Bigtincan Hub

記事更新日: 2021/08/31

執筆: 編集部

編集部コメント

営業先や現場などで今すぐに資料を確認したいとき、ipadやタブレットを利用できればこれほど便利なことはありません。今回ご紹介する「Bigtincan Hub」は、ipadやタブレットに対応し、今すぐに確認したい資料を格納できる便利なツールです。料金プランは2000円~で「容量無制限」の低コストで利用できるのも嬉しいポイント!商談相手に共有した資料はどの箇所をよく見ていたか確認できるので商談もスムーズに。営業の提案力向上を目指す企業におすすめです。

法人向けオンラインストレージを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

法人向けオンラインストレージ を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

Bigtincan Hubだけ知りたい方はこちら

Bigtincan Hubの資料を請求
1. 最新の資料の一斉配信が可能

必要な資料をまとめて一斉配信できる

2. 更新通知機能

ファイルが更新されるとリアルタイムに更新通知が届く

3. ユーザーグループ管理

自由にグループを作成できるほか、ユーザーごとの詳細設定も可能

良い点

「Bigtincan Hub」は2種類のプランから選べ、安価な月額料金で利用できます。また、見やすい画面で直観的な操作が可能、必要な資料を素早く見つけられるというメリットもあります。

悪い点

最小契約単位は10ID~となっています。

費用対効果:

「Bigtincan Hub」はどちらのプランも「容量無制限」。スタンダードプランは2,000円、エンタープライズプランは3,000円の低コストで利用できます。

UIと操作性:

使い慣れているタブレットで利用でき、難しい操作は必要ありません。アプリのインストールで通信環境、デバイスを選ばずに使用可能。特にiPadなどiOS端末と親和性が高いです。

社外連携:

GoogleドライブやBox、Dropboxなどのクラウドサービスをはじめ、他社サービスとの連携が可能です。

Bigtincan Hubの特徴3つ

1. ファイルを徹底活用できる高い応用性

「Bigtincan Hub」に搭載されているAIは、保存されている全てのコンテンツを自動解析、利用者の利用状況から関連ファイルを表示するので、数あるコンテンツの中から目的のファイルを見つけやすいというメリットがあります。

Hubにあるファイルやアクティビティからログを取得することも可能なため、各企業のコンテンツ活用データを容易に入手できるという特徴もあります。

このサービスはHubアカウントを持たないユーザーに対しても、Hubの中のファイルやフォルダをHubアプリを使って送信できるのが嬉しいポイントです。

また、メールなどの従来の電子資料を扱うサービスでは、資料送付後まで追うことは難しいですが、Bigtincan Hubではユーザーのアクティビティはもちろん、送信先の方のファイルの閲覧時刻や、閲覧していた時間までログとして取得し、可視化することができます。

それにより、商談後の資料送付時などに、商談相手がどの箇所に興味をもっているか事前に知ることができるため、その後の営業アプローチに活かすことが可能です。

さらに、AIによるレコメンド機能では常に最新の情報をキャッチできるという点も、他社サービスと比較しても優れた特徴として評価できるポイントとなっています。


確認したいファイルがその場で見つかる
 
 

2. 堅牢なセキュリティ体制

「Bigtincan Hub」は自由度の高いセキュリティ設定が可能というのも特徴です。

コンテンツへアクセスするエリアの制限や、利用デバイスの制限、閲覧サイトの設定はもちろん、万が一デバイスを紛失した場合も、管理者がワンクリックの遠隔操作でデバイス内のコンテンツの削除が可能なので安心です。

また、ユーザーごと、グループごとの管理が可能で、これらの単位ごとの閲覧・ダウンロード・編集権限の設定を行えます。

たとえば、同じフォルダにあるファイルの共有許可・不許可など細かい設定ができるので、チーム内で資料を共有する場合にも安心です。

さらに、不要な機能の非表示や使用しないファイルを追跡したり、有効期限後の自動削除設定も行えるため、コンテンツが不要ファイルだらけになってしまうこともないでしょう。

3. マルチデバイスに対応、連携機能も充実

「Bigtincan Hub」は、ipadやタブレットだけでなく、Androidスマートフォンやpcにも対応しています。

また、共有・コラボレーション連携機能にはPDF画像への書き込みメモ、オフライン閲覧、編集といった多彩な連携機能も充実しています。

さらに、Googleドライブをはじめとする他社サービスとの連携も可能なため、使い方次第では利用シーンがどんどん広がるでしょう。


スマホ・タブレット・PCに対応

 
 

Bigtincan Hubの資料を無料ダウンロード

 

Bigtincan Hubの料金プラン

  スタンダード エンタープライズ
月額費用 2,000円 3,000円
最大保存容量 無制限 無制限
アンケート機能 ×
クラウドサービス連携 ×
Salesforce連携 ×


どちらのプランも、オフラインアクセス・ユーザー権限の詳細設定・コンテンツのシェア・プレゼンテーション機能・アクセスエリア制限・ファイルへの書き込み・テキストチャット/ビデオチャット・ドキュメント編集/作成・SAML連携に対応しています。

  • スタンダードプラン:容量無制限。ファイルを活用する基本的な機能はすべて利用可能です。
  • エンタープライズプラン:容量無制限。他社ファイルストレージサービスや、Salesforceとの連携が可能。アンケート機能を利用しEラーニングとして問題の配信、集計もできます。
  • 無料トライアル:あり

Bigtincan Hubの資料を無料ダウンロード

 

Bigtincan Hubの評判・口コミ

最新情報へのアクセスが可能になった
Paige Denim様

Paige Denimでは、商品である新しいジーンズコレクション情報を営業チームに配信、共有するのに利用しています。ファイルを深く掘り下げて検索する必要がなくなり、常に最新情報にアクセスできるようになり、営業の提案力向上につながりました。

営業の提案力向上につながった
株式会社セトプリント様

セトプリントでは、お客様への営業と経営陣からの指示共有にHubを活用。散らばりがちな営業資料が一つにまとまり、提案力向上に繋がっています。資料や動画など必要なものがiPadにまとまっているので業務効率化に繋がりました。また、経営陣からの情報共有が、より迅速に行えるようになり、さらなる組織力UPにも繋がっています。

*「Bigtincan Hub」公式HP参照

 

まとめ

ファイルの整理や検索・閲覧の効率化を図りたい方は、この機会に「Bigtincan Hub」の導入を検討してみると良いでしょう。

商談相手に資料を共有できるだけでなく、閲覧情報を確認できるので事前の商談準備もスムーズになり、営業の提案力向上に役立ちます。

無料トライアルも用意されているので、まずは試してみたい!という企業にもおすすめです。

Bigtincan Hubの資料を無料ダウンロード

 

画像出典元:「Bigtincan Hub」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

法人向けオンラインストレージ の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】オンラインストレージ選びのお役立ち資料
法人向けオンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ