VideoTouch

記事更新日: 2023/05/12

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

従業員研修や業務レクチャーにわかりやすい動画を活用、業務効率化を実現

「VideoTouch」は、従業員向けの研修コンテンツや、マニュアルなどを簡単に動画化することのできる動画トレーニングプラットフォームです。

動画の収録・編集・配信・分析など、通常であれば外注したり、様々なツールを組み合わせて行うところですが、VideoTouch」ならワンストップで対応可能

学習効率の高い動画トレーニングを効率よく行うことができ、学習効果の向上や、コスト削減を実現します。

「スタッフの教育・研修に負荷がかかっている」「文字と画像のマニュアルではなかなか伝わらない」とお悩みの企業におすすめです。

動画マニュアル作成ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

動画マニュアル作成ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

PC操作に不慣れな人でも2クリックで動画の収録、共有が可能です。Chromeの拡張機能で動画収録が可能なので、新しいソフトをインストールする必要がありません。

悪い点

拡張機能で画面収録する場合はスマホ画面を収録できません。(スマホをPCにケーブルで繋ぎ、PCにスマホ画面を表示することで収録が可能です)

費用対効果:

UIと操作性:

Chromeの拡張機能で動画収録ができるため、誰でも迷わずに動画コンテンツの作成ができます。

サポート体制:

専属のCS担当がつく手厚いサポートが魅力です。月1の定例MTGあり。基本的な操作、ナレッジについてはガイドにすべて集約されています。

 VideoTouchの導入メリット5つ

1. 誰でも簡単に動画を収録、編集できる操作性

VideoTouchは、誰でも手軽に動画を収録できる動画トレーニングツールです。

動画は手持ちの素材をアップロードしたり、パソコンが苦手な方でも、2クリックで視聴しやすい動画を収録できるので、学習コンテンツの作成負担が軽減できます。

Google Chromeの拡張機能から動画収録ができるため、操作方法のレクチャー動画作成もしやすいでしょう。

従業員や顧客から動画を求められた場合は、該当の動画リンクをURLを通じて共有も可能です。

修正時はURLを変更する事なく上書き出来る為、更新、メンテナンスの必要もありません

Chromeの拡張機能でリンク共有も簡単に

2. 24時間閲覧できるプラットフォーム

作成した動画はカテゴリごとにまとめて、24時間いつでも閲覧可能です。

複数の動画をカテゴリごとにまとめることで、新人社員でも迷わず自己学習ができます。

また、顧客対応のガイド動画をわかりやすくまとめておけば顧客対応の効率化も。

ノーコードで簡単に構築・運用できるため、はじめて動画マニュアルサイトを運用する企業も安心できるでしょう。

簡単に動画コンテンツが追加できる

3. 学習フォローに活用できる視聴分析

VideoTouchには月次レポートがあり、視聴時間や視聴維持率、評価など視聴データを細かく分析できます。

視聴者がどのタイミングで動画から離脱したのか、累計視聴時間の長い動画の傾向など視聴状況を把握することで、より効果的なマニュアル動画が作成可能です。

収録した動画の視聴時間が短い場合、動画をわかりやすく編集する、動画時間を短くするなど施策を打ち出せるでしょう。

また、VideoTouchのサポートとして定例MTGが月1ペースで開催されるので、学習コンテンツ作成のコツを聞いてみるのもおすすめです。

視聴時間や維持率をグラフで確認可能

4. 字幕やナレーションをAIで自動生成

VideoTouchは、音ありのビデオでも、音無しのビデオでも、AI活用で字幕生成することが出来ます。

作業を収録した音声データをAIで音声認識して、自動でテキスト化する「自動字幕機能」や、テキストデータをAIの自動音声でナレーション化できる「AIナレーション機能」などがあります。

これまで手間のかかっていた作業をAIがサポートし、動画制作にかかる工数・外注コストも大幅削減可能です。

 

5. 社内学習コンテンツ以外に顧客対応コンテンツとしても

VideoTouchは社員の学習コンテンツ以外にも、さまざまな用途に活用可能です。

たとえば、カスタマーセンターも、よくある質問を動画コンテンツとして収録し、Chatbotやヘルプサイトへ掲載しておけば人員リソースを削減できます。

また、深夜帯などオペレーターが対応できない時間にも顧客対応が可能なので、顧客満足度向上にも役立つでしょう。

他にも新サービスや商品のPR動画、サービスの活用Tips集として活用できるので、社内の人員コストを削減したい企業におすすめです。

さまざまな用途に活用できる 

 VideoTouchのデメリット

デザインに凝った編集ができない

VideoTouchの動画編集では、派手なエフェクトや派手な装飾、BGMの挿入など、凝った編集をすることはできません。

ただし、WEB広告などで使う動画ではなく、研修用やマニュアル用途で使う動画の作成に向いているツールなので、シンプルで見やすい動画を作成するには十分でしょう。

複雑な編集機能がないため、誰でも簡単に利用できます。

 VideoTouchの料金プラン

VideoTouchは、利用環境や規模によって料金が異なるため、見積もりの申込みが必要です。

はじめて自社マニュアルを動画化する場合は、どのような環境で運用、活用するのか確認しておくといいでしょう。

実際の操作性を確認するために、トライアルができないか見積もり時に確認してみてください。

競合製品との料金比較

動画マニュアルツールは利用環境によって費用が異なるため、見積もりが必要なことが多いです。

競合サービスの平均的な料金は初期費用が100,000円前後、月額25,000〜50,000円前後となっています。

自分たちで動画を作成、編集することを考慮すると、実際の操作性も確認・比較しておくと安心でしょう。

  VideoTouch toaster team はたらきかた
マニュアル
初期費用 要見積り 100,000円(税別) 88,000円~(税込)
月額費用 要見積り 35,000円~(税別) 55,000円~(税込)
無料トライアル 要問合せ 14日間 14日間

 

 VideoTouchの評判・口コミ

テックタッチの重要性が高まる中で、動画は非常に有益な武器に。
freee株式会社

ハイタッチから、よりロータッチ&テックタッチでのカスタマーサクセスの重要性が高まる中で、 動画というツールは非常に有益な武器になると思います。 Video Touch のような誰でも簡単に動画作成・提供・分析までおこなえるツールはサクセスの生産性向上に大きく寄与するだろうと考えています。 弊社でも1動画あたりの提供工数を今までの半分ほどにすることができました。 今後のカスタマーサクセス施策の大きな柱として活用していきたいと考えています。

レバレッジの効く動画コンテンツで、より高いカスタマーサクセスを実現。
カラクリ株式会社

スタートアップにとって、 限られたリソースの中で 「より高いカスタマーサクセス」 を実現する手法は必要不可欠です。 そのためハイタッチな顧客対応と並行して、 動画コンテンツの提供などレバレッジの効く最適な手法を探していました。 そんな中、 着目したのがVideo Touchです。 自動字幕やトリムなど、簡単に動画を作成できる機能は重宝しています。 また選定の決め手にもなった 「成長性」 については、 日々のアップデートの速さで実感しております。 成長しつづけるVideo Touchと共に、 お客さまへ、 より良質なコンテンツを届けていければと思います。

*「VideoTouch」公式HP参照

 VideoTouchを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・対面学習を減らしたい企業

VideoTouchは、集合研修や対面学習を減らしたい企業におすすめです。

一度学習コンテンツを作成すれば、これまでかかっていた研修資料の作成や印字、研修会場の設営といった手間が大幅に削減できます。

動画視聴後は理解度チェックも実施すれば、より早く的確な学習フォローが可能でしょう。

・カスタマーセンターの人材コストを削減したい企業

動画マニュアルは顧客対応におけるF&Q、活用Tipsに活用できるため、コールセンターなど顧客対応で人員リソースが逼迫している企業におすすめです。

ChatbotやF&Qによくある問い合わせ動画を掲載しておけば、顧客がそのページを参照して自己解決するため問い合わせ数が削減できます。

顧客としても夜間や休日など、カスタマーセンターが休みの日でも悩みを自己解決できるので、顧客満足度も向上するでしょう。
 

向いていない企業

・マニュアルが細かい企業

動画マニュアルは視覚的なイメージを補完しやすい一方、厳密なルールや作業手順、応用的な業務などの説明にはあまり向いていません。

そのため、VideoTouchを活用して動画マニュアルを作成しようとすると、1つの動画が長くなってしまいわかりにくくなる可能性も。

細かいマニュアルがある企業は、全体的なイメージ動画と解説動画など複数の動画に分けて学習コンテンツを作成するといいでしょう。

 まとめ

VideoTouchは、従業員トレーニングやカスタマーサポートにかかわる負担を動画を活用することで軽減する動画トレーニングプラットフォームです。

上場企業など多くの企業の人事部門、カスタマーサクセスなどに導入されている実績もあります。

2クリックで動画が収録でき、直感的な操作感とノーコードで動画学習サイトを構築・運用できるため、初めて動画学習を導入する企業に向いているでしょう。

画像出典元:「VideoTouch」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画マニュアル作成の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
動画マニュアル作成
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ