mui Lab株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/03/12

執筆: 編集部

米国発のクラウドファンディングで1200万円を調達した「mui Lab」の第2期決算

第2期決算公告

業績推移

決算期
(百万円)
17/12
(第1期)
18/12
(第2期)
当期純利益 △4 △57
利益剰余金 △4 △61


mui Lab株式会社は、IoT市場向けの新しいインターフェースプロダクト「mui」を開発販売する企業です。2017年10月にNISSHA株式会社のグループ会社として設立されました。

「mui」は、NISSHAが開発するタッチセンサーとワイヤレスセンサーを内蔵した木製のディバイスです。木の板の表面を手で触れるとデジタルディスプレイが浮かび上がり、入力用スイッチやディスプレー機能に加えインターネットに接続することで多様なクラウドベースのサービスと連携しディスプレーに情報が表示されます。

出典:公式HP

資金調達

2018年12月、米国発のクラウドファンディング「Kickstarter」キャンペーンにて、114%の達成率で$114.696(約1200万円)の資金を集めることに成功しました。

会社概要

会社名 mui Lab株式会社
事業内容 IoT関連製品の開発、販売
所在地 京都市中京区壬生花井町3 (NISSHA株式会社本社内)
設立日 2017年10月
代表 大木 和典
資本金 2,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ