースから取り出したい情報が変わった場合も、ASTERIA Warpなら設定を変えるだけですぐに抽出可能。臨機応変な情報確認が実現できています。

*「ASTERIALl Warp」公式HP参照

まとめ

ノーコードなのでIT知識がなくてもデータ連携でき、画面操作がしやすいため、初めて連携ツールを使う方や業務の効率化を図りたい会社におすすめのツールです。

処理の流れがビジュアル化されているので、顧客に対してフローを見せながらプレゼンできるところも評価できます。

ラインナップが充実しているので、中小から大企業まで適正なプランを選択でき、無駄なく使える仕様です。

無料の試用期間もあるので、気になった方はお試し利用してみてはいかがでしょうか。

ASTERIA Warpの資料を無料ダウンロード

 

画像出典元:「ASTERIALl Warp」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ノーコードツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するノーコードツール
ノーコードツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ