Teachme Biz

記事更新日: 2020/06/24

執筆: 編集部

運営コメント

Teachme Bizは、認知度も非常に高い王道のマニュアル作成ツール。小売・飲食・宿泊・製造・ITなど幅広い業種で使われています。
マニュアルの作成・浸透・改善をサポートする機能だけではなく、人材育成や新人スタッフの即戦力化を可能にするトレーニング機能などの教育に特化している点が特徴です。
機能性の高さの代わりに料金は月額5万〜30万円とやや高めにはなっています。

資料請求する
1. マニュアル作成機能

感覚的な操作で、かんたんにマニュアルをスピーディーに作成

2. マニュアル承認機能

マニュアルの公開・更新時の承認フローの設定をして、品質維持を図れる

3. トレーニング機能

新人教育のコース作成・配信ができる

良い点

直感的な操作でマニュアル作成が可能。また承認機能など浸透・運用に役立つ機能が充実しています。

悪い点

機能が充実している分、料金がやや高めの設定です。成果をきちんと出すには使い込む必要があります。

費用対効果:

初期導入の費用が一律30万円かかる。費用は高めだが機能は充実。

UIと操作性:

直感的な操作でマニュアルを作ることができ、静止画と動画の対応が可能。

セキュリティ:

定期的にバックアップがとられ、不測の事態が起きた際でもデータの復元が可能。

Teachme Bizとは?

Teachme Biz(ティーチミービズ)は、多くの導入実績を誇るマニュアル作成ツールです。

感覚的な操作で、画像や動画を交えた手順書がかんたんに作成できます。

マニュアルはTeachme Biz上に集約され、浸透や更新も効率的に実施することができます。

ペーパーレス化にもつながるため、コスト削減にも役立ちます。

Teachme Bizの3つの特徴

1. 感覚的に使える作成機能で作成の手間をなくす

当然のことにはなりますが、マニュアル作成ツールでは

  • マニュアルの作成がスムーズにできるか
  • 作成したマニュアルが分かりやすいものか

が重要になります。

その点、Teachme Bizのマニュアル作成は4つのステップで完結する簡単さです。

公式サイトでは、作成時間を従来の1/5にまで削減可能としています。たしかにパワポなどを使って作成するよりは圧倒的に工数を削減できるといえます。

Teachme Bizで得意とするマニュアルはいわゆる手順書で、用意されたフォーマットに従って作成するだけで、業務の流れがひと目でわかるマニュアルを作成できます。




 

PDFのインポート機能もあるため、既存のマニュアルがある会社でも手間いらずで「Teachme Biz」を使用できます。

写真では伝わりにくい工程であれば動画対応も行っており、自由度の高いマニュアルをオリジナルで作成できます。

2. マニュアルの浸透を助ける機能が充実

マニュアル運用でよくつまずくポイントが、マニュアルを使っても誰にも見られない、ちゃんと活用されないというもの。

Teachme Bizはそんな失敗を防ぐ機能が充実しているのも特徴です。

まず、検索機能。Teachme Bizでは、アプリ上にすべてのマニュアルが集約されているため、参照したいときにすぐマニュアルを見つけることができます。

また作った手順書を使って、新人教育のためのコースを作成することも可能。新人に標準化された教育を施すことができるようになります。

3. 承認機能でマニュアルの質を担保

マニュアルの内容は、標準化された内容だからこそ意味があります。

  • 管理する人が不明確で最新のものに更新されない
  • 勝手に誰かが更新してしまう

といった悩みはマニュアルにつきものです。

Teachme Bizでは「承認機能」を使って、マニュアルの品質をしっかり担保できます。

また改訂履歴もきちんと残るため、万が一間違って更新してしまった場合でも、復元ができるので安心です。

4. 効果測定でマニュアルの成果を可視化できる

Teachme Bizの備えている、他のツールにはない機能が「効果測定機能」です。

作成したマニュアルがどのくらい活用されているかなどを測定することができます。

結果をもとに改善を進めることができるほか、「導入で効果があったのか?」など上司に聞かれたときにもきちんとデータを示すことができます

5. ペーパーレスで経費削減

マニュアルをマルチデバイスで公開することにより、ペーパーレス化で経費削減が実現します。

マニュアルはカラー印刷されることも多く、印刷物として配布するとトータルで膨大なコストがかかっています。業務・拠点拡大をしている会社は特に新しく入る人材も多く、定期的に印刷・配送代がかかります。

Teachme Biz導入により、これらの費用を削減できます。

6. いつでも安全に使用できるマニュアルを提供

沢山のマニュアルを「Teachme Biz」にアップしていく上で、データ消失や情報漏えいへの対策が重要となります。

「Teachme Biz」は定期的にバックアップを行っているので、大規模災害や社内トラブルによるデータ消失を防ぎ復旧ができる体制を整えています。

運用は国際セキュリティに則った厳正な体制で行っており、24時間365日サーバーの監視を怠りません。不正なアクセスはブロックする上に、通信暗号化の徹底・アクセス制限など運用上の安全性を支える機能が充実しています。

社内のノウハウが詰まったマニュアルを管理するからこそ慎重なセキュリティが必要なため、安心して使用できる環境を揃えています。

Teachme Bizの資料請求する

 

Teachme Bizの料金プラン

初期導入にかかる費用はいずれも30万円で、編集アカウントと閲覧アカウントの数で月額が変動します。

今回紹介した「承認機能」などを使うにはベーシック以上のプランにする必要があります。

Teachme Bizの資料請求する

 

Teachme Bizの評判・口コミ

アルバイトの自学自習の環境が整った
株式会社すかいらーく

動画で学べるので外国人スタッフも理解度が高まり、非常に高い評価を受けています。IDとパスワードを発行すれば、個人のスマートフォンで閲覧可能で、アルバイト自身がマニュアルを確認する時間が増え、商品やサービスの品質向上に結びつくのではないかと考えています。今後はアルバイト自身が自学自習できるような環境を整えていきたいと思います。

遊び感覚でマニュアル作成ができ、非常に分かりやすい説明が完成
安田倉庫株式会社

動画をベースにしたマニュアルを見せながら説明できるため、非常にわかりやすくなりました。また、業務の複線化の推進にも大きく寄与しており、時間外労働の削減にも貢献しています。Teachme Bizは日本のマニュアル文化を変えると言っても過言ではないと思います。

※「Teachme Biz」公式サイト参照

まとめ

これからマニュアルを作っていきたい会社や、マニュアルの運用・浸透に悩んでいる会社にぴったりなツールです。

直感的な操作で簡単にマニュアルを作れるので現場にも負担が少なく、パソコンやスマホなど様々なデバイスから編集できます。

動画や静止画など文字以外での説明により、今まで文章だけで分かり辛かったマニュアルや口頭説明で済ませていた業務内容が明確化し、新人教育の効率化が実現するでしょう。

ただ費用はそれなりにかかるので、きちんと導入効果を発揮するためにはある程度を工数をかける必要がある点には要注意です。

Teachme Bizの資料請求する


画像出典元:「Teachme Biz」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

マニュアル作成の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【マニュアル作成】のツール

起業ログが厳選するマニュアル作成
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Teachme Biz
はたらきかたマニュアル
tebiki
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ