ローコード開発ツールについて

【徹底比較】ローコード開発ツールおすすめ11選とメリ・デメ

記事更新日: 2021/08/23

執筆: 川嶋志保

IT人材不足を補い、システム開発やアプリ開発の時間とコストを削減するとして注目のローコード開発ツール。

一方で、闇雲な導入の危険性も指摘されています。

この記事では、おすすめのローコード開発ツールと選び方のポイント、メリット・デメリット、ノーコード開発ツールとの違いを解説していきます。

おすすめサービスの比較を無料で!

ローコード開発ツールの資料を一括ダウンロード

ノーコードとローコードの違い

どちらのツールも、プログラミングに関する専門的な知識を持っていなくてもアプリ開発が可能という共通点があります。

ノーコード開発ツール

プログラミングを行う際にソースコードを使用せずにソフトウェアが開発できるツール。
簡単なアプリの構築に適しており、使用用途や機能が限られているという特徴があります。

ローコード開発ツール

最小限のコードを用いてソフトウェアを開発するツール。
ノーコード開発ツールよりも拡張性があり、広い用途で使用できます。

 

おすすめのローコード開発ツール3選

1. Microsoftユーザーならこちらがおすすめ!『Microsoft Power Apps』

画像出典元:「Microsoft Power Apps」公式HP

特徴

テンプレートが豊富に用意されており、ドラッグ&ドロップの簡単操作でアプリ構築が可能なMicrosoft Power Apps。

Office 365、Dynamics 365、AzureなどのMicrosoft社製品との親和性が高く、200種類以上の外部サービスとの連携機能も充実しています。

社内でWordやExcelを多用していたり、システム連携による業務効率化を目指す会社におすすめです。無料トライアルもあります。

料金プラン

・初期費用:無料
・月額費用

  アプリ単位のプラン ユーザー単位のプラン
利用可能なアプリ数 1 無制限
月額費用(ユーザーあたり) 1,090円 4,350円

・30日間の試用版あり。詳細は直接お問い合わせください。

 

2. CRM/勤怠管理/経理/ワークフロー等オールインワンが魅力!『Canbus.』


画像出典元:「Canbus」公式HP

特徴

CRM・勤怠管理・経理・ワークフローと、あらゆる業務がクラウド化できるCanbus.(キャンバスドット)。

ラジオボタンやプルダウンを使った簡単操作で入力フォームが作成でき、複数人同時に編集作業が行えるグリッド編集モードがチーム開発に便利です

料金プランはユーザー数無制限となっているので、社員数に関係なく毎月定額料金で使用したいと考えている会社におすすめです。無料体験版もあります。

料金プラン

・初期費用:無料
・月額費用:

  スターター スタンダード プロフェッショナル
レコード数 1,000 5,000 20,000
ページビュー数 20,000 50,000 100,000
添付ファイル容量 5GB 20GB 50GB
月額費用(税抜) 10,000円 35,000円 100,000円


<オプション(スタンダードプラン、プロフェッショナルプランに追加可能)>

・レコード追加:5,000レコードにつき20,000円 / 月 
・添付ファイル容量追加:10GBにつき20,000円 / 月

 

3. たった4ステップでアプリ化できる!操作性で選ぶなら『Appsuite』

画像出典元:「Appsuite」公式HP

特徴

Appsuiteは、「1.サンプルアプリを選択」「2.自社用にカスタマイズ」「3.業務に活用」「4.情報を共有」の4ステップで、簡単に業務アプリを作成することができます。

その他にも「既存台帳のcsv取込」「ゼロから構築」「既存アプリをコピーして編集」といった方法での作成にも対応しています。

操作性もシンプル扱いやすさにこだわりがあります。

クラウド版は30日間、インストールして使用するパッケージ版は60日間の無料お試しがあります。

料金プラン

<クラウド版>
・初期費用:無料
・月額費用:720円(税込792円)/ユーザー~

内訳:
desknet's NEO:400円(税込440円)/ ユーザー
AppSuite:320円 (税込352円)/ ユーザー
※AppSuiteはdesknet's NEOをプラットフォームとして動作するため、単体利用はできません。

<パッケージ版 本体ライセンス>
desknet's NEO :39,800円~
AppSuite :31,000円~

 

その他のおすすめローコード開発ツール

Magic xpa Application Platform

画像出典元:「Magic xpa Application Platform」公式HP

特徴

Magic xpa Application Platformは、ローコードでのシステム開発が簡単なだけでなく、メンテナンス性に優れたローコード開発ツールです。

開発途中の内容を簡単に共有し、改善要望を反映することができます。また約7~8割程度の状態から本番運用を開始して、トライアンドエラーを繰り返しながらより良いシステムを作成していくことができます。

同時にインメモリ・データグリッド(IMDG)を搭載しており、障害があった場合も、システムが停止することなく運用できるよう対策されています。

料金プラン

初期費用:定価60万円 または 185,000円/開発者(税抜)

月額費用:クライアント60,000円~/ユーザー、サーバー 405,000円~/2スレッド(税抜)

 

Kintone

画像出典元:「Kintone」公式HP

特徴

Kintoneには多数の利用用途がありますが、メイン機能はビジネスアプリケーションを簡単に作成すること

すぐに使えるサンプルアプリが100種類以上あり、社内で必要となる様々な業務システムを自社で制作が可能となります。

「柔軟かつ簡単にカスタマイズでき、開発を外部委託せずともより使いやすいシステムを追究できる」といった口コミもあります。

料金プラン

・初期費用:0円
・月額費用

  ライトコース スタンダードコース
アプリ数上限 100個 1,000個
外部連携 ✕ 不可 〇 可
月額費用(ユーザーあたり)(税抜) 780円 1,500円

 

 

SPIRAL

画像出典元:「SPIRAL」公式HP

特徴

SPIRALは強固なセキュリティが高評価のローコード開発ツールで、金融業や官公庁への導入実績が多数あります。

2段階認証やまたサポート体制が万全で、サポートデスクにおいては「第3回サービス・ホスピタリティ・アワード優秀賞」を授賞し、顧客満足度97%を獲得しています。

料金プラン

・初期費用:100,000円(税抜)
・月額費用:50,000円(税抜)

 

intra-mart

画像出典元:「intra-mart」公式HP

特徴

intra-martは大企業での導入実績が多いワークフローシステムですが、他システムとの連携や、WEB画面フォームの開発など、非常に高いカスタマイズ性があり、ローコード開発ツールとして利用することが可能です。

ワークフローの申請帳票やWEB画面フォームをブラウザ上の簡単な操作のみで作成できるツールや、107種類のテンプレートが用意されており、システム担当者の作業負荷をさらに削減できます。

料金プラン

詳細はお問合せする必要があります。

 

Salesforce Lightning Platform

画像出典元:「Salesforce Lightning Platform」公式HP

特徴

Salesforceのデータを使ったアプリケーションの作成を考えている企業におすすめなのが、Salesforce Lightning Platformです。

データベース、ユーザー認証基盤、ワークフローとCRMが搭載されており、ノーコードでSalesforceのカスタムオブジェクトを作成・利用することが可能です。

料金プラン

・初期費用
・月額費用

  Lightning Platform Starter Lightning Platform Plus
カスタムオブジェクト数 10 110
月額費用(ユーザーあたり)(税抜) 3,000円 12,000円

 

 

楽々Framework3

画像出典元:「楽々Framework3」公式HP

特徴

チーム規模の情報共有ツールから企業規模の基幹系システムまでと幅広い対応ができるのが、楽々Framework3です。

質問に回答していくだけでシステムを自動生成するウィザード機能が大変便利です。

サポート体制が手厚く、4日間の研修やオンサイトでの技術支援、無料体験セミナー、有償での講習会などが用意されているのも安心材料です。

料金プラン

開発ライセンス:300万円~(税抜)/サーバー

詳細はお問い合わせの必要があります。

 

OutSystems

画像出典元:「OutSystems」公式HP

特徴

OutSystemsは、マウス操作でDB・画面設計・ロジック設計をするだけで、コードを自動生成してくれるツールです。

AIをアプリに搭載したり、アプリを自動でパッケージ化し任意のアプリストアに配信するなど、非常に豊富な機能が特徴です。

また、UIは「洗練されている」「シャープで新しいデザイン」と口コミでも高評価です。

料金プラン

無料プランあり

詳細はお問い合わせの必要があります。

 

Wagby

画像出典元:「Wagby」公式HP

特徴

Wagbyは400社以上での導入実績があるローコード開発ツールです。

登録ユーザー数ではなく、同時接続セッション数での課金方式なので、利用規模に応じた支払が可能です。

チュートリアルがしっかりしていて、1年間無料で全機能を試すことが可能なフリープランは、ローコード開発ツールを一度試してみたい、という企業におすすめです。

料金プラン

・初期費用:無料
・月額費用:開発ライセンス 6,600円/人、同時接続ライセンス 3,300円/セッション、1,100円/50モデル項目(税込)

 

ローコード開発ツールの3つの選定ポイント

1. 目的にあったツールか

CRMやSFA、経費処理、タスク管理、給与計算、メール配信など、開発したいシステム・アプリによって、適切なツールが異なります。

自社で開発したいシステム・アプリにあったツールを選択しましょう。

2.  利用中のツールや外部サービスとの連携

MicrosoftやKintoneなどすでに利用中のソフト・ツールがある場合はそれらのソフト・ツールのデータからドラッグアンドドロップなどの簡単操作でアプリに変換できるツールを選択すると扱いやすいです。

また、Salesforceシリーズなど自社で利用中の各種サービスと連携できるツールを選択すればデータ移行作業もスムーズになります。

3. タスク管理など便利な機能がついているか

ローコード開発ツールの中には、開発中のスケジュール・タスク管理・ワークフロー機能など進捗を共有できる便利な機能が搭載されているため、複数人のチーム体制でアプリ構築を行う場合はこのような進捗管理機能が搭載されたツールが便利です。

ローコード開発ツールのメリット2つ

1. 開発・運用が簡単にできる

従来の方法でシステム開発を行うとなると、プログラミングの専門知識を持ったエンジニアが必要でした。

しかし、ローコード開発ツールを用いればコードをほぼ使用することなく既存のテンプレートを組み合わせるだけでアプリ開発ができるため、プログラミングの専門知識が少なくても簡単にアプリを開発できるようになります。

さらにローコード開発ツールを用いて開発を行ったアプリは、ツール提供会社がメンテナンスやアップデートといった保守業務も担ってくれるため、日々の運用も簡単に行えます。

2. コストが削減できる

現在日本国内ではIT人材が不足しており、開発にかかる時間も単価も高止まりしがちです。

単価の高いエンジニアへは、難易度の高いスポット的な作業のみを依頼する、それ以外の簡単な作業は自社内で行う、というように切り分けすることで、開発にかかる人件費を抑えることが可能です。

ローコード開発ツールのデメリット3つ

1. 自由度が低い

専門知識不要でアプリ開発ができるという大きなメリットがあるローコード開発ツールですが、ツール提供会社が提供しているパーツを利用してアプリ開発を行うため、従来の方法であるプログラミングを用いたアプリ開発よりも自由度が低いというデメリットがあります。

DX対象の業務が専門性の高いものであったり、一般的な企業よりも複雑なルールを組まなければならない場合は適していません。

2. ブラックボックス化の可能性が高い

ローコード開発ツールは、直感的な操作でアプリを作成することができます。このため、明確な設計書なしに開発を進めることが可能です。

担当者の異動や退職があると、設計書不在な上に最終的なコードを読み解くことができないという状態に陥り、誰も管理できないシステムとなる可能性があります。

3.セキュリティポリシーを適用できない

ローコード開発により開発・運用されるアプリのセキュリティポリシーは、インフラ環境を提供するプラットフォームに依存します。

プラットフォーム側のセキュリティーに欠陥があった場合には、情報漏洩やシステムダウンなどの恐れがあり、企業としての信頼をゆるがす事件・事故に発展する可能性があります。

まとめ

専門知識不要でアプリ開発が短期間で行えるローコード開発ツール。このツールの導入によって、自社ならではのオリジナル性が高いシステム開発だけでなく、運用・保守管理も簡単に行えるようになります。

ローコード開発ツールの導入を検討されている方や、より使い勝手の良いローコード開発ツールを探している方は、今回ご紹介したツールの活用を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ローコード開発ツールの資料を一括ダウンロード
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ