EasySend

記事更新日: 2021/01/15

執筆: 編集部

編集部コメント

EasySendは金融業界向け、日本では特に保険業向けのデータ統合ノーコードツールです。コード不要で直感的な操作でありながら、電子署名などの複雑なワークフローも簡単にデジタル化します。煩雑なプロセスを自動化し負担を軽減するとともに、迅速なビジネス展開で生産性を向上したいと考えている企業にはおすすめのツールといえるでしょう。

良い点

ドロップアンドドラッグという直感的操作で、デジタルジャーニーの構築が簡単にできます。電子署名もコーディング不要です。

悪い点

金融機関向けのツールのため、製造業などへの活用には適していません。

費用対効果:

UIと操作性:

ドラッグアンドドロップによる直感的操作で、コーディング不要でデジタル化します。

社外連携:

さまざまな外部連携が用意されており、中でもSalesforce CRMとシームレスに連携できます。

セキュリティ:

GDPR、ISO2700、SOC2を採用しており、最高のセキュリティとコンプライアンスに対応しています。

EasySendの特徴3つ

1. 直感的操作でコード不要のデジタルジャーニー

「EasySend」の最大の特徴は、コーディングを必要とせずに、デジタルカスタマージャーニーを構築することです。これまで数か月もかかっていたデジタルジャーニーを数クリックで完了します。

「EasySend」のBuilderは、ドラッグアンドドロップで操作できるビルダーで、システムに精通していない従業員でも簡単に構築が可能です。

またPDFをオンラインフォームに変換する「EasySend」独自の機能、KadabraAIは特におすすめのツールです。

顧客情報の入力票など既存のPDFファイルをアップロードした後、数クリックで変換が終了します。システム導入準備の時間を大幅に削減するだけでなく、既存の用紙・業務イメージをデジタル化するので、現場従業員への教育コストを下げるのに役立つでしょう。

また、「EasySend」にはeSignatureという電子署名ツールも搭載されています。金融系の契約には必須である署名も、契約者を指定するだけでコード不要で実装が可能になります。

Builder、KadabraAI、eSignatureともにマルチデバイス対応ですので、PCだけでなくモバイルやタブレットでも操作が可能です。

シームレスなアプローチは、例えば契約時に書類のダウンロード・署名捺印・アップロード、社内の再入力といった手間をなくします。お客様とのやりとりを迅速化するだけではなく社内業務の煩雑さを軽減することで、お客様への提供価値を高めることに寄与するでしょう。

デバイスを選ばずに利用できます

2. データを統合

デジタルジャーニーにより自動で収集したデータは、連携しているシステムに自動で統合できます。サードパーティサービス、アプリ、アドオンなどさまざまなサービスに接続可能ですが、なかでもSalesforceCRMとの連携は大きな特徴のひとつといえます。

「EasySend」では、eSignatureにより署名付きのデータを収集すると同時に、Salesforceにシームレスにリンクし、すぐに利用できるようになります。

一方で、Salesforceネイティブのデジタルジャーニーの作成も可能です。Salesforce管理者アカウントからデジタルジャーニービルダーに直接アクセスし、数時間で構築します。


Salesforceとシームレスなリンクが可能です

3. データの最適化

「EasySend」は、デジタルジャーニーの構築だけでなく、データの最適化にも効果的に利用できます。顧客の行動分析を行い、可視化することで、プロセス改善や完了率の向上を行います。

「EasySend」では、使用デバイス、地域、日付をはじめ、各ステップの鳥瞰図より顧客の行動をリアルタイムに追跡し、離脱ポイントやコンバージョン率を分析します。レポートは週次や月次で作成します。

「EasySend」に搭載されている自動最適化ツールの利用をはじめ、A/Bテスト、言語最適化などを行い、コンバージョン率の向上に取り組むことが可能です。


チョークポイントの特定

 

EasySendの料金プラン

利用料金の詳細については、お問い合わせをする必要があります。

EasySendの評判・口コミ

顧客への対応も迅速化
Harel Insurance and Finance

「EasySend」を利用することで、管理しやすく変更も簡単に行える顧客対応プロセスの開発が素早く開発できます。それにより、顧客への対応がより素早くできるようになったのが最も重要なポイントです。

Salesforceとの連携で収益アップ
Halman Aldubi Portfolio Management

「EasySend」の革新的な技術によるデジタルジャーニーは、競合相手に勝つために素早い対応が求められるビジネスにおいては効果的です。そのうえSalesforceのCRMと連携させることで、顧客に対するサービスを強化するとともに、収益の向上も実現します。

*「EasySend」公式HP参照

まとめ

この記事ではEasySendの特徴・評判・料金を解説しました。

データのデジタル化をすすめ、事務負担の軽減と効率的なデータ活用を行いたいと考えている企業にはおすすめです。それはコーディング不要でドラッグアンドドロップのみでデジタルジャーニーを構築できるというのが「EasySend」の大きな特徴だからです。

「EasySend」が行うのはデータのデジタル化だけではありません。リアルタイムで行われるワークフローの分析は、チョークポイントの特定や完了率など顧客の行動を把握するとともに、顧客満足度の向上に役立ちます。

煩雑な事務作業のデジタル化で生産性をアップするとともに、迅速な対応で顧客満足度を上げたいと考えている金融業企業にはおすすめのツールといえるでしょう。

画像出典元:「EasySend」公式HP

その他のノーコードツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ