playse. eラーニング

4.0

記事更新日: 2021/05/26

執筆: 編集部

編集部コメント

「playse. eラーニング」は近年求められるリモート環境での研修環境を低コストで利用できる点が魅力のeラーニングサービスです。研修内容もカスタマイズ性が高く、企業独自の研修も実施しやすくなっている点も嬉しいポイントです。3,000以上のコンテンツがあり、カテゴリも幅広いです。自習のみならずZoom連携機能で質疑応答も可能な、eラーニングのデメリットを克服したサービスです。

オンライン研修サービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

オンライン研修サービスを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

playse. eラーニングだけ知りたい方はこちら

playse. eラーニングの資料を請求
良い点

リモート環境での研修環境が低コストで利用できます。利用しない月の料金も抑えられる点も魅力です。

悪い点

IDの有効/無効の切り替えにひと手間が必要です。

費用対効果:

月単位の実施人数単位での料金となるため、細かく見直すとコスト削減が可能です。

UIと操作性:

実施状況が把握できるレポート管理画面は多機能で使い勝手も良好です。

導入ハードル:

クラウドサービスなのでインストール作業はありません。

セキュリティ:

IPアクセス制限機能などで守られますが、オプションとなりますので注意が必要です。

サポート体制(運営会社の):

カスタマーサクセス担当者が導入から軌道になるまで対応してくれます。

playse. eラーニングの特徴3つ

1. 受講者に使いやすいeラーニングを実現

従業員は教育を受けたいと思いつつも、日々の作業に追われて学習時間を確保するのが難しいケースが多いです。

そのため、いかに従業員が教育を受けやすい環境を提供するかが企業の課題でもあります。

「playse. eラーニング」ではリモートワークで教育を受けられるシステムです。

ブラウザがあればどこでも利用できるため、PCだけではなくスマホなどのモバイル端末でも利用可能です。


受講者のメリット例


教材としては3,000以上のレッスンがあるため、個人の課題や興味を持った内容を柔軟に設定・受講できます。

シングルサインオンでログインのひと手間を解消しているのも、学習を継続しやすくする要素の1つです。


3,000以上のレッスン

2. 教育担当者の負担を削減

最近の事情では研修過程もリモートワークで実施する必要性は実感しているものの、「対面と比べて細かい部分まで教えきれないのでは..」「通知や集計が大変では...」という不安をお持ちの教育担当者も多いかと思います。

「playse. eラーニング」ではこうした教育担当者の負担を軽減できる機能も満載です。

まずは対象者1人1人に合ったトレーニングマップの作成が可能です。

実施時には受講者にメール配信が行えますので、新人研修や管理者要請講座など、対象者をピックアップしての通知が可能です。

また自社特有の知識を教育するための専用教材やテストの作成も可能になっており、教材は動画・スライド・PDFなどを利用可能です。

社長メッセージなど、自社のビジョンを共有するツールとして活用している企業もあります。

研修結果は支店やチーム毎に管理できるため、研修状況の把握も簡単です。


研修状況の把握も簡単
 

3. 企業の教育体制をサポート

企業にとって研修は従業員育成のための大事な業務の1つです。

対面からリモートワーク主体となった場合に心配なのはセキュリティ面です。

「playse. eラーニング」ではIPアドレス制限機能も設けていますので、利用予定のIPアドレスを登録しておけば他からのアクセスをブロックできます。

また、対面中心だったこれまでの研修と比べてリモートワーク主体となると、どう効果が変わるのかを知りたいと思う経営者も多いことでしょう。

教材に自社ロゴなどを入れて独自性を高められるブランディングもできますし、研修内容や実施結果はレポートとして出力されるので、研修の効果も一目瞭然です。

こうした様々な機能を持つplayse. eラーニングですが、カスタマーサクセス担当者が導入時から軌道にのるまでサポートしてくれるので安心です。


会社としてのメリット例

 

playse. eラーニングの資料を無料ダウンロード

 

playse. eラーニングの料金プラン


初期費用

利用者(ID)数によらず、100,000円です。

月額料金

有効ID(人)数によって料金が変動します。

  • 有効ID 30人まで:一律15,000円
  • 有効ID 31~500人:500円 / 人
  • 有効ID 501~1,000人:400円 / 人
  • 有効ID 1001人以上:300円 / 人

月単位で利用人数を調整することで、利用料の調整が可能です。

playse. eラーニングの資料を無料ダウンロード

 

playse. eラーニングの評判・口コミ

研修以外でも活用の幅が広がる
大手ホテル企業

一時的な研修だけではなく、社長メッセージや調整・グランプリ表彰コンテンツ・社員の感謝の気持ちコンテンツなどウェビナーとしても幅広く活用しています。

独自コンテンツで長期的な社員育成を実現
大手介護企業

自社独自の検定コンテンツを作成し、毎月社内検定を実施しています。長期的な社員育成に活用しています。

*「Playse.」公式HP参照

playse. eラーニングの評判・口コミ

小売

101〜250人

好きな時に受講でき理解度も高まる

利用期間

2019年夏頃から2021年8月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

それまでの社内向けレクチャーは全体を集めていたので、質問なども全員に対して答えられていませんでした。システム導入で自分の好きなときに受講できるようになったことで、質問は時間を限って受けるというスタイルを取らなくて済むようにりました。そのため、社員への理解度を高められたと感じています。

不便だと感じた点を教えてください。

強いて言うなら、音声が気になりました。聞こえてくる音声が機械的だったので、もっと人間味のある声になれば、もっと覚えやすくなるのではないかと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

研修やレクチャー、シェア事項の社員への理解度を高めたいと考える会社、社員それぞれが忙しい会社などにおすすめです。好きなタイミングで受講できるので、組織の掲げる目標・目的に計画的に近づけると思います。

まとめ

今回は、「playse. eラーニング」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

教材が3,000以上と幅広く、さらに企業独自のコンテンツを作成可能なため、従業員1人1人に合った研修を受けさせることができます。

教育担当者や経営者が実施状況を確認できるレポート機能も充実しており、課題と効果が見えやすくなります。

特に急拡大しているリモートワーク下でも、研修実施環境として効果的な機能が備わっており、研修人数に合った料金体系に毎月見直しができる点も嬉しいポイントです。

教育・研修にかかる企業のコストや手間をカットしつつも、効果が実感できるeラーニングを利用したいとお考えの企業におすすめです。

playse. eラーニングの資料を無料ダウンロード

画像出典元:「Playse.」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンライン研修サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

オンライン研修サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ