MiiTel

記事更新日: 2020/06/22

執筆: 編集部

運営コメント

「MiiTel」は、電話での営業トークにおける話速・会話の被せ率・沈黙回数などを定量的に分析・可視化することで、電話営業の生産性を向上してくれるインサイドセールス にもってこいの人工知能搭載型クラウドIP電話です。全通話の録音と自動文字起こしが出来るほか、CRMとも自動連携し顧客対応を一元管理することが可能です。これによりオペレーターの自主改善を促し、アポ獲得率・成約率・顧客対応の向上に貢献します。

資料請求する
1. 電話内容をAIが解析し、トーク内容を採点

AIが電話での会話内容を解析し、解析結果を可視化します。

2. 全通話自動録音、文字起こし対応

MiiTelを介した会話内容は全て自動録音、文字起こしされます。

3. 顧客一元管理

MiiTelは大手CRM(セールスフォース 、ハブスポット、キントーンなど)と連携しているほか、独自のCRMに対しても、コードをエンベッドすることで容易に連携が可能です。

良い点

通話内容をAIが採点します。速度やラリー回数を解析し定量化することで、客観的な評価による改善が可能になります。

悪い点

サポートはオンラインミーティングのみとなるので注意が必要です。

費用対効果:

一見高く見えますが、電話解析機能がついてこの費用は安いと言えます。

UIと操作性:

操作は直感的です。モバイルアプリでの使用も可能です。

社外連携:

CRMとの連携が可能で、顧客ごとの一元管理が可能になります。

MiiTel の特徴3つ

1. 会話を可視化

「MiiTel」の最大の特徴は会話を可視化するというところです。従来からあるシステムは、通話ログや録音データが残るだけでしたが、「MiiTel」では、商談中の会話を定量的にデータ化して、それを分析・評価します。

「MiiTel」では、AIによりお客様との会話を分析します。その項目は、会話の速度、被せ率、ラリー回数やそれを比率にしたTalk:Listen比率などがあります。これらをグラフ化することで、会話自体を定量的に示します。また、各項目は数値して評価されるため、各自の弱点を発見し、改善に繋げることができます。


会話を可視化して評価

会話内容はもちろん録音可能です。アポイントが取れなかった場合に聞き直して改善点を挙げるという使い方はもちろんのこと、成果をあげているメンバーの通話記録を共有することで、全員の意識向上に繋げていくことも可能です。

また、成約率向上に特化した「MiiTel」ならではの機能として、キーワード検索があります。これは、キーワードを指定して会話中から抽出することで、アポイント獲得のキラーワードを見つけ出し成果に繋げます。

2. CRMと連携

次に紹介する「MiiTel」の特徴はCRMと連携していることです。汎用のビジネスツールとの連携による顧客の一元管理は顧客満足度アップが期待できます。

「MiiTel」は、Salesforce(セールスフォース)、kintone(キントーン)と連携可能です。これらの顧客管理システムと共有させることで、顧客ごとの一元管理が可能です。まず、ワンクリックで発信可能になります。また、着信の際には顧客情報が画面にポップアップで自動表示されます。

この顧客情報の中には、いつ、誰と何を話したのかはもちろんのこと、会話中のキーワード検索により洗い出したキラーワードやNGワードも設定できます。履歴を基にしたデータを把握しての会話は、顧客満足度アップは確実であるとともに、成約率増加にもつながることでしょう。

3. コスト削減

「MiiTel」の特徴3つ目は、コスト削減が可能なことです。IP電話を利用することでのコスト削減をはじめとして、様々なコストが削減可能になります。

「MiiTel」ではクラウド型のIP電話を利用しています。そのため、固定電話は必要ありません。固定電話に必要な契約料も不要なだけでなく、通話料も固定電話に比べて低く抑えられます。また、電話設置に必要な工事もいりません。パソコンとインターネット環境があれば即導入可能です。

電話に関わるコスト削減

また、録音データは全て暗号化され、AWSに保管されます。保管のための設備投資は必要ありません。クラウドを利用しているため、安全かつ低コストで行えます。

さらに、最も大きなコスト面のメリットは、教育工数の削減といえます。従来では、コールセンターメンバーの教育は、通話中に隣に座って会話をモニターしなければなりませんでした。しかし、「MiiTel」の通話録音機能を利用することで、他の作業の合間に改善点を指摘できます。また、話速やラリー回数などを数値化して評価できるため、セルフコーチングも可能になります。

各自が自分の弱点を把握し改善に務めるとともに、アポイント獲得率の高いメンバーの記録を共有することで、全体の質向上にも繋げることが可能になります。

MiiTelの資料請求をする

 

MAツール「HubSpot」との連携がスタート

画像出典元:「HubSpot」公式HP

CRMの連携ができる点でも魅力的なMiiTelですが、2020年の5月から新たにMiiTelとHubSpotの連携が開始されました。

HubSpotとは、マーケティング・セールス・カスタマーサービスの各ソフトウェアを繋ぐプラットフォームの役割をしてくれるMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

HubSpotにはMarcketing Hub・Sales Hub・Service Hubという3つのソフトウェアが存在しますが、その中の営業活動効率化のためのソフトウェアであるSales Hubとの連携が可能になり、成約率向上をさらに効率的かつ効果的にしてくれるでしょう。

MiiTelとHubSpotが連携することによって可能になったことは以下の2点です。

  • Sales Hubに登録されている顧客情報と電話番号がMiiTel Analyticsの連絡先にインポートできる
  • Sales Hubに登録されている顧客情報をMiiTel Phoneの着信画面に表示できる

*MiiTelの機能の詳細に関しては資料請求が必要です。

 

MiiTelの資料請求をする

 

MiiTelの料金プラン

 

初期費用は0円で、1IDあたり毎月 5,980円からです。10ID以下の場合は、この他に事務手数料がかかります。

MiiTelの資料請求をする

【編集部が独自取材!】インサイドセールスに大活躍のMiiTel

今回は、MiiTelを実際に使用しているというB社に取材をさせていただきました。

起業ログ

早速ですが、MiiTelのどのような点に魅力を感じているのでしょうか?

B社

正直なところ、営業ツールとしてのMiiTelはすごいなと思っています。
というのも、商談のスコアも含めて全てが数値化されているという点で案件の管理がしやすくなったからです。

起業ログ

具体的には何が数値化される点が便利だと思いますか?

B社

例えば、沈黙回数がわかったり、電話が繋がる時間帯がヒートマップとして出てきたりします。これには感動しましたね。

私は営業を管理する側なのですが、管理する側としてはコールする側に「自分のトーク比率を7:3で心がけるように」と伝えているんですけど、その比率がわかることで管理がしやすい点が、本当にいいなあと思いますね。

また、スコアリングに関しては、運用してまだ一週間くらいしか経っていないためスコアがぶれているので、調整中です。現在はどちらかというと、営業メンバー全員を一定のレベルにそろえるためという認識でツールを使用しています。現在は社内のインサイドセールス の担当者は全員使用しています。

起業ログ

なるほど。確かに、営業レベルの水準を全体的に引き上げることに役立ちそうですね!

商談中の電話での会話が全て数値化されると、成功した商談がどのような点で良かったのか、失敗した商談の悪かった点はどこだったのか、といったことが明らかになって、成約率の向上に繋がりますよね。

通話を採点するというのはかなり新しい視点で、営業効率化の新しいスタンダードになりそうです。ありがとうございました。

この取材を通して、MiiTelは営業チーム全体のレベルを一定水準以上に引き上げたい一方で教育コストに困っている企業にぴったりであるということがわかりました。また、商談成約率を向上させるためには商談のデータを定量的に測定する必要があるため、商談成約率が伸び悩んでいる企業にも導入をおすすめできます。
 
 

MiiTelの評判・口コミ

「MiiTel」導入でアポイント獲得率が3倍に
Mtame株式会社

教育時間を削減したいというのが導入のきっかけでした。いつでも録音を聞き直せるので、そばについている必要がなく、自分の業務に集中できるようになりました。また、「MiiTel」は通話時間やトーク比率などが数値化されるため、客観的事実をもとに改善点を指摘でき、成果に繋げることができます。ある社員は導入後にアポイント獲得率が3倍になりました。

会話の可視化でアポイントアップ
株式会社ファインズ

インサイドセールスの教育にリソースをかけられないことが悩みでした。また、会話を可視化してフィードバックしたいと考えていました。「MiiTel」を導入し、音声通話を聞いて、キーワード検出を行ったところ、問題点が明らかになりアポイント獲得率の大幅アップに繋がりました。

*「MiiTel」公式HP参照

まとめ

営業電話の成果に悩んでいる企業にはうってつけのシステムです。それは通話内容の解析結果を可視化し客観的に評価するというのが「MiiTel」の大きな特徴だからです。

「MiiTel」では通話内容を採点し数値化します。これにより、セルフトレーニングが可能になるとともに、成約率の高いメンバーとの客観的比較もでき弱点が明らかになります。また、通話後に録音データを確認し改善点のフィードバックが可能なので、隣について指導するといった、時間の削減にもなります。

教育コストを削減しつつ、アポイントの成約率を上げたい、人によるばらつきをなくしたいと考えている企業にはおすすめです。営業電話内容の詳細な把握は、顧客満足度もアップし、それが成約率にもつながっていくことでしょう。

MiiTelの資料請求をする

画像出典元:「MiiTel」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

IP電話の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【IP電話】のツール

起業ログが厳選するIP電話
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
MiiTel
pickupon
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ