seven dreamers laboratories株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/10/27

執筆: 山中勝輝

ランドロイドの発売前に力尽きた「seven dreamers laboratories」の決算

第4期決算公告

seven dreamers laboratoriesの業績推移

決算期
(百万円)
17/03
(第3期)
18/03
(第4期)
売上高 487 741
営業利益 △2,119 △2,277
経常利益 △1,778 △1,748
当期純利益 △1,682 △1,724
利益剰余金 △3,709 △5,433

第4期目の業績は

  • 売上高:7億4,100万円
  • 営業利益:△22億7,700万円
  • 経常利益:△17億4,800万円
  • 当期純利益:△17億2,400万円
  • 利益剰余金:△54億3,300万円

となりました。研究開発費を含む販管費は約27億円となっています。

seven dreamers laboratoriesは全自動の衣類折りたたみロボット「ランドロイド」で一躍注目を集めましたが、それ以前にも「ゴルフシャフト」や医療デバイスの「ナステント」を開発しています。

現在注力している「ランドロイド」の発売は、2018年末もしくは2019年初めに予定されています。価格は185万円で、一般消費者向けに発売されれば業績にも変化があるでしょう。

累計資金調達額は100億円

利益剰余金が△54億3,300万円と赤字額が膨らんでいますが、資金調達は順調に進んでいます。

seven dreamers laboratoriesは、2017年6月に25億円を調達、2018年9月にはパナソニックと大和ハウス工業から10億円を調達しました。累計資金調達額は総額100億円を超えています。

幻に終わったランドロイドとは

「laundroid」(ランドロイド)はパナソニックと大和ハウス工業と共同で開発していた、世界初の全自動衣類折り畳み機です。

2015年に計画を発表し、その後2度の発売予告がありましたが、結果として発売することはありませんでした。

4月23日 倒産

4月23日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けました。

負債は債権者約200名に対して約22億5000万円とのことです。

 

会社概要

会社名 seven dreamers laboratories株式会社
事業内容 世界初全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」などハードウェアの開発
所在地 東京都港区三田1-4-28
設立日 2014年7月
代表 阪根 信一
資本金 70億6,852万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ